ホーム野生生物ニュース違法事例・法執行ニュース>トラフィックとアリババグループ、覚書に調印:
オンラインでの違法な野生生物取引の削減に向け協力

野生生物ニュース

トラフィックとアリババグループ、覚書に調印:
オンラインでの違法な野生生物取引の削減に向け協力

2014年11月13日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
アリババグループのインターネット・セキュリティ部門の責任者
Yu Weimin氏とトラフィック事務局長スティーブン・ブロード

【中国 杭州発 2014年10月14日】

 野生生物の取引監視ネットワークであるトラフィックとアリババグループは、世界中で野生の動植物を深刻な脅威にさらしている違法な野生生物取引に対して、協力して立ち向かうことを示した覚書に調印した。

 10月14日、中国杭州にあるアリババグループの社内において、両者は違法な野生生物の取引の削減に向けて協働で取り組む主旨の覚書に調印した。この中で、オンライン上での違法な野生生物製品の掲載および販売に対し、いかなる違反も許さないことを誓い、連携して消費者への教育をおこなっていくことを表明した。

 違法な野生生物製品の需要の拡大は、多くの種に甚大な被害を与えている。トラフィックの統計によると、野生に生存するトラはわずか3,200頭程と推定され、個体数は1900年代からほぼ97%減少している。また、2013年に南アフリカ共和国で1,000頭以上ものサイが角を目的とした密猟の被害に遭うなど、違法なサイの角の取引は現在、1990年代以降で最悪のレベルに達しているという分析結果も出ている。象牙の違法取引においては、1998年から2011年の間で300%近くも拡大している。

 「アリババグループはこれまでも、そしてこれからもオンライン上での違法な野生生物取引の撲滅に向けた努力をするとともに、トラフィックとこのような非常に重要な協力関係を結ぶことができたことを喜ばしく思います。また、絶滅のおそれのある種を守るべく、革新的な対処法を協力して模索できる企業・団体との提携も歓迎します。社員、顧客および同業他社に対しても、絶滅のおそれのある種の製品需要を減らす努力をし、持続可能な発展につながる社会的責任のある方策を積極的に選択するように呼びかけていきます」と、アリババグループのインターネット・セキュリティ部門の責任者 Yu Weimin氏は述べた。

 「この先もしも、トラやサイ、ゾウといった世界の人を惹きつけて止まない野生生物を絶滅から守ることに成功するつもりならば、オンライン市場での違法な野生生物製品の需要を減らすこと、つまり、こうした違法製品の"供給を根絶やしにする"ための行動を各々が実行に移すことが必要不可欠である。今日、アリババグループをパートナーとして迎えたことを嬉しく思い、彼らが示した手本は必ずや前向きな行動の変化をもたらすものと確信している」と、トラフィックの事務局長スティーブン・ブロードは言う。

 覚書に従って、両者はオンラインの監視と情報共有を実施し、電子商取引(eコマース)市場に流通する違法な野生生物製品の削減に向けた有効な手段の構築に努めてゆく。

 トラフィックは、アリババグループのスタッフに研修や技術的なサポートを提供し、オンライン上で販売される違法な野生生物製品を特定できる能力開発のための支援をおこなっていく。また、創造的なメッセージを開発し、インターネット広告、アプリやソーシャルメディアといったツールを通して展開することで、購入者側と販売者側双方に野生生物の部位・製品の違法取引の排斥を訴えてゆく予定だ。


アリババグループ:
アリババグループは、どこにいても簡単にビジネスがおこなえるようにすることをミッションとし、取扱高(GMV)において、世界最大のオンライン/モバイル商取引企業である。1999年に設立され、インターネットの基本的技術基盤やインターネットの力を駆使したマーケティング・リーチをビジネスに提供し、オンライン上での影響力の確立と多くの消費者・企業とを結ぶ商取引を可能にしている。

・淘宝網(タオバオマーケットプレイス www.taobao.com)中国最大級のオンライン・ショッピングサイト
・天猫(ティエンマオ www.tmall.com)中国最大級のブランドと小売業のオンライン取引プラットフォーム
・聚划算(ジュファサン www.juhuasuan.com)中国で最も人気のある共同購入サイト
・AliExpress(アリエクスプレス www.aliexpress.com)消費者が直接中国から商品を購入できるグローバル・オンラインサイト
・Alibaba.com(アリババドットコム www.alibaba.com)中国最大級の小口の卸売サイト
・阿里巴巴(1688ドットコム www.1688.com)中国国内での主要卸売サイト
・阿里云(Aliyun.com アリババクラウドコンピューティング www.aliyun.com)起業家や企業にクラウドコンピューティングサービスを提供

 Alipay (アリペイ www.alipay.com)を利用することにより、サイト上でエスクロー決済がおこなえるサービスも提供している。系列会社(アリババ所有割合:48%)のチャイナ・スマート・ロジスティクス(China Smart Logistics)を通して、アリババグループは中国国内で宅配関連企業のネットワークをつなぐロジスティクス情報システム(LIS:在庫や輸配送など統括して管理するシステム)も運営している。


【関連記事】
電子商取引企業がオンライン上の違法な野生生物取引に対していかなる違反もゆるさないと宣言

2014年11月13日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

20170715c.jpg

香港で史上最大級7.2tの密輸象牙を押収

2017年07月18日

2017年7月4日、香港税関は葵涌(クワイチョン)でコンテナに隠された7.2tの密輸象牙を押収した。年に2万頭を超えるアフリカゾウが密猟されている中で起きた今回の摘発は、過去30年で最大級の規模と見られており、象牙の違法取引をめぐる国際的な組織犯罪の深刻さを物語っている。こうした一連の野生生物の違法取引に問題に対し、各国政府は今、強く連携した取り組みを進めようとしている。合法的な象牙の国内市場を持つ日本にも、この流れに参加する積極的な姿勢と取り組みが強く求められている。

©Keiko Tsunoda

170710_elephant.jpg

楽天がオンライン店舗での象牙製品販売を停止

2017年07月10日

楽天株式会社が楽天市場での象牙製品の販売行為を今後認めないことが明らかになった。現在、日本国内で合法的に販売されている象牙製品は、近年のアフリカゾウの密猟とは因果関係がないとされている。しかし、トラフィックの新たな調査でも、急成長を続けるeコマースを通じた象牙取引については、法律の整備が追いつかず、対応しきれない状況が続いていることが明らかになっており、トラフィックとWWFジャパンも厳しい措置を求めていた。日本のe-コマース企業の判断としては、大規模な今回の楽天の決定が、他企業にもより厳しい対応を迫るものとなることが期待される。

©Steve Morello / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

17_Briefing_CHI-World_Rhino_Day.jpg

Chi Initiative BRIEFING PAPER World Rhino Day 2017

発行:Chi Initiative【2017年9月】 著者:TRAFFIC【英語】24pp

pagetop