ホーム野生生物ニュース違法事例・法執行ニュース>タイで1.4 t の象牙が押収

野生生物ニュース

タイで1.4 t の象牙が押収

2010年05月12日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
100422ivory-seizure-c-Royal-Thai-Customs.jpgスワンナプーム空港で押収された296本の象牙を職員が検査している様子© Royal Thai Customs

【タイ、バンコク発 2010年4月22日】

4月17日にバンコクのスワンナプーム国際空港で税関職員が約1.4 t の象牙を押収したと、タイ当局が21日に公表した。

 内部情報に従って、税関職員が296本、重さにすると合わせて1,390kgのアフリカゾウの象牙を発見した。これらは、カタールからの航空便に載せられた3つの木箱に入っていた。貨物は「printing metal」とラベル付けされ、バンコクに拠点を置くタイの企業へ向けたものだった。

 これは、アフリカから中東を経由して違法に輸送された象牙とタイに関連した一連の大規模な象牙の押収事件の中でももっとも新しい事件である。2月にはスワンナプーム空港の税関職員が推定2 t になる239本のアフリカゾウの牙を押収し、タイでの史上最大の押収事件として報告があった。この象牙はナイロビでエミレーツ航空機によって運ばれドバイに到着し、見たところラオス行きだったようだ。それに先立ち、2009年8月にも、空港の職員が、ウガンダやケニアから来た積荷の中から重さ2 t になる象牙316個を押収したことが報告されている。

 「またひとつの象牙の大規模な違法積荷の発見は、タイの法執行官たちの熱心な法執行活動や警戒がおこなわれている証明であるとともに、タイが違法な象牙取引の中心地としての役割を担っていることを示唆している」とトラフィックサウスイーストアジアの William Schaedla博士は言う。

 トラフィックがワシントン条約締約国の代わりに情報のとりまとめをおこなっているゾウ取引情報システム(ETIS)の最新の報告が2009年11月に発表された。その報告書では、ナイジェリアやコンゴ民主共和国とともに、タイを違法な象牙取引にもっとも関与が深い3ヵ国のうちのひとつとして特定し、アジアの中ではもっとも懸念される国としてあげた。

 近年タイの当局は違法な象牙取引を制圧するために行動を起こしている。昨年の8月には、タイ政府は、象牙の取引業者に対して彼らの在庫の一覧をきちんと更新し、当局が必要とする際にこの一覧が利用できるようにすることを義務づける法案を提出した。

 政府はまた、Wildlife Animal Reservation and Protection Act (WARPA 1992)の見直しをおこなっている。この法律は飼い慣らされたゾウから入手された象牙を合法化し、その結果、取引に流れる違法な象牙がロンダリングされる抜け穴を作っている。この法律の欠陥はトラフィックの近年のレポート『The Elephant and Ivory Trade in Thailand』でも強調されている。このレポートは、2006年と2007年に実施された象牙の市場調査の結果をまとめている。タイ政府はまた、「Elephant Act(ゾウ法)」を起草する段階に入っており、この新しい法案は、改正されたWARPAとぴたりと適合し、今回限りで現存のすべての抜け穴をふさぐよう意図されている。

 「タイ政府は、象牙の違法取引に取り組む姿勢をはっきりと示している。しかしいまだ国内法に存在している抜け穴や、タイがいまだ大規模で違法な象牙の積荷の目的地である。満足のいく対策が実施される以前に、まだやることがある」とSchaedlaは言う。

 3月にタイの自然資源・環境相(Minster of Natural Resources and Environment) のH.E. Mr Suwit Khunkittiは、スワンナープーム空港を通る乗客をターゲットに「Buy Ivory, buy trouble(象牙を買うことはトラブルと買うこと)」キャンペーンを始め、特に観光客が象牙製品を購入して国境を越えることで象牙の違法取引に油を注ぐことがないよう呼びかけている。

2010年05月12日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
関連キーワード ETIS タイ 象牙 違法取引

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

17_Briefing_CHI-World_Rhino_Day.jpg

Chi Initiative BRIEFING PAPER World Rhino Day 2017

発行:Chi Initiative【2017年9月】 著者:TRAFFIC【英語】24pp

pagetop