ホーム野生生物ニュース林産物ニュース>ITTOとトラフィック、覚書に調印

野生生物ニュース

ITTOとトラフィック、覚書に調印

2016年10月26日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
2つの機関の覚書調印時のトラフィックのSteven Broad(左)
ITTOのSteven Johnson(右)<br> ©TRAFFIC

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年10月】

 ITTO(国際熱帯木材機関)とトラフィックは、熱帯林資源の保全、持続的な管理および利用の分野、並びに違法な野生生物取引と森林に関連するその他の犯罪との闘いにおいて、共通する目的を追求するために、覚書に調印した。

 覚書は、南アフリカのヨハネスブルグで開催された「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の第17回締約国会議の間に、ITTOの担当役員であるSteven Johnson氏とトラフィックの事務局長であるスティーブン・ブロード(Steven Broad)の間で締結された。第17回締約国会議では、木材に関連する多数の提案や作業文書が議論、交渉された。

 ITTOは、ワシントン条約やその他の機関とのパートナーシップを通し、木材取引が持続可能であり、持続可能な形で管理された森林から由来するものであることを徹底する上で、重要な役割を担っている。Johnson氏は「トラフィックとの覚書は、取引の持続可能性と森林管理を妨げる森林犯罪や野生生物犯罪へのITTOの取り組みに新たな次元をもたらすものである」と、述べた。

 ITTOは1983年国際熱帯木材協定(ITTA)に基づいて設立され、その後、1994年ITTAと2006年ITTAに基づいて運営されている政府間機関である。持続可能な形で管理され、合法的に伐採された森林に由来する熱帯木材の国際取引の拡大および多様化を推進している。

 トラフィックは、生物多様性の保全および持続可能な発展における野生動植物の取引に関し、世界的に活動を行っている非政府機関である。

 覚書は、ITTOとトラフィックの共通する目的の達成に向け、両者の協力体制を正式のものとし、集約し、さらなる強化を目指したものである。

 「木材は、圧倒的に、世界的に最も価値のある野生由来の商品である。トラフィックとITTOは、覚書を通し、この価値ある自然資源の保全と持続的な利用における協力を強化するよう努める」と、トラフィックの事務局長であるスティーブン・ブロード(Steven Broad)は述べた。

2016年10月26日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

161112event.jpg

【セミナー開催のご案内】野生生物取引と私たちの暮らし
-木材の話-

2016年10月27日

トラフィックは、11月12日(土)横浜にて、木材に関するセミナーを開催する。世界と日本の木材取引の動向、また各国の規制内容など、先ごろ開催された第17回ワシントン条約締約国会議の結果も踏まえた木材を巡る最新の情報をお届けする。

© Deng Jia / WWF

161004CoP17.jpg

【CITES-CoP17】閉幕:野生の動植物保全における多くの進捗、懸念される違法取引の増大
-更なる取り組みの必要性

2016年10月05日

第17回ワシントン条約締約国会議が、10月4日に終了した。野生動植物の取引規制に関する各国間の2週間に亘る協議では、国際社会が協調して、違法取引の根絶と持続可能な利用を確かなものにするための大きな前進があった。多岐に亘る野生生物に関する課題に重要な前進が見られ、数々の新しい決議が採択された。

©TRAFFIC

161002Dalbergia.jpg

【CITES-CoP17】木材に対するワシントン条約での確固たる支援

2016年10月03日

第17回締約国会議は、中央アフリカのブビンガ属 Guibourtia 3種と西アフリカのプテロカルプス・エリナケウス Pterocarpus erinaceus とともに、ツルサイカチ属 Dalbergia 全体を附属書Ⅱに掲載することを決定した。

© Forest and Kim Starr / Creative Commons Licence CC BY 2.0

161002CoP17.jpg

【CITES-CoP17】ワシントン条約締約国会議:一週目のハイライト

2016年10月02日

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約:CITES)」の第17回締約国会議の一週目が終わり、数多くの重要な課題について顕著な進捗がみられた。多くの決定について合意がなされたものの、締約国会議の最後に開かれる全体会合(プレナリー)での正式な採択を待つ必要がある。

©TRAFFIC

関連出版物

15_Goho-wood.jpg

Goho-wood:日本における木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明制度の運用と課題

発行:トラフィック イーストアジア ジャパン【2015年12月】 著者:白石広美【日本語】33pp

15_traceability system in the CITES context.jpg

Traceability System in the CITES Context: A review of experiences, best practices and lessons leaned for the traceabiliry of commodities of CITES-listed shark species

発行:TRAFFIC for the CITES Secretariat【2015年12月】 著者:Victoria Mundy, Glenn Sant【英語】90pp

pagetop