ホーム野生生物ニュース>アメリカ

野生生物ニュース

アメリカ

090325turtle_dom-adrian-reuter.jpg

ドミニカ共和国ではタイマイはもはや、みやげ物にならない

2009年08月13日

タイマイ製品を違法に取り扱っているお店に対する政府の強力な取り締まりキャンペーンがおこなわれた後、ドミニカ共和国において観光客用のそうしたおみやげ品の販売はなくなった。。。

© Adrian Reuter / TRAFFIC North America

090227environment-canada-mou.jpg

インターネットによる野生生物取引に注目が集まる

2009年07月17日

インターネットを使った野生生物取引に関する会議が、2009年2月24日にカナダのバンクーバーで、2日間にわたって開催された。。。

© Environment Canada

080731captive-tiger.jpg

米国の法規制の不備により違法取引の脅威にさらされるトラ

2008年08月22日

飼育下におかれているトラに対する米国の法規制には大きな欠陥があり、トラを違法取引の標的にしてしまう可能性がある。。。

© Sybille Klenzendorf

080524people.jpg

よく管理された野生生物取引は貧しい人々にとって利益ともなり得る

2008年05月24日

よく管理された野生生物取引は、世界の貧困に対して重要な開発利益をもたらす可能性を秘めていることが、トラフィックとWWFの新しいレポートからわかった。。。

© Tantyo Bangun / WWF-Canon

07_Great_Salmon_Run.gif

天然サケ対養殖サケ:本当のねらいはどこに?

2007年03月20日

本レポートは、天然サケと養殖サケの市場での競合について初めて包括的に調査したもので、養殖と天然のサケを取り巻く賛否両論のある複雑な問題について新たな観点から検討している。。。

060614Alligatorturtle.gif

ワニガメとチズガメ属がワシントン条約の規制対象に

2006年06月14日

2006年6月14日から、米国原産のワニガメ とチズガメ属全種が、ワシントン条約で附属書IIIに掲載され、国際取引が規制されることになった。

060405brownbear.gif

ヒグマのトロフィーハンティングや取引、管理に注目

2006年05月08日

ヒグマはヨーロッパの狩猟者にとってもっとも人気があり価値のあるハンティングトロフィーであり、EU諸国はヒグマのトロフィーの主要な輸入国のひとつである。

© WWF-Canon/Michel GUNTHER

<< 1 2

地域別にみる

アジア   アフリカ   アメリカ   ヨーロッパ   その他地域  

pagetop