ホーム野生生物ニュース>動物ニュース

野生生物ニュース

動物ニュース

070222shark.jpg

脅威にさらされるサメ

2007年03月15日

過剰漁獲により海洋性のサメの個体数が減っており、数種が国際自然保護連合(IUCN)の絶滅のおそれがある種のリスト(レッドリスト)に追加される。。。

© IUCN

070208sturgeon.jpg

キャビアの割当量に疑惑

2007年03月12日

ワシントン条約はオオチョウザメ(ベルーガ)とアムール川流域原産のチョウザメ2種から採れるキャビアの1年間輸出禁止措置を解除した。

© WWF-Canon / Thomas NEUMAN

070228elephant.jpg

ワシントン条約締約国会議:予備評価の内容を歓迎

2007年03月10日

2月28日、ワシントン条約事務局による野生生物取引の規則の改正に関する新しい提案への予備評価に対し、トラフィックとWWFは歓迎の意を表した。。。

© WWF-CANON/Martin Harvey

070205abalone.jpg

アワビが国際取引規制の対象に

2007年03月06日

南アフリカは、固有種であるアワビの1種ミダノアワビHaliotis midae の違法採取や違法取引を食い止めるため、この種をワシントン条約の附属書IIIに掲載するという思い切った措置をとった。。。

©TRAFFIC-Marcus Burgener

070216sharkfin.jpg

旧正月に食べないほうがいい5つの食べ物

2007年02月16日

フカヒレやナマコ、アワビといった特定の食べ物を避けることまたはその出所に注意することで、地球の自然資源へ悪影響を与えないようにできる。。。

©WWF-Canon / Meg GAWLER

070119ivorygoods.jpg

象牙の製品(アクセサリー、はんこなど)を買うときの注意 -消費者ひとりひとりが監視役-

2007年01月19日

「象牙は輸入禁止のはずだけど、国内で象牙製品を販売している。これって問題ないの?」「象牙の製品、買ってもいいの?」。。。

061004bear_sympo.jpg

開催報告: 第4回クマの部分の取引に関する国際シンポジウム

2006年10月30日

2006 年10月4日に軽井沢でおこなわれた第4回クマの部分の取引に関する国際シンポジウムには、アジア地域におけるクマの部分の取引に関心のある研究者やNGO、行政担当者、学生、マスコミ関係者が集まった。

© TRAFFIC East Asia-Japan

060707ivoryseizure.jpg

5 tを越える象牙が台湾で押収

2006年07月28日

台湾当局が、高雄港において3日間で5tを越える象牙を押収した。これは、台湾の野生生物犯罪に対する法執行の歴史上最大級の押収である。。。

©Joyce Wu/TRAFFIC East Asia - Taipe

060718ladyshahtoosh.jpg

野生生物の密輸容疑でバンコクの高級品店が家宅捜索 -ASEAN-WENからの情報にもとづいた潜入おとり捜査-

2006年07月18日

絶滅のおそれがきわめて高いチベットアンテロープ(チルー)の製品を密輸した容疑でバンコクのダウンタウンの3ヵ所に対し7月17日に一斉捜索がおこなわれた。。。

© TRAFFIC East Asia

060515Caviar_tins.gif

キャビアの違法取引を厳重に取り締まるため、国際的な対策について合意された

2006年07月13日

はびこるキャビアの違法取引を厳重に取り締まるため、法執行活動や管理の効果を上げるための主な方策が、ブリュッセルで開かれた国際ワークショップで合意された。。。

© Sergey Kuznetsov

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 >>

地域別にみる

アジア   アフリカ   アメリカ   ヨーロッパ   その他地域  

pagetop