ホーム野生生物ニュース水産物ニュース>ニホンウナギを含めたウナギの資源管理が急務に

野生生物ニュース

ニホンウナギを含めたウナギの資源管理が急務に

2014年06月18日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 

写真上:ヨーロッパウナギの稚魚
©Richard Thomas / TRAFFIC

 6月12日に改訂されたIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストにニホンウナギ Anguilla japonica が絶滅危惧種(EN)として掲載された。以前より近接絶滅種(CR)として掲載されていたヨーロッパウナギ Anguilla anguilla の評価は変わらず、近年、東アジアで養殖が盛んになっている Anguilla bicolor (一般的に、ビカーラ種と呼ばれる)については、低危険種(LC)から近危急種(NT)となり、絶滅リスクが高まったと判断された。世界に19の種・亜種が存在するといわれるウナギの資源状況が明らかになってきている。

 ウナギ属 Anguilla spp. のうち、これまで主に食用とされてきたヨーロッパウナギ、ニホンウナギ、アメリカウナギ A. rostrata 、オーストラリアウナギ A. australisに加え、近年では、 A. bicolor やオオウナギ A. marmorata も食用とされるようになってきている。ウナギは、世界総生産量の約95%が養殖によるものであり(FAO 2012年)、天然のシラスウナギを種苗として採捕したものを育てることで生産がおこなわれている。

 「ニホン」という名前がついているが、ニホンウナギの生息域は、日本、中国、台湾、韓国などに及ぶ。マリアナ海域で孵化したレプトセファルス(シラスウナギの前段階)は、黒潮などの海流に乗って運ばれ、各国の河口域にたどりつき、河川や沿岸域などにおいて何年もかけて成長し、また産卵場に向けて旅立つのである。

 IUCNのアセスメントにおいては、ニホンウナギが減少した要因として、過剰漁獲のほか、海洋環境の変化(エルニーニョ、台風、地球温暖化など)やダム等の河川構造物の設置、水質汚染などが挙げられている。ニホンウナギの個体数の減少は日本だけの問題にとどまらず、また、ウナギの生態にはまだ分かっていない点も多い。ニホンウナギの生息国では、連携しながら早急に資源管理を強化する必要がある。

 レッドリストで最も絶滅リスクが高いと判断されているヨーロッパウナギは、唯一ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約:CITES)に掲載され、国際的な規制がなされている種である。2007年にヨーロッパウナギのワシントン条約への掲載が決定された際は、まだIUCNのレッドリストでは評価がなされていなかったが、1980年から2005年までの間に、シラスウナギの採捕量が平均95%から99%も減少したという資源の枯渇が指摘された。さらに、シラスウナギが高値で取引されていること、透明性に欠ける取引の存在、シラスウナギの50%以上が養殖のためにアジアに輸出されていることなどの取引の側面も問題視された。

 ニホンウナギもまた、国際的に取引がなされている種である。ウナギは、日本だけでなく、中国、台湾、韓国にとっても、経済的に貴重な野生生物であり、減少しつつあるウナギの稚魚の確保にどの国も躍起になっているのである。日本では、養殖に使われる稚魚の約半分を輸入に頼っているうえ、活ウナギ、ウナギ加工品としても、日本で消費される量の半分以上を輸入している。

 また、ウナギは密漁や密輸が大きな問題となっている。例えば、2013年度(2012年12月~2013年3月)の日本でのニホンウナギの稚魚採捕量は、各県による報告量を合計した量と池入れ量(国内の養殖場に入れられた量)に大幅なかい離があった。また、A. bicolorなど数種のウナギが生息するフィリピンは、シラスウナギの輸出を2012年に禁止したにも関わらず、日本の貿易統計によると、2013年のフィリピンからのシラスウナギの輸入量は2トンを超えるものとなっている。ウナギの資源管理は必須であるが、資源管理の効果を無効にしかねない密漁、密輸の問題にも、同時に厳格に取り組む必要がある。

 さらに、今後、ニホンウナギの資源管理を強化した場合、また、さらなる個体数の減少が見られた場合、他のウナギの種への漁獲圧力が高まることが懸念される。日本、中国、台湾、韓国など主な養殖国で近年、養殖が始まっている A. bicolor については、主な生息国であるインドネシアとフィリピンがシラスウナギの輸出を禁止していることを踏まえ、養殖国が連携して、 A. bicolor を含む種の自国での養殖の規制を含めた措置を検討すべきである。

 店頭や飲食店で消費されるウナギが持続可能な漁業・養殖によるものであり、また、法律や規則に従って採捕、取引されたシラスウナギを使っているということを明らかにするトレーサビリティの確保も、今後取り組むべき課題である。現在のウナギ製品の表示としては、ニホンウナギでの表示が奨励されているだけであるが、さらなる表示方法の検討が必要である。

 ウナギの問題に対し、日本は、国内のウナギの資源管理体制を強化するとともに、ニホンウナギの漁獲、養殖、消費している中国、台湾、韓国と共同して、資源管理を進める必要がある。また、ウナギの世界第一の消費国として、他のウナギの種に関連しても、ウナギの資源管理体制が不十分と考えられる国や地域のガバナンスの強化を支援していくことが求められる。

 現在、トラフィックでは、フィリピンでのウナギの資源管理に寄与するため、フィリピンからのウナギの国際取引に関する調査を実施している。また、WWFジャパンでは、持続可能なニホンウナギの取扱いについて、流通関係者と意見交換をおこなっていく。


【報道発表資料】
6月18日プレスリリース

【関連記事】
http://www.trafficj.org/press/fisheries/n121026news.html
http://www.trafficj.org/press/fisheries/j110303seminar.html
http://www.trafficj.org/press/fisheries/j20090313news.html

2014年06月18日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

20170715c.jpg

香港で史上最大級7.2tの密輸象牙を押収

2017年07月18日

2017年7月4日、香港税関は葵涌(クワイチョン)でコンテナに隠された7.2tの密輸象牙を押収した。年に2万頭を超えるアフリカゾウが密猟されている中で起きた今回の摘発は、過去30年で最大級の規模と見られており、象牙の違法取引をめぐる国際的な組織犯罪の深刻さを物語っている。こうした一連の野生生物の違法取引に問題に対し、各国政府は今、強く連携した取り組みを進めようとしている。合法的な象牙の国内市場を持つ日本にも、この流れに参加する積極的な姿勢と取り組みが強く求められている。

©Keiko Tsunoda

関連出版物

17_SBT_Market_in_China.jpg

The Southern Bluefin Tuna Market in China

発行:TRAFFIC Hong Kong【2017年6月】 著者:Joyce Wu【英語】50pp

17_The_Shark_and_Ray_Trade_in_Singapore.jpg

The Shark and Ray Trade in Singapore

発行:TRAFFIC,Malaysia【2017年5月】 著者:Boon Pei Ya【英語】59pp

pagetop