ホーム野生生物ニュース>アフリカ

野生生物ニュース

アフリカ

100604abalone-Markus-Burgener-TRAFFIC.jpg

附属書III掲載が撤回されミダノアワビの先行きは暗い

2010年06月22日

トラフィックは、南アフリカ政府が自国の固有種であるミダノアワビHaliotis midae をワシントン条約の附属書 III から削除するという決断をしたことに対して失望感を表明した。。。

© Markus Bürgener / TRAFFIC

100322_ivorystock.jpg

タンザニア、ザンビアの象牙販売の要求は退けられた

2010年03月26日

象牙の在庫の一回限りの販売(one-off sale)を実施したいというザンビアとタンザニアの要求は通らなかった。。。

©WWF-Canon / Folke Wulf

091109ivory-seizure-joyce-wu.jpg

違法な象牙取引が増加

2009年12月10日

ゾウ取引情報システム(ETIS)にある違法ゾウ製品押収記録の最新の分析から、2004年から増え続けている象牙の違法取引が2009年に急激な上昇を見せたことがわかった。。。

© Joyce Wu/TRAFFIC

zouge.jpg

象牙の日本への輸入を受けて 特集サイト『象牙輸入について』を立ち上げる

2009年04月18日

トラフィックイーストアジアジャパンは、象牙の合法的な取引や、今回の象牙販売に至る経緯、アフリカゾウをめぐる現状などについて解説した特別ページ『日本への象牙輸入について』を立ち上げた。。。

080715_ivory_pile3.jpg

南部アフリカからの象牙のワンオフ「one-off(一回限り)」販売

2008年10月29日

アフリカ4ヵ国で、2週にわたって「一回限り」の象牙の競売がおこなわれている。。。

©TRAFFIC

080715_ivory_pile3.jpg

中国へアフリカからの象牙の輸入が承認された

2008年07月15日

中国は、厳格な条件の下でおこなわれるアフリカゾウの象牙の一回限りの販売において購入者として認められた。。。

© TRAFFIC

080524people.jpg

よく管理された野生生物取引は貧しい人々にとって利益ともなり得る

2008年05月24日

よく管理された野生生物取引は、世界の貧困に対して重要な開発利益をもたらす可能性を秘めていることが、トラフィックとWWFの新しいレポートからわかった。。。

© Tantyo Bangun / WWF-Canon

080410Pro_Maathai.jpg

タンザニアでママ・ミシトゥ(森を守る女性たち)・キャンペーン開始

2008年04月18日

17のNGOが2008年4月10日、タンザニアの森林領域の管理不行き届きと汚職に対抗することを目的としたママ・ミシトゥ・キャンペーンを立ち上げるための画期的な協定に署名をおこなった。。。

© Mwanzo Millinga

080122-Hunters-with-dogs.jpg

難民キャンプでの食肉不足が大規模な密猟を招いている

2008年01月22日

東アフリカにおける難民キャンプにおける食肉不足が大規模な肉の違法取引を招いており、野生生物にとって脅威となるとともに、同地での食糧安全保障(food security)の問題を引き起こしている。。。

© Simon Milledge / TRAFFIC

071025abalone.gif

南アフリカのアワビ漁業の禁止からは何も生まれない

2007年11月21日

天然アワビの商業的漁獲を2007年11月1日から禁漁とするという南アフリカ政府の決定は、アワビの密漁を減らすことにつながらないと、トラフィックは指摘する。。。

©Rob Tarr

<< 1 2 3 4 >>

地域別にみる

アジア   アフリカ   アメリカ   ヨーロッパ   その他地域  

pagetop