ホーム野生生物ニュース薬用動植物ニュース>【CBD-COP10】生物多様性条約会議 in 名古屋: 地球の「薬箱」を救え! 賢人が語る薬用植物の恩恵

野生生物ニュース

【CBD-COP10】生物多様性条約会議 in 名古屋: 地球の「薬箱」を救え! 賢人が語る薬用植物の恩恵

2010年09月24日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

English >> side event on 22 October (CBD Secretariat's website)
The flyer can be downloaded.

 
100909CBDseminarimage2.jpg

トラフィックは、10月に名古屋で開催される生物多様性条約締約国会議(CBD COP10)においてイベントを開催します。

 本イベントにおいては、世界の賢人を招いて、野生の薬用植物・アロマティック植物が私たちに与えてくれる恩恵についてご紹介します。そして野生の植物から得られる価値を持続的かつ公平、公正に配分できるよう「フェアワイルド」基準を提案します。

主な内容
・人々に利用される野生植物の経済的価値とは ‐中国長江上流地域からのケーススタディ
・植物の賢い利用 -自然の歴史を知る賢人からのお話
・フェアワイルド基準 -野生の薬用・アロマティック植物の持続可能な利用を目指して

フェワイルドや薬用植物の持続可能な採集について詳しくはこちら

開催概要
→ちらしのダウンロードはこちら

CBD COP10
会場外イベント
(生物多様性交流フェア会場内)

どなたにもご参加いただける
「トラフィックの薬用・アロマティック植物セミナー」

2010年10月19日 15時45分(15時30分開場)~17時30分 

場所:名古屋学院大学体育館(「生物多様性交流フェア」会場内)小会場1  →地図
言語:日本語/英語
参加費:無料
参加申込み:どなたでもご参加いただけます。人数把握のため参加ご希望の方はなるべく事前にお申込みください。Eメール又はFAXで、ご氏名・所属・連絡先・参加希望日を下記までお知らせください。

CBD COP10
会場内のイベント

CBD会議登録者向けのCBD COP10サイドイベント
「トラフィックの薬用・アロマティック植物セミナー」


2010年10月22日 18時15分~19時45分
※CBD COP10 サイドイベント COP10本会議への参加登録者向けです。

場所:名古屋国際会議場、COP10サイドイベント会場 2番ビル 3階 234A  →地図
言語:英語
参加費:無料
参加申込み: 人数把握のため、参加ご希望の方はなるべく事前にお申込みください。Eメール又はFAXで、ご氏名・所属・連絡先・参加希望日を下記までお知らせください。
主催

トラフィック

お問い合わせ
・申込先

トラフィックイーストアジアジャパン 
〒105-0014 東京都港区芝3-1-14日本生命赤羽橋ビル6階 WWFジャパン内
TEL: 03-3769-1716  FAX: 03-3769-1304 traffic@trafficj.org

本イベントは、日本経団連自然保護基金による資金のご支援により開催されます

※ご記入いただいた個人情報は、本セミナー運営のためにのみ使用いたします。ご記入は任意ですが、必要な情報のご記入がない場合、必要なお知らせができないことがございます。個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停止、消去及び第三者提供停止などのお問い合わせは個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)にて承ります。財団法人世界自然保護基金ジャパン 個人情報保護管理者(事務局長)

 

講演者紹介

講演者は変更される可能性があります。ご了承ください。

CBDseminarAndrew.jpg

アンドリュー・ナイネネ・レレコイティエン氏

イヤク族のリーダー ケニヤ、ムコゴドの森から

イヤク族は東アフリカで狩猟採集や養蜂をして暮らす先住民族。中でも特に人々が利用する野生植物に造詣が深く、伝統知識を継承するリーダーの一人である。地域の生物多様性と持続的な経済発展の両立という課題にも取り組む。

CBDseminarTashkaYawanawa.jpg

タシュカ・ヤワナワ氏

ヤワナワ族のチーフ ブラジル、アクレ州から

アマゾンの20万ヘクタールに広がる地域に住むヤワナワ族のリーダー。米国で言語、ビジネスを学んだ経験もあり、先住民のために世界各地で声を上げる若きチーフでもある。ヤワナワ族は染料となる植物「ウルク」の管理された生産をおこなうことでも知られている。

CBDseminarZhang_Yi.jpg

張毅(ヅァン・イー)

中国伝統医療の医師 四川省中医薬科学院副理事

中国四川省から

中国チベットの伝統医薬の臨床や研究に長年携わり、造詣が深い。長江上流の地域で、危機に瀕した薬用植物の保全や持続可能な利用を目指すプロジェクトで地元の専門家として重要な役割を担う。

CBDseminar_Nastya.jpg

アナスタシア・ティモシャイナ

トラフィック

野生動植物の取引が自然環境を脅かさないよう、調査・監視をおこなう世界的ネットワーク。フェアワイルド発足時よりエコロジカルな側面の基準作りをサポートし、現在はフェアワイルドを推進するプロジェクトを世界各地で実施支援している。

 

2010年09月24日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

160111cites_SC.jpg

ワシントン条約 重要課題を討議

2016年01月19日

2016年1月11日~1月15日、ワシントン条約の常設委員会が開催され多くの課題が議論された。数多くの種に影響を及ぼしている重要な課題を、各国が確実に最前線に据えて提案することをトラフィックは強く求めていく。

©CITES secretariat

150303WWD.jpg

世界野生生物の日

2015年03月03日

3月3日は「世界野生生物の日」。1973年3月3日、ワシントン条約が採択されたことを記念し、また、美しく多種多様な動植物を称賛するとともに近年深刻化しつつある野生生物犯罪と闘うことの重要性が広く認知されることを目的とし、国連が定めた。

151024CBD.jpg

進展見えたが、未だ遠い道のり
-韓国開催の生物多様性サミット閉幕-

2014年11月20日

韓国の平昌で開催された生物多様性条約第12回締約国会議(CBD-CoP12)において、194カ国の加盟国(2014年10月時点)と3000を超える代表団による2週間の協議が閉幕した。

©TRAFFIC

141000Medicinal-Plant-harvesting.jpg

野生植物の持続可能な利用と保全 愛知目標の達成に不可欠

2014年11月18日

韓国の平昌で開催されたCBD-CoP12に当たり発表された報告書『植物保全に関する報告書2014年版』で、世界の植物保全に対する目標のうちいくつかは、2020年までには達成できない見通しであることがわかった。トラフィックは、締約国に対して植物保全への取り組み強化を呼びかけた。

©K. Kanari

関連出版物

15_Hard_to_bear_Malaysia.jpg

Hard to Bear: An Assessment of Trade in Bear Bile and Gall Bladder in Malaysia

発行:TRAFFIC Southeast Asia【2015年6月】 著者:Lee, S.L., Burgess, E.A., Chng, S.C.L.【英語】50pp

14_Traditional_and_Wild-1.jpg

Traditional and Wild: Revitalizing traditions of sustainable wild plant harvesting in Central Europe

発行:TRAFFIC and WWF Hungary【2014年4月発行】 著者:Kristina Rodina, Anastasiya Timoshyna, Andreja Smolej,Darijan Krpan, Elena Zupanc,Éva Németh,Gabriela Ruzickova,Gergő Gáspár, József Szántai,Malgorzta Draganik, Péter Radácsi,Stanislav Novák, Szilárd Szegedi【英語】40pp

pagetop