ホーム野生生物ニュース違法事例・法執行ニュース>ベトナム:トラやヒョウなど大型ネコ類の違法取引に環境警察が爪を立てる

野生生物ニュース

ベトナム:トラやヒョウなど大型ネコ類の違法取引に環境警察が爪を立てる

2010年07月06日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
100630frozentiger_EnvironmentalPolice.jpg 2009年7月にハノイの環境警察によって押収された冷凍されたトラ。最近の押収事件は違法取引が依然として続いていることを示唆している。
© Tran Quang Cuong / Hanoi Environmental Police

【ベトナム、ハノイ 2010年6月30日】
ベトナムの環境警察が、ベトナムの中央に位置するゲアン省で冷凍されたトラ2頭とヒョウ1頭を押収した。

 これらは、先週初めジエンチャウ地区の53歳の男性の家からトラのものだと疑われる骨5kgとともに押収された。容疑者は逮捕された。

 この押収は、最近設立された環境警察を含む法執行当局間の協力体制によって実現した。

 トラフィックは、ベトナムの野生生物法の執行に対する努力を称賛する。「環境警察は、トラのような保護種の違法取引を差し止めることへ献身的に取り組んでいる姿勢を、改めて示した」とトラフィックのグレーター・メコン・プログラムのコーディネーターであるトーマス・オズボーンは言う。

 ベトナムや国際法の下、トラやヒョウは保護されているにもかかわらず、密猟され、肉やみやげ物、伝統薬や虎骨酒を作るための骨めあてに、ベトナムをはじめ東南アジアで取引されている。

 今年の3月には、ラオバオ国境(Lao Bao Border) の護衛警官がトラの体(95 kg)と黒色のヒョウ(27 kg)を押収した。これらはベトナムで売るために国境を越えて運ばれるところだった。

 ベトナムに生息する野生のトラはわずか30頭程度であると推定されている。「もし、ベトナム国内に残存するトラや脅かされているその他の種を守りたいと考えるのであれば、これまでよりさらに当局による警戒を強化し、現行の野生生物法をサポートし、普及促進するため政府による精力的な取り組みが必要である」とオズボーンは言う。

 トラは、特に寅年であるいま、絶滅の寸前にある種として世界的な象徴となっている。世界的に推定わずか3,200頭が残存しているのみで、野生のトラは10年の間にいなくなってしまうであろうという危機的状況にある。

 トラは、中国の太陰暦の寅年にあたる今年、特に注目を浴びている。トラフィック、WWFやその他団体は今年、次の寅年である2022年までにトラの個体数を倍にするための政治的関与を確保するべく活動を続けている。

 

■詳細に関するお問い合わせ
Sarah Morgan, Communications Officer, TRAFFIC Greater Mekong Programme Tel. +84 4 3726 1575 Ext 204, E-mail: smorgan@traffic.netnam.vn

→トラの特集サイト『絶滅のおそれのあるトラを救おう』
2010年07月06日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

160603Ivory-Malaysia.jpg

米国 新たな象牙取引規制を発表

2016年06月03日

象牙の国内取引における新たな規制が、米国魚類野生生物局(USFWS)により確定された。規制は、国内の象牙取引において「ほぼ全面禁止」を実施するために、象牙の商業取引の特定の分野への禁止事項を追加する。

© TRAFFIC

160425SettingSuns.jpg

日本の犀角と象牙の市場縮小に関する考察 報告書発表―その歴史と課題

2016年04月25日

トラフィックは、日本における犀角と象牙の市場縮小に寄与した要因を探り出すため、日本の野生生物取引の歴史に光を当てた新たな報告書を発表した。

150620India-dogs.jpg

インド、野生生物保護のための探知犬を倍増

2016年04月14日

インド、ボパールで、野生生物犯罪抑止のスキルを身につけた14頭の探知犬の卒業パレードがおこなわれた。インド国内の野生生物探知犬の頭数は倍となった。探知犬は、トラやヒョウの骨・皮や熊胆などの野生生物製品を嗅ぎ分ける訓練がされており、現地に配属されたあとは他の野生生物の密輸の捜査もおこなう。

© Shaleen Attre / TRAFFIC

151231pangolin1.jpg

違法なセンザンコウ取引 ミャンマーで急増

2016年02月20日

センザンコウの生体、肉、うろこの違法取引がミャンマーのモンラで急増していることが、トラフィック共著の調査報告書によって示された。報告書は、モンラがセンザンコウの主要取引拠点であることも明らかにしている。

関連出版物

16_Trading_Faces.jpg

Trading Faces: A Rapid Assessment on the use of Facebook to Trade Wildlife in Peninsular Malaysia

発行:TRAFFIC, Malaysia【2016年3月】 著者:Kanitha Krishnasamy, Sarah Stoner【英語】44pp

16_Humphead-Wrasse_trade_into_HongKong.jpg

Humphead (Napoleon) Wrasse Cheilinus undulatus into and through Hong Kong

発行:TRAFFIC, Hong Kong, SAR.【2016年1月】 著者:Joyce Wu, Yvonne Sadony de Mitcheson【英語】44pp

pagetop