ホーム野生生物ニュース薬用動植物ニュース>ヨーロッパの植物取引に関する伝統知識を守る新プロジェクト

野生生物ニュース

ヨーロッパの植物取引に関する伝統知識を守る新プロジェクト

2011年06月03日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
110531medicinalplants.jpg

【2011年5月23日 ハンガリー、ブダペスト発】
 野生植物の利用・採集およびその伝統的な意義や、東ヨーロッパの文化遺産の中での野生植物の重要性に関する情報を集めるためのプロジェクトが立ち上げられた。トラフィックはその一員としてプロジェクトに携わる。

 このプロジェクトは「中央ヨーロッパの社会・経済格差を縮小するための野生植物の伝統的な採集・利用の推進(Promoting traditional collection and use of wild plants to reduce social and economic disparities in Central Europe)」と名付けられたこのプロジェクトは、チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロベニアで3年にわたって実施される。

 このプロジェクトは、欧州地域開発基金(European Regional Development Fund)の支援を受けおこなわれる。2012年までに、社会的・文化的に受け入れ可能で、経済的にも実行可能であり、環境に配慮した、野生植物の採集・加工と利用に関するパイロットモデルを導入することを目指している。

 薬としての植物の利用は、古代から普遍的なものであった。しかし植物を採集するにあたっては、それらを正確に識別するためのノウハウや、そうした植物がみつかる場所に関する特有の知識を必要とする。そうした情報は、世代から世代へ受け継がれているが、今日の都市化された社会においては、この伝統的な知識の多くが残念ながら失われつつある」と、ハンガリーを拠点として活動しているトラフィックの薬用植物オフィサーのアナスタシア・ティモシャイナは言う。

 知識が失われることは、特定の種の持続可能でない形での取引につながるかもしれない。それは人々の暮らしに影響を与え、少数民族や女性、高齢者といった特定の集団の重要な収入源をとり去ってしまうことにもなりかねない。

 中央ヨーロッパは現在も、薬やスパイスといった植物製品を西ヨーロッパの加工業者向けに輸出する、主要な輸出国である。野生からの採集は医薬品生産の30~40%を占めている。

ヨーロッパにおいては、およそ2000の植物が商業的に取引され、その60~70%が在来の種である。これらのうち90%にもなる植物種が野生から採集され、重要な市場や、多くの重要な医薬品の遺伝的基盤を作り出している。

 「野生から採集される薬用植物に関する分野が継続的に成長する中、こうした植物への需要によって自然資源を利用しつくすことなく、伝統知識の基盤が守られるようにするため、植物供給に向けた一貫したアプローチを展開する勢力に加わることは中央ヨーロッパの国々にとって重要なことである」とティモシャイナは言う。

 この新たなプロジェクトはハンガリーのブダペスト・コルヴィヌス大学主導の下、実施される。チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロベニアの4ヵ国から、地方自治体やNGO、農業協議会といった様々な分野から9パートナーが参加する。

 トラフィックヨーロッパ/WWFハンガリーは、このプロジェクトに携わり、トラフィックがフェアワイルド・ファウンデーションとのパートナーシップを通じてフェアワイルド基準の実施を進めながら、持続可能な野生からの採集や取引を推進していく。

 

プロジェクトに関する詳細はこちら

このプロジェクトは欧州地域開発基金による支援により実施されます。

 

2011年06月03日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20160315Global transport leaders sign historic declaration.jpg

大手輸送関連企業の代表たちが歴史的な宣言に調印、野生生物の違法取引ルート断絶に立ち上がる

2017年05月31日

2017年5月、海外で日本人が野生生物の密輸容疑で逮捕される事件が2件起こった。いずれも日本へ向けた飛行機に乗り込む前に空港で発覚し、スーツケースの詰め込まれた動物たちは救出された。密猟の現場から需要のある市場への輸送は、野生生物犯罪に不可欠なプロセスである。この違法取引ルートを絶つべく輸送セクターの企業が動きだした。

© Purple Lorikeet / Creative Commons Licence CC BY-SA 2.0

170207.jpg

ユーロポールとトラフィック、環境犯罪と闘うため手を結ぶ

2017年02月02日

トラフィックは、2016年にユーロポール(欧州刑事警察機構)と覚書を結んだ。これは、環境犯罪、特に絶滅のおそれのある動植物の違法取引に対抗する両機関の連携を強化すると共に、情報交換や相互支援を円滑にしていくことを目標としている。2017年2月2日、さらなる協議を目的に、会談をおこなった。

170112.jpg

野生植物の採集者、協同モデルの成功事例からヒントを得る(ベトナム

2017年01月20日

トラフィックは、生物多様性の保護と地域社会の活性化に向け、野生の薬用・アロマティック植物採集者の理解を高めようと活動している。この活動を成功させるため、ベトナムのバッカン省で採集者グループや協同組合を設立する地元の採集者を支援している。現在、トレーニングプログラムや他の成功モデル研究を通して、これら採集者組織の知識向上に努めている。

© TRAFFIC

161004CoP17.jpg

【CITES-CoP17】閉幕:野生の動植物保全における多くの進捗、懸念される違法取引の増大
-更なる取り組みの必要性

2016年10月05日

第17回ワシントン条約締約国会議が、10月4日に終了した。野生動植物の取引規制に関する各国間の2週間に亘る協議では、国際社会が協調して、違法取引の根絶と持続可能な利用を確かなものにするための大きな前進があった。多岐に亘る野生生物に関する課題に重要な前進が見られ、数々の新しい決議が採択された。

©TRAFFIC

関連出版物

15_Hard_to_bear_Malaysia.jpg

Hard to Bear: An Assessment of Trade in Bear Bile and Gall Bladder in Malaysia

発行:TRAFFIC Southeast Asia【2015年6月】 著者:Lee, S.L., Burgess, E.A., Chng, S.C.L.【英語】50pp

14_Traditional_and_Wild-1.jpg

Traditional and Wild: Revitalizing traditions of sustainable wild plant harvesting in Central Europe

発行:TRAFFIC and WWF Hungary【2014年4月発行】 著者:Kristina Rodina, Anastasiya Timoshyna, Andreja Smolej,Darijan Krpan, Elena Zupanc,Éva Németh,Gabriela Ruzickova,Gergő Gáspár, József Szántai,Malgorzta Draganik, Péter Radácsi,Stanislav Novák, Szilárd Szegedi【英語】40pp

pagetop