ホーム野生生物ニュース林産物ニュース>【セミナー開催のご案内】野生生物取引と私たちの暮らし
-木材の話-

野生生物ニュース

【セミナー開催のご案内】野生生物取引と私たちの暮らし
-木材の話-

2016年10月27日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
© Deng Jia / WWF

「野生生物取引と私たちの暮らし-木材の話-」セミナー開催のご案内

 わたしたちの暮らしは、多くの動植物の恩恵を受けて成り立っています。木材は、そのなかでももっとも重要な資源といえます。建材、家具、楽器など様々な目的に多くの種が利用されています。特に紅木やローズウッドなど高級木材とされる樹種は過剰な需要のため違法伐採や違法取引が後を絶ちません。

 日本は木材・木材製品の一大輸入国として、野生生物である植物、特に木材種に大きな影響を与えています。

 トラフィックは、先ごろ連携協定を結んだ国際熱帯木材機関(ITTO) 等の国際機関と協力し、木材の違法取引をなくし、森林資源の持続可能な利用がなされるよう調査・提言やトレーニング実施などの活動をしています。

 今回のセミナーでは、トラフィックの木材プログラムのリーダーであるチェン・ヒン・ケオン(CHEN Hin Keong)とプログラムオフィサーの白石が、木材を巡る世界の動き、違法伐採の現状や終わったばかりのワシントン条約締約国会議の結果などをお伝えします。

 私たちの生活に欠かせない木材についてきっと新しい発見があるはずです。

 みなさんのご参加をお待ちしております!

内容
©J.Compton/TRAFFIC

世界の木材はどのように取引され、規制されているか?日本との関わりは? 最新の情報をお届けします。
※逐次通訳付き

プログラム(仮)
15:00-15:10 ご挨拶
15:10-16:40 世界の木材はどのように取引、規制されているか?
トラフィック・木材プログラムリーダー チェン・ヒン・ケオン(CHEN Hin Keong)

16:45-17:15  ワシントン条約で保護される木材・植物種 
トラフィック・プログラムオフィサー 白石広美

17:15-17:30 質疑応答

日時 2016年11月12日(土)15:00~17:30(14:30受付開始)

場所

横浜ワールドポーターズ 6階会議室
〒231-0001 横浜市中区新港2-2-1
(みなとみらい線 みなとみらい/馬車道駅より徒歩5分)
TEL:045-222-2400
[地図]  http://www.yim.co.jp/access/index.html

参加費 無料
定員 45名(定員になり次第締切)
主催 トラフィック
後援 国際熱帯木材機関(ITTO)

お申込み

お問合せ

お名前(フリガナ)、ご連絡先(Eメールまたは電話番号)、ご所属、お住いの市区を明記の上、メールまたはFAXにてお申込みください。
 E-mail:TEASjapan@traffic.org  FAX:03-3769-1717

お問い合わせ:トラフィック TEASjapan@traffic.org
スピーカー
チェン・ヒン・ケオン(CHEN Hin Keong) 
トラフィックの木材プログラムリーダーとしてマレーシアを拠点に、違法伐採撲滅や木材取引チェーンの透明化に尽力している。
白石 広美
トラフィック・プログラムオフィサー。日本を拠点に、木材のほか日本に関わりのある野生生物取引の調査・提言活動に従事している

※ ご記入いただいた個人情報は、セミナーの運営管理及びこの取り組みに関するご意見をお伺いする等の問い合わせのためにのみ使用いたします。ご記入は任意ですが、必要な情報の記入がない場合はご連絡やお問合せが出来ないことがございます。個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停止、消去及び第三者提供停止などのお問い合わせは個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel:03-3769-1719)にて承ります。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン 個人情報保護管理者(事務局長) ★上記についてご同意いただいた上で個人情報をご記入ください。

※ワシントン条約:正式名称「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」
※国際熱帯木材機関(ITTO):熱帯林資源の保全や熱帯樹種のワシントン条約施行改善に長年取り組んでいる国際機関

WWFジャパンのウェブサイトでもご案内しています → http://www.wwf.or.jp/join/action/event/2016/11/post_246.html


【木材関連記事】

木材に対するワシントン条約での確固たる支援

http://www.trafficj.org/press/forestry/n161003news.html

Goho-wood:日本における木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明制度の運用と課題

http://www.trafficj.org/press/forestry/j151221news.html

講座案内のチラシ →  

2016年10月27日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

161028Ground-pangolin.jpg

アフリカのセンザンコウの需要急増(CITES取引データが明らかに)

2016年11月10日

センザンコウの肉は食用、皮は皮革製品、そしてウロコは伝統薬の原料として特にアジアで多く利用され、今、世界で一番密猟されている哺乳類とも言われる。先月開催されたワシントン条約の締約国会議において、8種全種が附属書 I に掲載されることが決まった。日本は、その利用に大きく影響を及ぼしてはいないが、国際的に展開する違法取引撲滅の取り組みにどのように貢献できるか、考えていきたい。

© Wendy Panaino

161003ITTO.jpg

ITTOとトラフィック、覚書に調印

2016年10月26日

国際熱帯木材機関(ITTO)は、熱帯林資源の保全や持続的管理・利用等を促進することを目的に1986年に設立された、日本国内に本部を置く唯一の国連条約機関である。ITTOの加盟国は、世界の熱帯森林面積の約 80%、世界の熱帯木材貿易の90%を占めている。このITTOとトラフィックは、先ごろ活動協力の覚書を締結した。

©TRAFFIC

161004CoP17.jpg

【CITES-CoP17】閉幕:野生の動植物保全における多くの進捗、懸念される違法取引の増大
-更なる取り組みの必要性

2016年10月05日

第17回ワシントン条約締約国会議が、10月4日に終了した。野生動植物の取引規制に関する各国間の2週間に亘る協議では、国際社会が協調して、違法取引の根絶と持続可能な利用を確かなものにするための大きな前進があった。多岐に亘る野生生物に関する課題に重要な前進が見られ、数々の新しい決議が採択された。

©TRAFFIC

161002Dalbergia.jpg

【CITES-CoP17】木材に対するワシントン条約での確固たる支援

2016年10月03日

第17回締約国会議は、中央アフリカのブビンガ属 Guibourtia 3種と西アフリカのプテロカルプス・エリナケウス Pterocarpus erinaceus とともに、ツルサイカチ属 Dalbergia 全体を附属書Ⅱに掲載することを決定した。

© Forest and Kim Starr / Creative Commons Licence CC BY 2.0

関連出版物

15_Goho-wood.jpg

Goho-wood:日本における木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明制度の運用と課題

発行:トラフィック イーストアジア ジャパン【2015年12月】 著者:白石広美【日本語】33pp

15_traceability system in the CITES context.jpg

Traceability System in the CITES Context: A review of experiences, best practices and lessons leaned for the traceabiliry of commodities of CITES-listed shark species

発行:TRAFFIC for the CITES Secretariat【2015年12月】 著者:Victoria Mundy, Glenn Sant【英語】90pp

pagetop