ホーム野生生物ニュースワシントン条約・法律ニュース>【CITES-CoP17】ワシントン条約締約国会議の附属書改正提案に対するトラフィックの見解が完成

野生生物ニュース

【CITES-CoP17】ワシントン条約締約国会議の附属書改正提案に対するトラフィックの見解が完成

2016年09月21日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
サビトマトガエルは、附属書Ⅱへの掲載が提案されている。
© R.Isotti, A.Cambone / Homo Ambiens / WWF

トラフィックによる第17回ワシントン条約締約国会議の附属書改正提案に対する見解の日本語翻訳版が完成した。
「トラフィックの見解(Recommendations)」(日本語翻訳版)

【英国、ケンブリッジ発 2016年8月9日】

 トラフィックは、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約:CITES(ワシントン条約)」の附属書の掲載種を改正する提案に対する見解を発表した。

 国際取引のための過剰な捕獲から種を保護するため、種はワシントン条約の3つの附属書(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)のうちのひとつに掲載される。附属書Ⅰへの掲載は商業的な国際取引の禁止を意味するが、附属書Ⅱへの掲載では、厳格な管理措置の下での商業的な国際取引は認められる。また、附属書Ⅲは、取引量の監視のために協力を求める国によって使われるものである。

 これらの掲載の変更は、ワシントン条約の各締約国会議において、締約国によって提案という形で提出される。次の第17回締約国会議は、来月南アフリカ共和国で始まる。そこでは、附属書改正に向けた60以上の提案が、第17回締約国会議に出席するとみられる180以上の国の政府の代表によって議論され、決定がなされる。

 その種がどの附属書に位置づけられるべきかを決定するためには、ワシントン条約で採択された一連の生物学的基準および、取引基準が使われる。1980年代後半以降、IUCNとトラフィックは、共同で、提案がこれらの基準を満たしているか否かを判断するために、すべての提案の綿密な分析を行っている。

 これらのIUCNとトラフィックによる第17回締約国会議の附属書改正提案の分析が先月完成し、これらを基にした各提案に対するトラフィックの見解が完成した。この見解は、ワシントン条約の下での種の規制措置に関して提案されている変更が、結局、その種の保全にとって最善の利益となるのか、予想されるリスクに対してふさわしい対応となるのか、という根本的な質問に対する回答を試みたものである。

 第17回締約国会議の提案に対するトラフィックの見解の全リストは、結論に至るまでにトラフィックが採ったアプローチの紹介とともに、ウェブサイトでの閲覧またはPDFでのダウンロードが可能となっている。


第17回ワシントン条約締約国会議の附属書改正提案に対するトラフィックの見解(英語版):
「トラフィックの見解(Recommendations)」
「トラフィックの見解(Recommendations)」(日本語翻訳版)
日本語による会議情報 → http://www.trafficj.org/cites-cop17.html

2016年09月21日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

161002CoP17.jpg

【CITES-CoP17】ワシントン条約締約国会議:一週目のハイライト

2016年10月03日

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約:CITES)」の第17回締約国会議の一週目が終わり、数多くの重要な課題について顕著な進捗がみられた。多くの決定について合意がなされたものの、締約国会議の最後に開かれる全体会合(プレナリー)での正式な採択を待つ必要がある。

©TRAFFIC

160929BKK-ivory.jpg

タイの国内象牙行動計画の施行により、バンコクの象牙市場が大幅に衰退

2016年09月30日

トラフィックが実施した調査により、過去2年の間に、タイのバンコクで公然と売られている象牙の量が大幅に減少したことが明らかになった。2014年には7,421点にのぼった象牙商品の数は、今年6月には283点と96%減少した。

160929Tiger-skull.jpg

トラの違法取引、改善していないことが明らかに 新たな報告書発表

2016年09月29日

トラフィックとWWFの新たな報告書により、アジアにおいて、トラの取引の減少を示す証拠がなく、2000年から2015年までの間に少なくとも1,755頭に相当するトラの体の一部(平均で一週間に2頭以上)が押収されたことが明らかになった。

© Kanitha Krishnasamy / TRAFFIC

160926TRAFFIC-SideEvent.jpg

野生生物のサイバー犯罪 ワシントン条約での焦点に

2016年09月27日

「野生生物のサイバー犯罪を知る」と銘打ったサイドイベントにおいて、巨大なオンラインテクノロジー企業であるTencentとeBay、トラフィック、IFAW(国際動物福祉基金)、ケニア検察庁、中国のワシントン条約管理当局が集結し、野生生物のサイバー犯罪に対する戦略を紹介した。

©TRAFFIC

関連出版物

16_In_Transition_Bangkok's_Ivory_Market.jpg

In Transition:Bangkok's Ivory Market: An 18-month Survey of Bangkok's Ivory Market

発行:TRAFFIC, Malaysia【2016年9月】 著者:kanitha Krishnasamy, Tom Milliken, Chution Savini【英語】35pp

16_Workshop_Proceedings_NIAP.jpg

Workshop Proceedings:Sub-regioonal Action Planning to Strengthen Regional Collaboration: Support of the Implementation of National Ivory Action Plans (NIAPs) in Central Africa

発行:TRAFFIC, Central Africa【2016年5月】 著者:Sone NIKOKE Christopher, Paulinus NGEH Chiambeng, Nick AHLERS【英語】32pp

pagetop