ホーム野生生物ニュース林産物ニュース>【CITES-CoP17】木材に対するワシントン条約での確固たる支援

野生生物ニュース

【CITES-CoP17】木材に対するワシントン条約での確固たる支援

2016年10月03日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
Dalbergia retusaは他のツルサイカチ属の種と同様に
附属書Ⅱへの掲載が合意された
© Forest and Kim Starr / Creative Commons Licence CC BY 2.0

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年10月】

ヨハネスブルグで開催された各国政府が出席する世界的な会合は、商業的に取引されている木材種を保護するためのより厳しい規制を導入することを強く支持した。

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の第17回締約国会議は、中央アフリカのブビンガ属 Guibourtia 3種と西アフリカのプテロカルプス・エリナケウス Pterocarpus erinaceus とともに、ツルサイカチ属 Dalbergia 全体を附属書Ⅱに掲載することを投票で決定した。

附属書Ⅱへの掲載は、対象となる種の商業的な国際取引を管理するための措置が導入されることを意味する。

ツルサイカチ属 は、種数が多く、広範囲に分布しており、多様な形態の植物から構成されている。中には、上質で珍重される木材を生み出す種があり、その中には「ローズウッド」として取引されているものや、家具製造のために使われる紅木(Hongmu)木材として中国に輸出されるものもある。現在、ワシントン条約にはツルサイカチ属の種が数種しか掲載されておらず、属全体が掲載されたとしてもツルサイカチ属の様々な種を確実に識別することが必要であるものの、全種の掲載により、類似種に関連する法執行上の課題および困難の多くをなくすのに役に立つであろう。

ブビンガ属の3種は、ブビンガという名前で国際的に取引されており、中国では紅木の木材の代替として使われている。近年、アジア、特に中国におけるブビンガの市場は急速に成長しており、著しい違法伐採および取引を示す兆候がある。トラフィックは、取引に関する調査に続き、ブビンガのワシントン条約への掲載提案の作成を手助けした。調査の結果は、生息国および関係者とともに議論された。

プテロカルプス・エリナケウスは、地元向けおよび紅木としての輸出向けの両方で広く使われている。心材は非常に高価で、一定の直径以上の樹木でしか見つけることができないため、標的にされており、この種の商業的絶滅につながるおそれがある。

「前回のワシントン条約締約国会議は、海産種が条約の主流となったことで知られているが、今回は商業的に取引がなされている木材種の番である」と、カメルーンに拠点を置くトラフィックの森林・取引オフィサーであるDenis Mahongholは述べた。

2016年10月03日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

161004Silky-Shark.jpg

【CITES-CoP17】トレーサビリティがサメの掲載施行成功のカギに

2016年10月04日

第17回ワシントン条約締約国会議において、4種のサメと9種のエイを附属書 II に掲載することが合意された。また、海産製品のトレーサビリティ措置の改善支援を促す文書も承認された。トレーサビリティは、サメとエイ類製品の持続可能で合法的な取引の仕組みを強化する上での鍵となるものである。

©Joi Ito / Creative Commons (CC-BY-2.0)

161002CoP17.jpg

【CITES-CoP17】ワシントン条約締約国会議:一週目のハイライト

2016年10月02日

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約:CITES)」の第17回締約国会議の一週目が終わり、数多くの重要な課題について顕著な進捗がみられた。多くの決定について合意がなされたものの、締約国会議の最後に開かれる全体会合(プレナリー)での正式な採択を待つ必要がある。

©TRAFFIC

160929BKK-ivory.jpg

タイの国内象牙行動計画の施行により、バンコクの象牙市場が大幅に衰退

2016年09月30日

トラフィックが実施した調査により、過去2年の間に、タイのバンコクで公然と売られている象牙の量が大幅に減少したことが明らかになった。2014年には7,421点にのぼった象牙商品の数は、今年6月には283点と96%減少した。

160929Tiger-skull.jpg

トラの違法取引、改善していないことが明らかに 新たな報告書発表

2016年09月29日

トラフィックとWWFの新たな報告書により、アジアにおいて、トラの取引の減少を示す証拠がなく、2000年から2015年までの間に少なくとも1,755頭に相当するトラの体の一部(平均で一週間に2頭以上)が押収されたことが明らかになった。

© Kanitha Krishnasamy / TRAFFIC

関連出版物

15_Goho-wood.jpg

Goho-wood:日本における木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明制度の運用と課題

発行:トラフィック イーストアジア ジャパン【2015年12月】 著者:白石広美【日本語】33pp

15_traceability system in the CITES context.jpg

Traceability System in the CITES Context: A review of experiences, best practices and lessons leaned for the traceabiliry of commodities of CITES-listed shark species

発行:TRAFFIC for the CITES Secretariat【2015年12月】 著者:Victoria Mundy, Glenn Sant【英語】90pp

pagetop