ホーム野生生物ニュースその他ニュース>【CBD-COP10】日本の暮らしを支え、豊かにしている世界の野生動植物

野生生物ニュース

【CBD-COP10】日本の暮らしを支え、豊かにしている世界の野生動植物

2010年10月12日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
101012wildlifetrade_report.jpg ©金成かほる/トラフィックイーストアジアジャパン

新レポート『私たちの暮らしを支える世界の生物多様性-日本の野生生物取引のいま-』発表

 野生生物の取引を調査・監視しているトラフィックイーストアジアジャパンは、名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)が開かれるのを機に、日本の野生生物取引の現状をご紹介するレポート『私たちの暮らしを支える世界の生物多様性-日本の野生生物取引のいま-』を発表しました。

 日本は野生生物の輸入大国として、世界中の野生生物資源である生物多様性を利用しています。正倉院には象牙、沈香といった海外の野生生物を使った宝物が所蔵されているように、日本は古くから文化的にも国外の野生生物と深い関係があります。現在も、例えば食を支える水産物や、住居・家具として利用される木材、人々の健康を支える薬用植物、珍しい動物のペット、象牙のハンコ、といったように生活の中に世界中の野生生物とのつながりを見つけることができます。こうして日本人は意識せずとも野生生物の恩恵の下、暮らしているのです。

 このレポートでは、日本の暮らしを支えている水産物・木材・薬用植物・ペット・象牙などの最近の野生生物取引の動向についてとりあげています。今年話題となったクロマグロや、時に違法取引がクローズアップされる爬虫類のペット、生物多様性条約締約国会議にも密接な関係のある薬用植物の持続可能な利用など、最近の傾向を交えて説明しています。

 レポートの中では、日本がおこなっている野生生物取引とはどのようなものか、現状や規制状況などを具体的な数値を交えながら紹介しています(下図参照:レポートから抜粋)。

  101012_caviar_graph.jpg
101012_tortoise_graph.jpg
 
tj-wildlifetrade-2010-j.jpg

 こうしたデータからも日本が世界の生物多様性に大きな影響力を持っていることがうかがえます。「生物多様性条約第10回締約国会議が日本でおこなわれるのを機に、このレポートによって多種多様な野生生物製品の利用について理解を深め、そして日本に直接関わりのある生物多様性の恩恵を知ることで、生物多様性にどう貢献していくのかを考えてほしい」と著者のひとりであり、トラフィックイーストアジアジャパン代表の石原明子は言います。

 ここでとりあげるのは数ある野生生物取引のごく一部ですが、このレポートが世界の生物多様性保全に対し、日本が負う責任の大きさを認識するきっかけとなることを期待します。

 


 なおトラフィックは、CBD-COP10期間中に本レポートにもとりあげられている薬用植物の持続可能な利用やフェアワイルドに関するセミナーを開催します。詳しくはこちら

■本件に関するお問合せ:
トラフィック イーストアジア ジャパン (略称:トラフィックジャパン) 石原明子 Tel:03-3769-1716

レポートはこちらからご覧いただけます。

 

2010年10月12日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

160526SIOFA-Map.jpg

底刺し網漁業がインド洋のサメの脅威となっている

2016年06月29日

トラフィックは、南インド洋で漁業をおこなっている国の政府に対し、7月の会議において、底刺し網の使用の完全禁止を検討するよう促している。

© TRAFFIC

160603Ivory-Malaysia.jpg

米国 新たな象牙取引規制を発表

2016年06月03日

象牙の国内取引における新たな規制が、米国魚類野生生物局(USFWS)により確定された。規制は、国内の象牙取引において「ほぼ全面禁止」を実施するために、象牙の商業取引の特定の分野への禁止事項を追加する。

© TRAFFIC

160524Yellowfin-Tuna.jpg

キハダの危うい未来-インド洋まぐろ類委員会(IOTC)会合開催

2016年05月31日

IOTC(インド洋まぐろ類委員会)の重要な会合がレユニオンで開催され、30を超える締約国によって、共有資源であるマグロの管理を改善する保全措置を採択するかどうかの議論をおこなう。

© Gregg Yan / WWF-Philippines

160425SettingSuns.jpg

日本の犀角と象牙の市場縮小に関する考察 報告書発表―その歴史と課題

2016年04月25日

トラフィックは、日本における犀角と象牙の市場縮小に寄与した要因を探り出すため、日本の野生生物取引の歴史に光を当てた新たな報告書を発表した。

関連出版物

16_An_Investigation_into_the_Trade_of_Nautilus.jpg

An Investigation into the Trade of Nautilus

発行:TRAFFIC, WWF【2016年4月】 著者:Ben Freitas, Kanitha Krishnasamy【英語113pp】

16_Trading_Faces.jpg

Trading Faces: A Rapid Assessment on the use of Facebook to Trade Wildlife in Peninsular Malaysia

発行:TRAFFIC, Malaysia【2016年3月】 著者:Kanitha Krishnasamy, Sarah Stoner【英語】44pp

pagetop