ホーム野生生物ニュース林産物ニュース>ロシアのトラ生息地、重要な樹種保護の恩恵で保全促進に希望

野生生物ニュース

ロシアのトラ生息地、重要な樹種保護の恩恵で保全促進に希望

2010年08月26日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
100729korean-pine.jpg ロシアはチョウセンゴヨウの違法伐採を防ぐための施策を実行に移した。
© TRAFFIC

【ロシア、モスクワ発 2010年7月29日(世界タイガー・デー)】  ロシア政府は、極東ロシアのシベリアトラ(アムールトラ)の生息地における重要種であるチョウセンゴヨウ(ベニマツ)Pinus koraiensis の保護政策を導入した。

 チョウセンゴヨウの需要が世界的に高まったことで、ロシアに残る温帯林でも伐採が大幅に増加したが、その大部分は違法伐採である。ロシアは、伐採を規制するために、チョウセンゴヨウを ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)の附属書Ⅲに掲載した。これは、ロシアからのチョウセンゴヨウの輸出にはワシントン条約の許可書が必要となることを意味し、違法な木材の取引の継続がこれまでより難しくなるということである。

 「トラフィックとWWFロシアは、チョウセンゴヨウの商取引規制措置を高く評価する。チョウセンゴヨウの実を売って生計を立てている地元の人々にとって、そしてチョウセンゴヨウの育つ森に生息するシベリアトラにとって、これは素晴らしいニュースである。この新しい措置がしっかりと実行されるようにバックアップが必要だ」と、トラフィックヨーロッパ、ロシアのシニアプログラムオフィサーであるアレクセイ・ワイズマンは述べた。

 輸出データの分析によると、ここ10年の間に、世界経済の減速に伴い殆どの樹種の木材取引が減少しているにもかかわらず、チョウセンゴヨウの取引は増加傾向にある。今回の新しい措置は、合法的で持続的な収入を得る手段としてWWFとトラフィックが促進してきた同地域での合法的なチョウセンゴヨウの実の取引に、有益な効果をもたらすだろう。「ワシントン条約への掲載が、チョウセンゴヨウの違法伐採の仕組みをついに断ち切る一歩となり、代わりに同地域で持続可能な林産物の取引が後押しされることを期待している」と、WWFロシア、アムール支部の森林プロジェクトコーディネーターであるイブゲニー・レペスキン(Evgeny Lepeshkin)は述べた。今回の措置は、トラ保護活動が特に活発になりつつある2010年における、重要な出来事である。

 極東ロシアから中国北東部にかけて広がるチョウセンゴヨウの自生する森林には、約400頭のシベリアトラが生息している。チョウセンゴヨウの実は、トラの獲物となる動物にとって非常に重要な食料源である。

 「シベリアトラの命運はチョウセンゴヨウの保全措置と密接に関係している」と、トラフィック/WWF合同トラ取引プログラムのマネージャーであるポーリーヌ・ヴァーヘイジ(Pauline Verheij)は述べた。7月14日には、トラが今も生息する13ヵ国が、歴史的なトラ保護に関する宣言の草案を作成した。この宣言では、これらの国が、現在生き残っている3,200頭という野生のトラの個体数を2022年までに倍増させることを約束している。ロシアは2010年後半に、各国首脳を集めたトラサミットを主催する予定であり、そこで宣言が正式に署名される予定だ。

 「ロシアは、WWFの『トラ生息国が2022年までに野生のトラの生息数を倍増させる』という目標を後押しするような措置を具体的に打ち出したこととなる」とヴァーヘイジは述べた。

訳者注:
 今回のロシアのチョウセンゴヨウ Pinus koraiensis #5の掲載の他に、ボリビアが蝶3種Agrias amydon boliviensis Morpho godartii lachaumeiPrepona praeneste buckleyana およびセンダン科の植物3種、Cedrela fissilis #5 、Cedrela lilloi #5 、Cedrela odorata #5を、 さらにセーシェル共和国がヤシ科のLodoicea maldivica #13 を附属書IIIに掲載した。この掲載は、2010年10月14日より有効となる。
(#5:含まれるのは丸太、挽き材、ベニヤを含めた部分および派生物のみ、#13:仁、胚を含む種子の内側の部分(kernel)とその派生物のみ)

→トラの特集サイト『絶滅のおそれのあるトラを救おう』
2010年08月26日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

20160315Global transport leaders sign historic declaration.jpg

大手輸送関連企業の代表たちが歴史的な宣言に調印、野生生物の違法取引ルート断絶に立ち上がる

2017年05月31日

2017年5月、海外で日本人が野生生物の密輸容疑で逮捕される事件が2件起こった。いずれも日本へ向けた飛行機に乗り込む前に空港で発覚し、スーツケースの詰め込まれた動物たちは救出された。密猟の現場から需要のある市場への輸送は、野生生物犯罪に不可欠なプロセスである。この違法取引ルートを絶つべく輸送セクターの企業が動きだした。

© Purple Lorikeet / Creative Commons Licence CC BY-SA 2.0

170224.jpg

マダガスカルの木材伐採、制御不能 新たな調査で明らかに

2017年02月14日

トラフィックが新たに発表した報告書によって、マダガスカルの希少な木材資源が、近年実質的に管理不能な状態にあったことが示された。マダガスカルには、ローズウッドやエボニーといった木材種の固有種が多数生育し、その魅力的な色調と優れた耐久性を理由に、特にアジアで家具や調度品として大きな需要がある。

© Julien Noel Rakotoarisoa / MEEF

170207.jpg

ユーロポールとトラフィック、環境犯罪と闘うため手を結ぶ

2017年02月02日

トラフィックは、2016年にユーロポール(欧州刑事警察機構)と覚書を結んだ。これは、環境犯罪、特に絶滅のおそれのある動植物の違法取引に対抗する両機関の連携を強化すると共に、情報交換や相互支援を円滑にしていくことを目標としている。2017年2月2日、さらなる協議を目的に、会談をおこなった。

関連出版物

Timber-trade-East-Southern-Africa201702.jpg

Overview of the Tmber Trade in East and Southern Africa: National Perspectives and Regional Trade Linkages

発行:TRAFFIC【2017年2月】 著者:Kahana Lukumbuzya and Cassian Sianga【英語】79pp

16_Timber_Island_Madagascar-1.jpg

TIMBER ISLAND The Rosewood and Ebony Trade of Madagascar

発行:TRAFFIC【2016年11月】 著者:Cynthia Ratsimbazafy, David J. Newton and Stéphane Ringuet【英語】144pp

pagetop