ホーム野生生物ニュース水産物ニュース>ドナウ川流域のチョウザメを脅かすキャビアの違法取引

野生生物ニュース

ドナウ川流域のチョウザメを脅かすキャビアの違法取引

2011年12月19日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
111114Danube-Sturgeon.jpg ロシアチョウザメAcipenser gueldenstaedtii: 近絶滅種。ドナウ川流域に生息する他のチョウザメのように密漁による深刻な脅威にさらされている。 © naturepl.com /Frei / ARCO / WWF

【2011年11月14日】
 ドナウ川流域に生息する、極めて絶滅のおそれの高いチョウザメ類が絶えざるキャビアの違法取引によって危機にさらされている。新しくトラフィックが発表したレポートによると、こうした取引にブルガリアやルーマニアが関与しているという。

 ブルガリアとルーマニアには、欧州連合(EU)で唯一存続可能な野生のチョウザメの個体群が生息している。しかしドナウ川に在来のチョウザメ類6種のうち5種が近絶滅種(Critically Endangered)であるとされており、そこでのチョウザメの漁獲は禁止されている。

 新しいレポートによれば、2000年から2009年に14件あった違法キャビアの押収事例のうち、ブルガリアを原産とするものが5件(27.5kg)、ルーマニアが9件(25kg)、EU加盟国から報告されている。ブルガリアからもルーマニアからも、違法キャビアを押収したという報告はない。

 「ブルガリアとルーマニアは一件もキャビアの押収を報告していないにもかかわらず、両国が関与しているとみられるいくつかの押収事例が、他のEU加盟国の記録にみられる」とレポートの著者であるトラフィックのケイトリン・ケクセ-ナギーは言う。

 「発見された押収量はそれほど多くないが、違法に取引されている実際の量はさらにかなり多いと見込まれ、どの違法取引も、極めて絶滅のおそれの高い種に対して容認しがたい危機を及ぼすことを、私たちは心にとどめておかなければならない」とKecse-Nagyは言う。

 また、ルーマニアもブルガリアも2007年にEUに加盟しており、これによってEU内での違法取引をみつけることも防ぐことも難しくなったと、ケクセ-ナギーは指摘する。

 さらに、地理的な理由で、2つの国はカスピ海から持ち込まれた違法なキャビア取引の入り口となっている可能性がある。カスピ海はチョウザメ漁業にとって、世界的にみてももっとも重要な海域である。

 2009年には、ドイツ当局がEUに密輸入されたキャビアを押収した。これはブルガリアで養殖されたキャビアだとラベリングされていた。ブルガリアとルーマニアは養殖されたチョウザメからとれたキャビアの取引しか許可していない。しかし同位体分析をしたところ、このキャビアはカスピ海からとられたものだと証明された。

 「許可されたキャビアの養殖が、違法な出所からとられたキャビアを合法的に取引するためのロンダリングに悪用されていることが、この事例からわかる。」

 合法的な取引データの分析によると、ブルガリアでの、EU圏内を含む、輸出向けの水産養殖の生産量が大幅に増加している。

 「これは、違法取引が野生のチョウザメの脅威とならないよう、こうした地域内でのキャビア取引を注意深く管理することがこれまで以上に重要であることを意味している」とケクセ-ナギーは忠告する。

 ルーマニアでもブルガリアでも、違法なキャビア取引を取り締まる法執行機関の認識を高め、取引を管理・監視するための能力を強化することが、トラフィックのレポートで提言されている。

 「EUは、キャビア取引の規制をおこなうにあたって大きな責任がある。なぜならEUの加盟国は、ルーマニアからのキャビアの最大の消費国であり、ブルガリアからのキャビアについては2番目に大きな消費国であるからだ」とWWFのチョウザメ専門家ユッタ・ジャールは言う。

 「EUは、絶滅からチョウザメを救うため、いかなる抜け穴も塞がなければならない。」

 しかしジャールによると、違法なキャビア取引の脅威についてヨーロッパでの消費者意識は低く、本物の取引業者ですら、合法的なキャビアのラベリングについての要件についてほとんど知らないという。

 「極めて重要なのは、取引業者や消費者はラベルのないキャビアは買わないこと。この簡単な行動が違法取引に大きな打撃を与えるだろう。」

 本レポート『Trade in Sturgeon Caviar in Bulgaria and Romania(ブルガリアとルーマニアでのチョウザメのキャビア取引)』は、WWF、The Mohamed bin Zayed Species Conservation Fund、the Deutsche Bundesstiftung Umwelt (DBU)にご支援いただき作成されたものである。

 

日本として何をすべきか

 日本はキャビア輸入国である。このレポートでも1998年~2008年のルーマニアのキャビア輸出相手国上位3位に日本が名を連ねていることからも わかるだろう。ワシントン条約においては、決議12.7「チョウザメ並びにヘラチョウザメの保護および取引」において、適正な管理のもとキャビアが生産さ れたことを示す国際統一ラベリングシステムの導入を求めている。輸入、輸出、再輸出をおこなう締約国は、国内法を整備し、キャビア加工・再包装工場の登録 制度を設けなければならないこと、これらの情報をワシントン条約事務局に提出することが義務づけられている。しかし日本は一大消費国であるにもかかわら ず、いまだそのシステムが導入されていない。これが導入されることで、国内の消費者も適正に生産・流通されたキャビアを見分けることが可能になり、さらに は国内のチョウザメ養殖・加工生産者がワシントン条約にもとづいた適正な管理の下、輸出することができるようになる。日本は輸入国としての責任を果たすた め、早急に国内法を整備し、国際統一ラベリング・システムを導入すべきである。

 

さらに専門的な詳細に関してのお問い合わせはこちらまで

TRAFFIC: Richard Thomas, richard.thomas@traffic.org, direct +44 1223 279 068, mobile +44 752 6646 216
WWF: Olga Apostolova, oapostolova@wwfdcp.bg, direct +359 2 950 50 41, mobile +359 885 727 862

 

レポートのダウンロードはこちらから
『Trade in Sturgeon Caviar in Bulgaria and Romania(ブルガリアとルーマニアでのチョウザメのキャビア取引)』


注:

• チョウザメは、2億年前にその起源を発し、恐竜より長く生き続けている古代魚である。しかし今日、IUCNの絶滅のおそれのある種のレッドリストにおいてももっとも絶滅が危惧されている動物でもある。主にキャビアをとるための過剰漁獲が、最大の懸念要因ではあるが、チョウザメの回遊ルートの断絶、水力発電などの生息域の変化、汚染などが、さらにその原因となっている。世界チョウザメ保全協会(World Sturgeon Conservation Society)によれば、ドナウ川は、保護策が講じられているヨーロッパでも唯一の大きな河川系であるが、いまだチョウザメ資源は減少している可能性がある。

• キャビアは、その値段の高さ、希少性のゆえに、もっとも高価な野生生物製品のひとつとしてしばしば違法に取引される。ドナウ川に在来のチョウザメ種の中では、オオチョウザメ(ベルーガ)Huso huso が高価なキャビアとして有名である。チョウザメ・キャビアの取引は、極めてもうけのあがる商売である。キャビアの小売価格は、kgあたり6,000ユーロ(約62万円)以上になることもある。

• 黒海は、世界的にみて、カスピ海に次ぐもっとも重要なチョウザメ漁場のひとつである。ドナウ川は、黒海に注ぐ主要な支流および河口のひとつとして、チョウザメにとって極めて重要な河川である。野生由来のチョウザメの漁獲やその製品の輸出は、ルーマニアは2006年から10年間禁止、ブルガリアは現在1年間禁止しているところである。

• トラフィックのレポートではまた、キャビアの合法取引についても分析しており、こうした取引はこの地域全域にとって経済的に重要である。キャビアの直接輸出は、ルーマニアでは2000年、ブルガリアでは2006年にピークを迎えた。ルーマニアでは、報告されたキャビアの取引量は、10年間のチョウザメの漁獲・輸出禁止が始まった年である2006年にゼロとなった。

 

2011年12月19日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20160315Global transport leaders sign historic declaration.jpg

大手輸送関連企業の代表たちが歴史的な宣言に調印、野生生物の違法取引ルート断絶に立ち上がる

2017年05月31日

2017年5月、海外で日本人が野生生物の密輸容疑で逮捕される事件が2件起こった。いずれも日本へ向けた飛行機に乗り込む前に空港で発覚し、スーツケースの詰め込まれた動物たちは救出された。密猟の現場から需要のある市場への輸送は、野生生物犯罪に不可欠なプロセスである。この違法取引ルートを絶つべく輸送セクターの企業が動きだした。

© Purple Lorikeet / Creative Commons Licence CC BY-SA 2.0

170207.jpg

ユーロポールとトラフィック、環境犯罪と闘うため手を結ぶ

2017年02月02日

トラフィックは、2016年にユーロポール(欧州刑事警察機構)と覚書を結んだ。これは、環境犯罪、特に絶滅のおそれのある動植物の違法取引に対抗する両機関の連携を強化すると共に、情報交換や相互支援を円滑にしていくことを目標としている。2017年2月2日、さらなる協議を目的に、会談をおこなった。

161108report.jpg

ヒレはお金についていく:新たな調査結果、
サメ取引におけるより良いトレーサビリティと全体像把握の必要性

2016年11月18日

新たなトラフィックの報告書によって、東アジアにおけるフカヒレの取引は、どこでどのように利益が得られるかによって急速に変化しており、より良いトレーサビリティと市場の世界的な全体像の把握が必要であることが浮き彫りになった。

161004CoP17.jpg

【CITES-CoP17】閉幕:野生の動植物保全における多くの進捗、懸念される違法取引の増大
-更なる取り組みの必要性

2016年10月05日

第17回ワシントン条約締約国会議が、10月4日に終了した。野生動植物の取引規制に関する各国間の2週間に亘る協議では、国際社会が協調して、違法取引の根絶と持続可能な利用を確かなものにするための大きな前進があった。多岐に亘る野生生物に関する課題に重要な前進が見られ、数々の新しい決議が採択された。

©TRAFFIC

関連出版物

17_SBT_Market_in_China.jpg

The Southern Bluefin Tuna Market in China

発行:TRAFFIC Hong Kong【2017年6月】 著者:Joyce Wu【英語】50pp

17_The_Shark_and_Ray_Trade_in_Singapore.jpg

The Shark and Ray Trade in Singapore

発行:TRAFFIC,Malaysia【2017年5月】 著者:Boon Pei Ya【英語】59pp

pagetop