ホーム野生生物ニュース水産物ニュース>【CITES-CoP17】トレーサビリティがサメの掲載施行成功のカギに

野生生物ニュース

【CITES-CoP17】トレーサビリティがサメの掲載施行成功のカギに

2016年10月04日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
クロトガリザメ
©Joi Ito / Creative Commons (CC-BY-2.0)

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年10月4日】

 「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約:CITES)」の附属書 Ⅱ に新たに、4種のサメと9種のエイを掲載することが支持された。

 附属書 Ⅱ への掲載は、その種の国際取引が許可制度により規制されることを意味する。

 クロトガリザメ、オナガザメ類3種、イトマキエイ類9種は、前回の2013年のワシントン条約締約国会議において掲載されたサメやエイの種に加わることとなった。2013年当時、これらの掲載が海洋種の保全にとって歴史的であると歓迎された。今回の締約国会議における国々からの意見は、その施行が主に成功であったことを示唆している。

 「2013年、商業的に漁獲される海洋種のワシントン条約掲載に関して、大きな変化があったが、今回もその流れが変わる兆候はみられなかった。クロトガリザメ、オナガザメ類、イトマキエイ類の附属書 Ⅱ 掲載は、持続可能でない取引に対処するために切望されていた国際協調のための基盤を他のサメとエイの種へも提供することとなる」と、トラフィックの水産プログラムマネージャーであるグレン・サント(Glenn Sant)は述べた。

 掲載種の追加は温かく歓迎されたが、附属書掲載は、これらの種を過剰漁獲から守る解決策のほんの一部に過ぎない。「サメとエイの掲載は保全のための第一歩ではあるが、確実な施行による後ろ盾がない限り、紙の上での保護に終わってしまう」と、サントは述べた。

 ワシントン条約の代表団は、先日、海産製品のトレーサビリティ措置の改善支援を促す文書を承認した。

 「トレーサビリティは、サメとエイの製品の持続可能で合法的な取引の仕組みを強化する上での鍵となるものである。要するに、製品にとトレーサビリティ情報がただし書きで書かれている場合に、その製品が合法で持続可能であるという点について確信があるということだ」と、サントは述べた。

2016年10月04日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

20160315Global transport leaders sign historic declaration.jpg

大手輸送関連企業の代表たちが歴史的な宣言に調印、野生生物の違法取引ルート断絶に立ち上がる

2017年05月31日

2017年5月、海外で日本人が野生生物の密輸容疑で逮捕される事件が2件起こった。いずれも日本へ向けた飛行機に乗り込む前に空港で発覚し、スーツケースの詰め込まれた動物たちは救出された。密猟の現場から需要のある市場への輸送は、野生生物犯罪に不可欠なプロセスである。この違法取引ルートを絶つべく輸送セクターの企業が動きだした。

© Purple Lorikeet / Creative Commons Licence CC BY-SA 2.0

170207.jpg

ユーロポールとトラフィック、環境犯罪と闘うため手を結ぶ

2017年02月02日

トラフィックは、2016年にユーロポール(欧州刑事警察機構)と覚書を結んだ。これは、環境犯罪、特に絶滅のおそれのある動植物の違法取引に対抗する両機関の連携を強化すると共に、情報交換や相互支援を円滑にしていくことを目標としている。2017年2月2日、さらなる協議を目的に、会談をおこなった。

161108report.jpg

ヒレはお金についていく:新たな調査結果、
サメ取引におけるより良いトレーサビリティと全体像把握の必要性

2016年11月18日

新たなトラフィックの報告書によって、東アジアにおけるフカヒレの取引は、どこでどのように利益が得られるかによって急速に変化しており、より良いトレーサビリティと市場の世界的な全体像の把握が必要であることが浮き彫りになった。

関連出版物

17_SBT_Market_in_China.jpg

The Southern Bluefin Tuna Market in China

発行:TRAFFIC Hong Kong【2017年6月】 著者:Joyce Wu【英語】50pp

17_The_Shark_and_Ray_Trade_in_Singapore.jpg

The Shark and Ray Trade in Singapore

発行:TRAFFIC,Malaysia【2017年5月】 著者:Boon Pei Ya【英語】59pp

pagetop