ホーム野生生物ニュース違法事例・法執行ニュース>米国 新たな象牙取引規制を発表

野生生物ニュース

米国 新たな象牙取引規制を発表

2016年06月03日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
© TRAFFIC

【米国、ワシントンDC発 2016年6月3日】

 象牙の国内取引における新たな規制が、米国魚類野生生物局(USFWS)により確定された。規制は、国内の象牙取引において「ほぼ全面禁止」を実施するために、象牙の商業取引の特定の分野への禁止事項を追加する。

 厳格な基準を満たした楽器などいくつかの限定的な例外があるが、全ての商業目的の輸出、州間の販売は、100年以上前の骨董品であると証明されたものに限って許可されることとなる。また、販売については州内であっても、1990年に施行されたワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保全に関する条約:CITES)の象牙取引禁止措置以前のものと、売り手が証明できるものに限って許可される。すでに象牙の商業目的の輸入と未加工象牙の取引を禁止する規制については施行されている。

 ワシントン条約は、象牙の輸出入を統制する厳格な法を持つことになっている180カ国以上の国家間の合意である。

 本対策は、直接的な違法輸入の証拠なしに法執行が難しいため、象牙製品の国内販売において法的強制力がないと見なされていた現在の米国国内法を強化することを目指している。

 こうした最近の動向は、ゾウやその他の象徴的な動物の継続的な密猟を防止し、国際的な野生生物犯罪に対処するための、米国政府の決意の表れである。

 象牙の世界的な闇市場を潤すために毎年3万頭ものアフリカゾウが、アフリカ全土で捕殺されている。

 「これらの強固な新しい法を導入することによって、米国政府は野生生物犯罪に対処するために国際的な取り組みの最前線に立ち、ゾウの保護を支援することへの確固たるリーダーシップや誓約、そして決意を明確に示している」と、トラフィックの野生生物犯罪シニアダイレクターで、米国野生生物違法取引諮問委員会(US Advisory Council on Wildlife Trafficking)のメンバーであるクロフォード・アラン(Crawford Allan)は述べた。

 新しい規則は、北京での持続可能な経済における米中対話の直前に発表された。2015年米中は、両国の国内市場における「ほぼ全面禁止」に同意し、象牙取引に対処する上で緊密に協力することに合意した。

※最終的な規則は象牙のほとんどの商取引を禁止しているが、楽器、家具の一部、銃器など、既に製造されたもので象牙の使用量は200g未満であり、他の厳格な基準を満たすものについて限定した個別の例外を設けている。他にも米国の絶滅危惧種保護法(ESA)で定義される骨董品も、法令の禁止を免除される。この規則は、アフリカゾウの象牙に限定されており、セイウチやクジラ、マンモスのような他の種由来の牙を規制するものではない。

2016年06月03日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
関連キーワード ゾウ 法執行 法律 米国 象牙

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

17_Briefing_CHI-World_Rhino_Day.jpg

Chi Initiative BRIEFING PAPER World Rhino Day 2017

発行:Chi Initiative【2017年9月】 著者:TRAFFIC【英語】24pp

pagetop