ホーム野生生物ニュース>ワシントン条約・法律ニュース

野生生物ニュース

ワシントン条約・法律ニュース

zouge.jpg

象牙の日本への輸入を受けて 特集サイト『象牙輸入について』を立ち上げる

2009年04月18日

トラフィックイーストアジアジャパンは、象牙の合法的な取引や、今回の象牙販売に至る経緯、アフリカゾウをめぐる現状などについて解説した特別ページ『日本への象牙輸入について』を立ち上げた。。。

090312Merbau-flooring-on-sale.jpg

不備のあるメルバウの取引記録

2009年03月17日

ずさんな記録の保持と記録管理と違法伐採により、メルバウの過剰な採取に関する懸念が高まっていることがトラフィックの新しいレポートで明らかになった。。。

© Greenpeace China

090313Europeaneel.jpg

ヨーロッパウナギが国際取引の規制対象に

2009年03月13日

2009年3月13日より、ヨーロッパウナギAnguilla anguilla がワシントン条約の附属書Ⅱに掲載され、その国際取引は規制されることになる。。。

写真提供:岡村 明浩 (株)いらご研究所

080731captive-tiger.jpg

米国の法規制の不備により違法取引の脅威にさらされるトラ

2008年08月22日

飼育下におかれているトラに対する米国の法規制には大きな欠陥があり、トラを違法取引の標的にしてしまう可能性がある。。。

© Sybille Klenzendorf

080715_ivory_pile3.jpg

中国へアフリカからの象牙の輸入が承認された

2008年07月15日

中国は、厳格な条件の下でおこなわれるアフリカゾウの象牙の一回限りの販売において購入者として認められた。。。

© TRAFFIC

080220DVDjacket.jpg

DVD『私たちのくらしと野生生物ーワシントン条約ってなに?ー』を無料配布

2008年02月20日

2月20日は「旅券の日」です。海外旅行に出かける前にDVDで学習を。DVD『私たちのくらしと野生生物ーワシントン条約ってなに?ー』を無料配布。。。

080131slowloris.jpg

スローロリスの国内取引で逮捕 ―購入者にも問われる法律遵守―

2008年01月18日

2008年1月16日、ピグミースローロリス Nycticebus pygmaeus をタイから違法に持ち込み、日本国内で違法に販売したとして2人が、「種の保存法」等に違反した疑いで逮捕された。。。

©Nguyen Thi Bich Hien/TRAFFIC Southeast Asia

071025elephant53941.jpg

カナダで最大規模の象牙の密輸に対し、罰金とトラフィックへの支払いが命じられる

2007年10月26日

象牙3万個以上を違法に輸入したユク・ミン(ピーター)・ホーは罪を認め9,000カナダドルの罰金をブリティッシュコロンビアに支払った。

©WWF-Canon / Martin HARVEY

070726slowloris.jpg

第14回ワシントン条約締約国会議で採択された附属書改正について

2007年09月05日

2007年6月3~15日にオランダのハーグで開かれた第14回締約国会議(COP14)で採択された附属書の改正について、ワシントン条約事務局より7月26日に通達された。

© WWF-Canon / Mikaail KAVANAGH

070615shark.jpg

CITES COP14:商業的に取引されている種は敗者となった

2007年06月21日

第14回ワシントン条約締約国会議は6月15日に閉会し、トラフィックとWWFはいくつかの保護に関する適切な決定を賞賛する一方、その他については機会を失ったことを悔いている。。。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>

地域別にみる

アジア   アフリカ   アメリカ   ヨーロッパ   その他地域  

pagetop