ホーム野生生物ニュース>水産物ニュース

野生生物ニュース

水産物ニュース

070216sharkfin.jpg

旧正月に食べないほうがいい5つの食べ物

2007年02月16日

フカヒレやナマコ、アワビといった特定の食べ物を避けることまたはその出所に注意することで、地球の自然資源へ悪影響を与えないようにできる。。。

©WWF-Canon / Meg GAWLER

060515Caviar_tins.gif

キャビアの違法取引を厳重に取り締まるため、国際的な対策について合意された

2006年07月13日

はびこるキャビアの違法取引を厳重に取り締まるため、法執行活動や管理の効果を上げるための主な方策が、ブリュッセルで開かれた国際ワークショップで合意された。。。

© Sergey Kuznetsov

060515Caviar_tins.gif

EUがキャビアの密輸に対抗するための新しいラベリング規則を採用

2006年05月24日

EU(欧州連合)は、2006年5月15日にキャビアの取引と販売に関する新しい規則を採択したと発表した。。。

© Sergey Kuznetsov

060210caviar.gif

今後もキャビアを食べられるよう、輸入国として国際的責任を果たすべき
キャビアの輸入規制強化を経済産業省へ要望

2006年02月10日

トラフィックイーストアジアジャパンは、国内におけるキャビアの輸入規制の体制を整えることや、国際的に推奨されているラベル付け・確認をおこなうことを要請する旨の要望書を提出し、輸入国としての責任を果たすよう経済産業省に訴えた。。。

© WWF-Canon / Emma DUNCAN

060210caviar.gif

「キャビアの輸入規制を強化して、 ワシントン条約の決議実行を求める要望書」を経済産業省に提出

2006年02月10日

「キャビアの輸入規制を強化して、ワシントン条約の決議実行を求める要望書」を経済産業省に提出。。。

© WWF-Canon / Emma DUNCAN

060104credit_Vitaly_Loyanich.jpg

ワシントン条約事務局がキャビアの取引に関する義務を果たすよう、輸入国と輸出国によびかけた

2006年01月10日

ワシントン条約の事務局は昨日、輸出国がその輸出や漁獲割当が持続可能であると示すまで2006年の輸出割当を出さないと発表した。。。

© Vitaly Loyanich

051215caviar_Customs.jpg

ヨーロッパは違法キャビアであふれている

2006年01月10日

ヨーロッパのいたるところで盛んにおこなわれているキャビアの違法取引は、アジアとヨーロッパの多くのチョウザメ種を絶滅へと追い込んでいる。

©Customs Investigation Office Essen, Germany

050826giantclam106672.gif

真珠養殖に利用されるオオシャコガイ

2005年08月26日

条約ではオオシャコガイの大きさや形状に関わらずその部分と派生物も規制している。真珠の養殖用の核であっても、条約で必要とされている手続きをとらなければならない。

©WWF-Canon / Jurgen FREUND

<< 1 2 3 4 5 6 7 8

地域別にみる

アジア   アフリカ   アメリカ   ヨーロッパ   その他地域  

pagetop