ホーム野生生物ニュース違法事例・法執行ニュース>クモノスガメの不正取引で大阪のペット店経営者逮捕

野生生物ニュース

クモノスガメの不正取引で大阪のペット店経営者逮捕

2011年08月03日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
110803pyxisarachnoides_5795.jpg クモノスガメ ©WWF-Canon / Urs Woy

 2011年7月21日に、クモノスガメPyxis arachnoidesを不正に取引したとして大阪のペットショップ「サウリア」の経営者が大阪府警生活環境課等によって逮捕された。

 この容疑者は、2009年1月から5月にかけて、「絶滅のおそれのある野生の動植物の種の保存に関する法律」(以下、「種の保存法」)で必要とされる登録票を伴わずにクモノスガメ (ワシントン条約附属書 I )5頭を、京都府、福岡県、広島県、大阪府の4人に1頭20万~30万円で販売した疑いがもたれている。クモノスガメは、2004年にワシントン条約の附属書Iに掲載されたのを受け、2005年に「種の保存法」によって国内取引が原則禁止された。今回、禁止前に取得した個体に対して発行された登録票が、その個体が死亡するなどした後に手元に残り、それが不正に使用されたという。府警はこのクモノスガメは密輸された個体である可能性もあるとして、仕入れルートを調べている。容疑者は「登録票さえあれば、ばれないと思った」「違法と分かっていた」などと供述している。

 府警によれば、容疑者は店頭およびインターネットで販売をおこなっていたという。2011年6月30日にはクモノスガメ2頭を店頭で展示したとして、同法の陳列の禁止に違反で現行犯逮捕されていた。

(時事通信、2011年7月21日http://www.jiji.com/jc/zc?key=%b4%f5%be%af%a5%ab%a5%e1&k=201107/2011072100798;産経新聞、7月21日http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110721/crm11072119570021-n1.htm;毎日新聞、7月22日http://mainichi.jp/photo/news/20110722k0000e040011000c.html、読売新聞、7月22日http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110722-OYO1T00202.htm)*

 外国産の野生生物の不正な利用は、他国の自然、生物多様性を損なうことにつながる。さらには、種の絶滅を加速させる要因となることで、生態系、そして将来の人間の生活にとって悪い影響を及ぼす可能性がある。にもかかわらず、「種の保存法」の違反については、最高でも懲役1年罰金100万円以下であり、現在の罰則はこの問題が社会的に重要視されていないことを示している。附属書 I 掲載種の爬虫類の取引は大きな利益を生む場合があり、この罰則では抑止力としての効果が期待できないとトラフィックは考えている。また、違法取引が繰り返しおこなわれることのないよう、野生生物を扱う事業の営業を適切に管理する法的仕組みをより整備することも必要である。今回のようなケースが起きないよう、個体登録方法やトレーサビリティの厳格化を含め、今後もトラフィックは「種の保存法」や関連する法律の改正を訴えていく。

* このニュースの記事は、日本が関係する野生生物取引に関する事件が国内外で起きていることについてお知らせしているものです。事件の内容については外部の情報源からとりあげており、トラフィックはその内容の確実性、また情報源のページへのアクセスの継続性については責任を負わないことをご了承ください。
2011年08月03日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

17_Briefing_CHI-World_Rhino_Day.jpg

Chi Initiative BRIEFING PAPER World Rhino Day 2017

発行:Chi Initiative【2017年9月】 著者:TRAFFIC【英語】24pp

pagetop