ホーム野生生物ニュース薬用動植物ニュース>【CBD-COP10】地球の薬箱を救え!イベント開催しました

野生生物ニュース

【CBD-COP10】地球の薬箱を救え!イベント開催しました

2010年10月20日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
101019seminar1.JPG ©TRAFFIC East Asia-Japan
101019seminar2.JPG ©TRAFFIC East Asia-Japan
20101019seminar3.jpg
会場の様子と賢人たち

 生物多様性条約COP10に関連したイベント「地球の薬箱を救え。Saving Plants that Save Lives」を開催しました。このイベントは、世界中で利用されている、野生の薬用植物の利用と取引をテーマにしたもので、WWFとIUCNの共同事業であるトラフィックが開催したものです。シンポジウムには80名あまりの方がご参加下さり、またインターネットでも中継をおこないました。

「地球の薬箱を救え」

 さまざまな薬、食糧、また香料の原料として、私たちが利用し、恩恵を受けている薬用植物は、野生から採取された植物に大きく頼っています。

 しかし、それらの植物が近年過剰に採集されるようになり、そのため世界各地の原産地の生物多様性に、大きな問題を引き起こしていることは、あまり知られていません。

 世界の植物の多様性を守りながら、薬用植物の恩恵を、持続可能な形で私たちが受け続けるためには、どうすれば良いのか。

 WWFとIUCNの共同事業であるトラフィックでは、2010年10月19日、この問題について考えるシンポジウム「地球の薬箱を救え。Saving Plants that Save Lives」を開催しました。

 会場となった名古屋学院大学体育館は、生物多様性条約(CBD)の第10回締約国会議(COP10)が開催されている会場のすぐ近く。ホスト国である日本のWWFジャパン事務局が、COP10関連イベントの第一弾として実施したものです。

「賢人」たちの言葉

 このシンポジウムには、人の「賢人」にゲストとしてお出でいただきました。  いずれも、さまざまな野生植物を、地域に受け継がれてきた伝統的な利用方法で現在も利用している人々。人と植物、人と自然が共存する、その「知恵」をお持ちの方々です。

 事実、お招きした「賢人」は、中国、ケニア、ブラジルと、まったく違う地域からお越しいただいたにもかかわらず、そのお話の根底には、人と自然のかかわりを考える上で、確かに共通点と言えるものがありました。

 賢人たちが暮らしているのは、病院もなく、医者も看護師もいない地域。人々の健康を支えているのは、昔も今も自然の森から採れる、薬用植物だそうです。

 そして、父から子へ、村の長老から若者たちへと、どの植物にどんな薬効があり、どのような方法で採取すれば使い尽くすことなく末永く利用し続けられるのか、地域の人々はその知恵を受け継いできたといいます。

フェアな野生の利用方法

 しかし、そうした自然との共存を実現してきた地域にも今、外部からのさまざまな影響が迫ってきています。

 ち込まれる新しい技術、文化、生活の仕方、経済や流通の大きな流れが持ち込んできたのは、ただ便利な暮らしだけではありませんでした。それまで地域だけで使っていた薬草が、海外にまで持ち出されて売られるようになり、過剰に採集されるようになったのです。

 シンポジウムでは、この問題を解決し、植物の過剰な利用を防いで、世界中の人々が等しくその恩恵を受けるための手段のひとつとして、「フェアワイルド基準」を詳しく紹介しました。

 この基準は、持続可能な水準で採集された薬用植物を、第三者機関が認証する際に使うもので、地域の生物多様性や、地域社会の暮らしを守ることにつながる、ひとつの社会的な仕組みとして、トラフィックやWWFが推奨しているものです。

 自然や植物に接する賢人たちの知恵や心に深く学びながら、グローバル化の波に対抗できる新しい制度を打ち出し、生物多様性の保全に結び付けてゆくこと。 それは、薬用植物のみならず、人が生きる上で利用しているさまざまな野生生物のすべてに通じた、取り組みのありかたといえます。

 シンポジウムは、定員80人の会場がほぼ満席となり、多くのお客様がお越しいただきました。また、せっかくの機会ということで、セミナー後にも、たくさんの出席者の方々が3人の賢人たちの周りに集まり、さまざまな質問をされていました。

ネット中継を実施しました!

 このシンポジウムの内容はネットで中継いたしました。

ネット中継の履歴はこちら(主に英語)

講演者の発表資料(PDF)はこちらでご覧いただけます。

■アンドリュー・ナイネネ・レレコイティエン氏
(イヤク族のリーダー:ケニヤ、ムコゴドの森から)
英語

■張毅(ヅァン・イー)氏
(中国伝統医療の医師 四川省中医薬科学院副理事:中国四川省から)
英語中国語

■刘雪雁(リウ・シュイエン)(トラフィック)
英語

■アナスタシア・ティモシャイナ(トラフィック)
英語日本語
2010年10月20日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

20170715c.jpg

香港で史上最大級7.2tの密輸象牙を押収

2017年07月18日

2017年7月4日、香港税関は葵涌(クワイチョン)でコンテナに隠された7.2tの密輸象牙を押収した。年に2万頭を超えるアフリカゾウが密猟されている中で起きた今回の摘発は、過去30年で最大級の規模と見られており、象牙の違法取引をめぐる国際的な組織犯罪の深刻さを物語っている。こうした一連の野生生物の違法取引に問題に対し、各国政府は今、強く連携した取り組みを進めようとしている。合法的な象牙の国内市場を持つ日本にも、この流れに参加する積極的な姿勢と取り組みが強く求められている。

©Keiko Tsunoda

170710_elephant.jpg

楽天がオンライン店舗での象牙製品販売を停止

2017年07月10日

楽天株式会社が楽天市場での象牙製品の販売行為を今後認めないことが明らかになった。現在、日本国内で合法的に販売されている象牙製品は、近年のアフリカゾウの密猟とは因果関係がないとされている。しかし、トラフィックの新たな調査でも、急成長を続けるeコマースを通じた象牙取引については、法律の整備が追いつかず、対応しきれない状況が続いていることが明らかになっており、トラフィックとWWFジャパンも厳しい措置を求めていた。日本のe-コマース企業の判断としては、大規模な今回の楽天の決定が、他企業にもより厳しい対応を迫るものとなることが期待される。

©Steve Morello / WWF

170622_elephant.jpg

日本国内での象牙取引で違法事例
古物商ら27人が書類送検 

2017年06月22日

2017年6月20日に象牙18本を違法取引した容疑で、都内の古物商と従業員、その顧客ら27人が書類送検されるという大規模な事件が報道された。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内の違法取引が意味するところとは何か。国内市場管理の問題点と、トラフィックとWWFジャパンが提言する国内違法象牙ゼロに向けた課題を紐解く。

@Martin Harvey / WWF

関連出版物

15_Hard_to_bear_Malaysia.jpg

Hard to Bear: An Assessment of Trade in Bear Bile and Gall Bladder in Malaysia

発行:TRAFFIC Southeast Asia【2015年6月】 著者:Lee, S.L., Burgess, E.A., Chng, S.C.L.【英語】50pp

14_Traditional_and_Wild-1.jpg

Traditional and Wild: Revitalizing traditions of sustainable wild plant harvesting in Central Europe

発行:TRAFFIC and WWF Hungary【2014年4月発行】 著者:Kristina Rodina, Anastasiya Timoshyna, Andreja Smolej,Darijan Krpan, Elena Zupanc,Éva Németh,Gabriela Ruzickova,Gergő Gáspár, József Szántai,Malgorzta Draganik, Péter Radácsi,Stanislav Novák, Szilárd Szegedi【英語】40pp

pagetop