ホーム野生生物ニュース薬用動植物ニュース>【セミナー開催のご案内】野生植物原料の持続可能な利用について考える<生物多様性の保全と企業の役割>

野生生物ニュース

【セミナー開催のご案内】野生植物原料の持続可能な利用について考える<生物多様性の保全と企業の役割>

2014年03月14日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 


©トラフィックイーストアジアジャパン

 自然と社会に配慮した持続可能な調達をおこなっているか -この問いは、自然原料を扱う企業への様々なリスク、そして成長の機会として、今後一層、重要度を増してゆきます-
これまで、木材や紙、水産物、パームオイルなどさまざまな自然原料調達に関わる議論が既になされていますが、いま、「野生植物」についても、その原料調達リスクが語られ始めています。

 日本では、さまざまな植物が、食品や化粧品、医薬品、アロマなどの原料として大量に利用されていますが、この中に野生から採集されている植物が多種あることをご存知でしょうか?現在、世界の植物の5種に1種が絶滅の危機にあると言われています。資源の枯渇の最たる原因の一つである過剰な取引は、こうした貴重な植物原料の利用を持続不可能なものにするのみならず、現地の生産者の暮らしにも直接的な影響を与えます。このように急速に失われつつある野生植物資源の将来を危惧し、生物多様性条約(CBD)においても、「世界植物保全戦略(Global Strategy for Plant Conservation: GSPC)」が定められており、植物資源の減少を食い止め、地域住民の持続可能な生計を支えることは2020年までの重要なゴールのひとつに謳われています。

 トラフィックがこれまでにおこなった調査によると、日本企業の多くが、自社の植物原料のサプライチェーンを生産地までさかのぼることができない状態にあることがわかっています。更に、資源の減少による調達リスクを経験したことがある、また、持続可能な調達の必要性を感じている、といった企業も多数にのぼっています。

 そこでトラフィックでは、この度、経団連自然保護基金のご支援のもと、植物原料を利用する企業の方々を対象に、「野生植物原料の持続可能な利用を考える」をテーマとした情報提供・意見交換の場として、セミナーを開催いたします。セミナーでは、植物資源の保全と持続可能な利用に関する動向、サプライチェーンに内在する社会・環境面の要素、さらに、ツールとしての野生植物に特化した初の国際基準や認証制度について、国内外の最新情報や取り組み事例を紹介いたします。企業の皆さまには、是非とも情報収集や意見交換の場として、この機会にご参加いただけましたら幸いです。

 

野生植物原料の持続可能な利用について考える
<生物多様性の保全と企業の役割>
日時 2014年3月26日(水) 14:0013:30受付開始) ~ 17:00
場所
WWFジャパン会議室(東京・赤羽橋) 【地図

東京都港区芝3-1-14 日本生命赤羽橋ビル7階

 
主催 トラフィック イーストアジア ジャパン
対象 植物原料を利用する企業、野生植物の持続可能な利用や、認証制度等にご興味をお持ちの企業
内容(暫定)


●生物多様性と企業の役割-野生植物資源の保全に関する動向、企業のリスクと機会

●サプライチェーンを遡る-持続可能な利用と社会的配慮、現場の取組(ベトナム、中国)

●ツールとしての国際基準・認証制度-「フェアワイルド」の詳細と最新事例

※「フェアワイルド」は野生植物の持続可能な採集や利用のための、植物にも採集現地の人々の暮らしにもフェアな国際基準です。2008年にフェアワイルド・ファウンデーションが設立され、現在世界各国で徐々に取り組みが始まっています。

参加申し込み ご参加をご希望の方は、EメールまたはFAXで、 氏名・所属・連絡先(メールアドレス、電話番号)を下記までお知らせください。
※定員に達した場合は申し込みを締め切らせていただきます。
申し込み・問い合わせ先 トラフィックイーストアジアジャパン(WWFジャパン)
TEL:  03-3769-1716 FAX: 03-3769-1717 Email : traffic@trafficj.org

※ご記入いただいた個人情報は、セミナーの運営管理及びこの取り組みに関する ご意見をお伺いする等の問い合わせのためにのみ使用いたします。ご記入は任意 ですが、必要な情報の記入がない場合はセミナーに関するご連絡やお問い合わせ が出来ないことがございます。個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加ま たは削除、利用停止、消去及び第三者提供停止などのお問い合わせは個人情報保 護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)にて承ります。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン 個人情報保護管理者(事務局長) ★上記についてご同意いただいた上で個人情報をご記入ください。

* 当日内容が変更となる場合がありますことをご了承ください。
本セミナーは、経団連自然保護基金による資金のご支援により開催されます。

■関連情報:
フェアワイルドとは?
フェアワイルドのパンフレット
野生植物の利用と人々の暮らしの持続可能性

2014年03月14日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20160315Global transport leaders sign historic declaration.jpg

大手輸送関連企業の代表たちが歴史的な宣言に調印、野生生物の違法取引ルート断絶に立ち上がる

2017年05月31日

2017年5月、海外で日本人が野生生物の密輸容疑で逮捕される事件が2件起こった。いずれも日本へ向けた飛行機に乗り込む前に空港で発覚し、スーツケースの詰め込まれた動物たちは救出された。密猟の現場から需要のある市場への輸送は、野生生物犯罪に不可欠なプロセスである。この違法取引ルートを絶つべく輸送セクターの企業が動きだした。

© Purple Lorikeet / Creative Commons Licence CC BY-SA 2.0

170112.jpg

野生植物の採集者、協同モデルの成功事例からヒントを得る(ベトナム

2017年01月20日

トラフィックは、生物多様性の保護と地域社会の活性化に向け、野生の薬用・アロマティック植物採集者の理解を高めようと活動している。この活動を成功させるため、ベトナムのバッカン省で採集者グループや協同組合を設立する地元の採集者を支援している。現在、トレーニングプログラムや他の成功モデル研究を通して、これら採集者組織の知識向上に努めている。

© TRAFFIC

161004CoP17.jpg

【CITES-CoP17】閉幕:野生の動植物保全における多くの進捗、懸念される違法取引の増大
-更なる取り組みの必要性

2016年10月05日

第17回ワシントン条約締約国会議が、10月4日に終了した。野生動植物の取引規制に関する各国間の2週間に亘る協議では、国際社会が協調して、違法取引の根絶と持続可能な利用を確かなものにするための大きな前進があった。多岐に亘る野生生物に関する課題に重要な前進が見られ、数々の新しい決議が採択された。

©TRAFFIC

160809False-Tomato-Frog.jpg

【CITES-CoP17】ワシントン条約締約国会議の附属書改正提案に対するトラフィックの見解が完成

2016年09月21日

トラフィックは、第17回ワシントン条約締約国会議に提出されている附属書改正提案について、その掲載基準に該当するかの分析をおこない、それらを考慮の上、提案へのトラフィック独自の賛否を「トラフィックの見解」として発表した。
現在も日本が取引をしているビクーニャ(高級衣料品)、ナイルワニ(皮革)、シナワニトカゲ(ペット)、ユソウボク(オイル)、漁獲があるオナガザメ等が含まれる。 会議に出席する日本政府代表団に対しても、これら見解を紹介し働きかけをおこなっていく。

© R.Isotti, A.Cambone / Homo Ambiens / WWF

関連出版物

15_Hard_to_bear_Malaysia.jpg

Hard to Bear: An Assessment of Trade in Bear Bile and Gall Bladder in Malaysia

発行:TRAFFIC Southeast Asia【2015年6月】 著者:Lee, S.L., Burgess, E.A., Chng, S.C.L.【英語】50pp

14_Traditional_and_Wild-1.jpg

Traditional and Wild: Revitalizing traditions of sustainable wild plant harvesting in Central Europe

発行:TRAFFIC and WWF Hungary【2014年4月発行】 著者:Kristina Rodina, Anastasiya Timoshyna, Andreja Smolej,Darijan Krpan, Elena Zupanc,Éva Németh,Gabriela Ruzickova,Gergő Gáspár, József Szántai,Malgorzta Draganik, Péter Radácsi,Stanislav Novák, Szilárd Szegedi【英語】40pp

pagetop