ホーム野生生物ニュース水産物ニュース>【CITES-CoP17】トレーサビリティがサメの掲載施行成功のカギに

野生生物ニュース

【CITES-CoP17】トレーサビリティがサメの掲載施行成功のカギに

2016年10月04日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
クロトガリザメ
©Joi Ito / Creative Commons (CC-BY-2.0)

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年10月4日】

 「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約:CITES)」の附属書 Ⅱ に新たに、4種のサメと9種のエイを掲載することが支持された。

 附属書 Ⅱ への掲載は、その種の国際取引が許可制度により規制されることを意味する。

 クロトガリザメ、オナガザメ類3種、イトマキエイ類9種は、前回の2013年のワシントン条約締約国会議において掲載されたサメやエイの種に加わることとなった。2013年当時、これらの掲載が海洋種の保全にとって歴史的であると歓迎された。今回の締約国会議における国々からの意見は、その施行が主に成功であったことを示唆している。

 「2013年、商業的に漁獲される海洋種のワシントン条約掲載に関して、大きな変化があったが、今回もその流れが変わる兆候はみられなかった。クロトガリザメ、オナガザメ類、イトマキエイ類の附属書 Ⅱ 掲載は、持続可能でない取引に対処するために切望されていた国際協調のための基盤を他のサメとエイの種へも提供することとなる」と、トラフィックの水産プログラムマネージャーであるグレン・サント(Glenn Sant)は述べた。

 掲載種の追加は温かく歓迎されたが、附属書掲載は、これらの種を過剰漁獲から守る解決策のほんの一部に過ぎない。「サメとエイの掲載は保全のための第一歩ではあるが、確実な施行による後ろ盾がない限り、紙の上での保護に終わってしまう」と、サントは述べた。

 ワシントン条約の代表団は、先日、海産製品のトレーサビリティ措置の改善支援を促す文書を承認した。

 「トレーサビリティは、サメとエイの製品の持続可能で合法的な取引の仕組みを強化する上での鍵となるものである。要するに、製品にとトレーサビリティ情報がただし書きで書かれている場合に、その製品が合法で持続可能であるという点について確信があるということだ」と、サントは述べた。

2016年10月04日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

161004CoP17.jpg

【CITES-CoP17】閉幕:野生の動植物保全における多くの進捗、懸念される違法取引の増大
-更なる取り組みの必要性

2016年10月05日

第17回ワシントン条約締約国会議が、10月4日に終了した。野生動植物の取引規制に関する各国間の2週間に亘る協議では、国際社会が協調して、違法取引の根絶と持続可能な利用を確かなものにするための大きな前進があった。多岐に亘る野生生物に関する課題に重要な前進が見られ、数々の新しい決議が採択された。

©TRAFFIC

161002Dalbergia.jpg

【CITES-CoP17】木材に対するワシントン条約での確固たる支援

2016年10月03日

第17回締約国会議は、中央アフリカのブビンガ属 Guibourtia 3種と西アフリカのプテロカルプス・エリナケウス Pterocarpus erinaceus とともに、ツルサイカチ属 Dalbergia 全体を附属書Ⅱに掲載することを決定した。

© Forest and Kim Starr / Creative Commons Licence CC BY 2.0

161002CoP17.jpg

【CITES-CoP17】ワシントン条約締約国会議:一週目のハイライト

2016年10月02日

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約:CITES)」の第17回締約国会議の一週目が終わり、数多くの重要な課題について顕著な進捗がみられた。多くの決定について合意がなされたものの、締約国会議の最後に開かれる全体会合(プレナリー)での正式な採択を待つ必要がある。

©TRAFFIC

160929BKK-ivory.jpg

タイの国内象牙行動計画の施行により、バンコクの象牙市場が大幅に衰退

2016年09月30日

トラフィックが実施した調査により、過去2年の間に、タイのバンコクで公然と売られている象牙の量が大幅に減少したことが明らかになった。2014年には7,421点にのぼった象牙商品の数は、今年6月には283点と96%減少した。

関連出版物

16_An_Investigation_into_the_Trade_of_Nautilus.jpg

An Investigation into the Trade of Nautilus

発行:TRAFFIC, WWF【2016年4月】 著者:Ben Freitas, Kanitha Krishnasamy【英語113pp】

16_Humphead-Wrasse_trade_into_HongKong.jpg

Humphead (Napoleon) Wrasse Cheilinus undulatus into and through Hong Kong

発行:TRAFFIC, Hong Kong, SAR.【2016年1月】 著者:Joyce Wu, Yvonne Sadony de Mitcheson【英語】44pp

pagetop