ホーム野生生物ニュースその他ニュース>【講座開催のご案内】東アジアにおける野生生物取引の実態

野生生物ニュース

【講座開催のご案内】東アジアにおける野生生物取引の実態

2015年11月20日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

「東アジアにおける野生生物取引の実態」講座開催のご案内

©Martin Harvey/WWF-Canon

 わたしたちの暮らしは、多くの動植物の恩恵を受けて成り立っています。野生生物の利用目的は様々ですが、中には、その需要を満たすために密猟・密輸といった犯罪行為がおこなわれることもあり、野生生物の存続だけではなく、地域住民の安全までも脅かす深刻な問題となっています。

 違法な野生生物取引は、世界で年間190億ドル(約2兆円)に届く規模と推定され、ドラッグや人身売買などに並ぶ五大違法取引のひとつとされています。特に、ここ数年のゾウやサイの密猟・密輸件数は過去最悪とも言われ、世界レベルでの対策が進んでいます。「野生生物犯罪」は、国際問題として国際会議の議題としても取り上げられるようになっています。

 日本は、野生生物の一大消費国として、世界の生物多様性の保全に対して影響力を持ち、大きな責任を負っています。

 今回の講座では、野生生物取引に関する世界の動向と、東アジアの実態を中心に解説いたします。トラフィックの東アジア地域を統括しているヤニック・キュール(Yannick Kuehl)より最新の情報を提供いたします。

 今、野生生物の身に何が起こっているのか、日本の果たすべき役割とは。わたしたちひとりひとりの理解が非常に重要です。

 みなさんのご参加をお待ちしております!

内容 野生生物犯罪とは。ゾウ、サイの問題から、ペット取引など世界の動向と、アジアの状況を解説。また、野生生物犯罪に関する世界とトラフィックの取り組みを紹介。
日時 2015年12月2日(水)17:30~19:30(17:00受付開始)
場所

港区立エコプラザ

〒105-0013 港区浜松町1-13-1

(JR浜松町/大江戸線大門駅より徒歩5分)

[地図]  http://minato-ecoplaza.net/facility/access

参加費 無料
定員 50名(定員になり次第締切)
主催 トラフィック イーストアジア ジャパン、港区立エコプラザ

お申込み

お問い合わせ

お名前(フリガナ)、ご連絡先(Eメールまたは電話番号)、ご所属を明記の上、メールまたはFAXにてお申込みください。

   E-mail:TEASjapan@traffic.org FAX:03-3769-1717

お問い合わせ:トラフィック イーストアジア ジャパン TEASjapan@traffic.org

講師:ヤニック・キュール(Yannick Kuehl)

中国北部平原地帯の資源の持続可能な利 用に関する研究によって、ホーエンハイム大学および中国農業大学の農業経済学博士の学位を取得。大学の研究職やドイツ国際協力公社プロジェクトの専門家を務めたのち、2014年1月よりトラフィッ クの地域ダイレクターとして香港に拠点を置き、中国・日本・台湾・香港・インド・ネパールの活動を統括している。

※ ご記入いただいた個人情報は、講座の運営管理及びこの取り組みに関するご意見をお伺いする等の問い合わせのためにのみ使用いたします。ご記入は 任意ですが、必要な情報の記入がない場合はご連絡やお問合せが出来ないことがございます。個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停 止、消去及び第三者提供停止など のお問い合わせは個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel:03-3769-1719)にて承ります。 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン 個人情報保護管理者(事務局長) ★上記についてご同意いただいた上で個人情報をご記入ください。

講座案内のチラシ →  

2015年11月20日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170313_Africa_Twix_2.jpg

中央アフリカ、違法な野生生物取引と闘う協力体制を強化(AFRICA-TWIX)

2017年05月12日

2017年4月コンゴ共和国のキンテレ(Kintélé)で、中央アフリカ諸国間の野生生物取引に係わる情報交換プラットフォーム「AFRICA-TWIX」のワークショップが開かれ、法執行官や国際NGOの代表50名以上が参加した。2日間のワークショップではトラフィックも講演を行い、野生生物の違法取引と闘うためには国境を超えた協力関係を確保することが重要であることを示した。
このワークショップ開催事前の3月には、施行1年目を迎えたAFRICA-TWIXの運用を評価する会議が開催されており、中央アフリカの法執行当局間の協力促進に大きな進展があることが示され、資金提供や参加国の追加などが確認された。

©TRAFFIC

20170406ⅰ.Experts agree to enhanced international DNA testing.jpg

専門家、サイの国際的なDNA検査を強化することに合意(南アフリカ共和国)

2017年04月06日

2017年4月5日、南アフリカ共和国の裁判所が、犀角(サイの角)の国内取引が可能となる判断を下した。2015年以来、裁判所に異議を申し立てていた政府の訴えが最終的に却下されたことにより、2009年以来設置されていた国内取引のモラトリアムが無効となった。今後、南アフリカ国内での犀角の取引が可能となるため、更なる注力が必要となる。トラフィックでは、調査や科学捜査へのサポートを継続していく。

© Dr Cindy Harper

170227Black-rhinos-Martin-Harvey-WWF-Canon-820.jpg

南アフリカ、サイ密猟数二年連続で減るも危機的状況は続く

2017年03月01日

南アフリカは、2016年に国内で違法に殺されたサイの個体数が1,054頭であったとの公式データを発表した。2014年には1,215頭、翌年には1,175頭に減少を見せ、そこからさらに若干減少したことを意味しているが、依然としてその数は許容できないほど高い。

© Martin Harvey / WWF-Canon

170209.jpg

レンジャーの命を守る新たな訓練ガイドライン

2017年02月09日

このたび、専門家チームによるレンジャーのための訓練ガイドライン一式が作成され、これを国際レンジャー連盟(The International Ranger Federation)、国際トラフォーラム(The Global Tiger Forum)、Thin Green Line Foundation、PAMS Foundation、WWFらが世界的に展開する。トラフィックもこれに提携する形で貢献している。

© Rohit Singh / WWF

関連出版物

1706traffic-rhodis-report-10_Feb_17-1.jpg

RhODIS® (Rhino DNA Index System): Collaborative Action Planning Workshop Proceedings

発行:TRAFFIC【2017年2月13日】 著者:Ross McEwing, Nick Ahlers【英語】30pp

161128_Apes_in_Demand-1.jpg

Apes in Demand:For Zoo and Wildlife Attractions in Peninsular Malaysia and Thailand

発行:TRAFFIC, Malaysia【2016年11月】 著者:Claire A. Beastall, Jamie Bouhuys and Anna Ezekiel【英語】43pp

pagetop