ホーム野生生物ニュース>アジア

野生生物ニュース

アジア

090319Metal-Detector.jpg

インド:金属探知機がトラの罠を探し出す

2009年03月27日

トラフィックのインドプログラムは、国立トラ保護当局(NTCA)と協力して、トラやその他の動物を捕獲するために仕掛けられている罠の場所を特定するため新たな手法を使っている。。。

© Samir Sinha / TRAFFIC India

090312Merbau-flooring-on-sale.jpg

不備のあるメルバウの取引記録

2009年03月17日

ずさんな記録の保持と記録管理と違法伐採により、メルバウの過剰な採取に関する懸念が高まっていることがトラフィックの新しいレポートで明らかになった。。。

© Greenpeace China

090223SoutheastAsiaBoxTurtle.jpg

過剰な取引で壊滅的な打撃を受けるマレーハコガメ

2009年03月04日

合法的な取引の10から100倍ぐらいの規模の違法取引のために、かつてはよくみられたマレーハコガメCuora amboinensis がインドネシアの各地でほとんど姿を消しつつあることが、トラフィックの新しいレポートで明らかとなった。。。

© Chris R Shepherd / TRAFFIC

090216ivory-on-sale-viet-nam.jpg

ベトナムで違法な象牙の価格が上がり アジアゾウへの脅威となる

2009年02月27日

ベトナムでの象牙はブタの歯や骨の彫刻品と普通に混じって販売されている。おそらく政府の捜査員の目をだまそうとしているものであろう。© Danie...

© Daniel Stiles

081124_taxus.jpg

過剰利用に脅かされるインドの薬用植物

2009年02月09日

インドは野生から採集された薬用植物産業の拠点市場となっている。。。

© Samir Sinha / TRAFFIC India

090129_Salmon-Kamchatka.jpg

カムチャッカでは違法なサケが主な収入源に

2009年01月29日

カムチャッカ半島の村人は、ほぼ唯一の収入源としてサケの密漁に依存している、ということがWWFロシアとトラフィックが発表した新しいレポートによって明らかになった。。。

© Dmitry Shpilenok /WWF Russia

081211elephant-Myanmar-Lek-Chailert.jpg

ミャンマーが象牙取引とゾウの密輸のホットスポットとして浮上

2008年12月19日

トラフィックは、約250頭の生きたアジアゾウが過去10年間にミャンマーから密輸出され、その多くは隣国のタイにおける「エレファント・トレッキング」と呼ばれる観光アトラクション用であるという調査結果を発表した。。。

© Lek Chailert

081117merbau-logging.jpg

メルバウの取引は今

2008年12月19日

11月17日~18日におこなわれた、この価値の高い木材の持続可能な国際取引について議論するトラフィックサウスイーストアジア主催の国際ワークショップで、メルバウが注目を集めた。。。

© James Compton / TRAFFIC

081111_state-wildlife-trade-china.jpg

中国における野生生物消費の増加が新しい調査から明らかに

2008年11月17日

中国における漢方薬取引の急激な増加、野生生物消費量の増加、象牙の違法取引の減少、世界で第2位の木材輸入国としての中国、淡水カメの取引の活性化。。。

081106NogeyamaZoo.jpg

『カメのSOS展』開催~爬虫類の輸入大国日本へ警鐘~

2008年11月06日

横浜市立野毛山動物園において『カメのSOS展』を開催します。。。

© TRAFFIC East Asia-Japan

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >>

地域別にみる

アジア   アフリカ   アメリカ   ヨーロッパ   その他地域  

pagetop