ホーム野生生物ニュース水産物ニュース>ヒレはお金についていく:新たな調査結果、
サメ取引におけるより良いトレーサビリティと全体像把握の必要性

野生生物ニュース

ヒレはお金についていく:新たな調査結果、
サメ取引におけるより良いトレーサビリティと全体像把握の必要性

2016年11月18日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

【香港発、2016年11月8日】 

 今月発表された新たなトラフィックの報告書により、東アジアにおけるフカヒレの取引は、どこでどのように利益が得られるかによって急速に変化しており、より良いトレーサビリティと市場の世界的な全体像の把握が必要であることが浮き彫りになった。

 『中国、香港、台湾におけるフカヒレおよびイトマキエイの鰓板の取引(Shark fin and mobulid ray gill plate trade in mainland China, Hong Kong and Taiwan)』により、これらの製品の取引が非常に動的であることが明らかとなった。例えば、世界で取引されるフカヒレの40%を扱う香港からのフカヒレの再輸出は近年顕著に変化してきた。長年、最大の輸入国であった中国向けの再輸出量は2010年に大幅に減少したが、2010年、2013年、2014年にベトナムが香港からのフカヒレの最大の輸入国となったことで、その量は相殺された。報告書によると、ベトナムは、他の消費市場へフカヒレを別ルートで運ぶための経由地としての役割を果たしているにすぎない可能性があり、状況をさらに複雑にしている。

 「近年の取引ルートの変化は、例えば、中国への輸入量の減少が、フカヒレおよび身肉の世界全体の取引の減少を意味すると結論づけるのがもはやできないことを意味する」と、トラフィックのシニア・プログラムオフィサーであり、この報告書の著者であるジョイス・ウー(Joyce Wu)は述べた。「実際に何が起こっているのかを十分認識するためには、物事をより広い視野で捉える必要がある」。

 取引の複雑さは、一貫性のないデータの記録制度により一層複雑なものとなっている。これは、この地域におけるフカヒレの取引の規制が大幅に妨げられており、追跡できない市場供給と合わせ、ヒレが持続可能な出所から来ているのか、また、法律に則って漁獲されているのかの証明が不可能となっていることを意味する。

 また、中国、香港および台湾の店員は、自分たちが販売しているフカヒレの85%のサメの種を分かっていなかった。

 「複雑な市場の動態と、取引される種や出所に関する基本的な情報ですら欠如していることは、何が取引され、どこを通ってどこに行きついたかを正確に追跡する明確なトレーサビリティ制度の導入の必要性を意味している」と、トラフィックの水産プログラムリーダーであるグレン・サント(Glenn Sant)は述べた。

 先月、南アフリカで、クロトガリザメ、3種のオナガザメ類、9種のイトマキエイ類が新たにワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約:CITES)の附属書Ⅱに掲載され、すでに附属書に掲載されており、商業的に漁獲されているサメおよび2種のオニイトマキエイに加わることとなった。この掲載は、取引が持続可能な水準で行われることを担保するために、許可を必要とすることで、これらの種の保護を提供するものである。ワシントン条約締約国会議において、政府代表たちは、トレーサビリティ制度を開発する計画およびサメとエイの現在の掲載に関する施行を改善するための研修についても承認した。

 「ワシントン条約は、各国政府がサメとエイの種に関する、漁獲から市場まで適用可能なトレーサビリティ制度を開発するための絶好のチャンスを提供している」と、サントは述べた。

 「トレーサビリティは、サメおよびエイの製品の持続可能で合法的な取引の仕組みを強化する上での鍵となるものである。要するに、製品にトレーサビリティ情報がただし書きで書かれている場合に、その製品が合法的で持続可能であるという点について確信があるということだ」。

 トラフィックは、以前、有害でないという所見(NDFs)を得るためのガイドラインを開発した。NDFは、ワシントン条約の締約国が、取引が持続可能な水準であるかどうかを決定する際に用いられる仕組みである。

 「サメとエイの個体数の長期的な生存にとって絶対的に重要となるのは、取引される製品が合法で持続可能な形で調達されていることを確実にすることである」と、サントは述べた。

 
香港の水産物店 ©Joyce Wu/TRAFFIC

2016年11月18日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

161118Hanoi.jpg

違法な野生生物取引:国際的な誓約と国レベルの行動を調和させる時

2016年11月29日

ベトナムのハノイで第3回となる野生生物の違法取引に関する会議が開催された。参加した42カ国の代表により発表された共同声明(ハノイ声明)には、各国政府による国ごとの誓約が含まれている。しかしながら、日本政府による約束は記載されていない。問題の解決には、野生生物の取引に係るすべての国が真剣に対処することが不可欠である。

©TRAFFIC

161028Ground-pangolin.jpg

アフリカのセンザンコウの需要急増(CITES取引データが明らかに)

2016年11月10日

センザンコウの肉は食用、皮は皮革製品、そしてウロコは伝統薬の原料として特にアジアで多く利用され、今、世界で一番密猟されている哺乳類とも言われる。先月開催されたワシントン条約の締約国会議において、8種全種が附属書 I に掲載されることが決まった。日本は、その利用に大きく影響を及ぼしてはいないが、国際的に展開する違法取引撲滅の取り組みにどのように貢献できるか、考えていきたい。

© Wendy Panaino

161112event.jpg

【セミナー開催のご案内】野生生物取引と私たちの暮らし
-木材の話-

2016年10月27日

トラフィックは、11月12日(土)横浜にて、木材に関するセミナーを開催する。世界と日本の木材取引の動向、また各国の規制内容など、先ごろ開催された第17回ワシントン条約締約国会議の結果も踏まえた木材を巡る最新の情報をお届けする。

© Deng Jia / WWF

161003ITTO.jpg

ITTOとトラフィック、覚書に調印

2016年10月26日

国際熱帯木材機関(ITTO)は、熱帯林資源の保全や持続的管理・利用等を促進することを目的に1986年に設立された、日本国内に本部を置く唯一の国連条約機関である。ITTOの加盟国は、世界の熱帯森林面積の約 80%、世界の熱帯木材貿易の90%を占めている。このITTOとトラフィックは、先ごろ活動協力の覚書を締結した。

©TRAFFIC

関連出版物

16_Going_Dutch.jpg

Going Dutch:An Analysis of the Import of Live Animals from Indonesia by the Netherlands

発行:TRAFFIC, Malaysia【2016年11月】 著者:Jordi Janssen, Lisa J. Blanken【英語】55pp

16_Shark_Fin_and_Mobulid_Ray_Gill_Plate_Trade.jpg

Shark Fin and Mobulid Ray Gill Plate Trade:In Mainland China, Hong Kong and Taiwan

発行:TRAFFIC, Taiwan【2016年6月】 著者:Joyce Wu【英語】94pp

pagetop