ホーム野生生物ニュース>アジア

野生生物ニュース

アジア

110117tortoise-c-TRAFFIC-SAl.jpg

東南アジアにおける違法な野生生物取引と闘うための法執行能力向上のために

2011年01月26日

アセアン(ASEAN)諸国で起きている違法な野生生物取引に対抗できるように、絶滅のおそれのある爬虫類の識別のトレーニングや、国際的な野生生物保護政策などを習熟するために、東南アジア中から法執行担当者が集まった。

©TRAFFIC Southeast Asia

110114concealed(c)USFWS.jpg

米国:日本人2人がカメの密輸で逮捕

2011年01月14日

米国のロサンゼルス国際空港でカメを密輸しようとしたとして日本人2人が逮捕された。。。

©USFWS

101227orangutan.jpg

「動物の愛護及び管理に関する法律」についての要望書

2010年12月27日

トラフィックイーストアジアジャパンは、「動物の愛護及び管理に関する法律」についての要望書を提出した。

©TRAFFIC East Asia-Japan

101108saiyou.jpg

【トラフィックセミナーご案内】「水産資源の持続可能な利用とトレーサビリティの確保にむけて:国際動向と日本の取り組み」

2010年12月25日

2011年2月16日にトラフィックセミナー「水産資源の持続可能な利用とトレーサビリティの確保にむけて:国際動向と日本の取り組み」を開催。

101124tiger.jpg

トラ保護を目指す世界のリーダー達

2010年12月15日

トラの生息国のリーダーらが、世界の野生のトラの個体群を2022年までに2倍に増やすことを目的とするグローバルトラ回復プログラム(GTRP)を受諾した。

© Vivek R. Sinha/WWF-Canon

101119_tiger_head_Adam_Oswe.jpg

ミャンマーの国境地域の市場がトラにとって致命的な取引経路に

2010年11月19日

ミャンマー、タイ、中国との境に位置する闇市は、違法取引を促進している極めて重大な役割を持っており、こうした違法取引はトラや他の生物種にとって致命的なものである。。。

©Adam Oswell/TRAFFIC

101109tiger-skull-image.jpg

この10年の間に1,000頭以上のトラが皮や骨に

2010年11月10日

過去10年間にトラの生息国で少なくとも1,069頭分のトラの部分が押収されていたことが、トラフィックのおこなったトラの押収についての分析から明らかになった。。。

©TRAFFIC Southeast Asia

101022Tashka-Yawanawa.jpg

【CBD-COP10】最初の週は植物に注目

2010年10月29日

生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)の第1週、複雑かつ曖昧な交渉がおこなわれる中、野生植物の保護の問題に関する重要な議論が注目された。。。

© TRAFFIC

101019seminar1.JPG

【CBD-COP10】地球の薬箱を救え!イベント開催しました

2010年10月20日

生物多様性条約COP10に関連したイベント「地球の薬箱を救え。Saving Plants that Save Lives」を開催しました。

©TRAFFIC East Asia-Japan

トラの剥製・毛皮のネット取引で容疑者9人が書類送検

2010年10月15日

2010年9月8日に愛知県警は、コンゴウインコの羽根を不正に輸入したとして札幌市の男性を外為法違反容疑で逮捕した。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 >>

地域別にみる

アジア   アフリカ   アメリカ   ヨーロッパ   その他地域  

pagetop