ホーム野生生物ニュースワシントン条約・法律ニュース>中国 ワシントン条約施行のためのサイドイベント開催

野生生物ニュース

中国 ワシントン条約施行のためのサイドイベント開催

2016年09月26日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
トラフィックの事務局長スティーブン・ブロードが
サイドイベント開始のスピーチを行った

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年9月26日】

 「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の第17回締約国会議が始まり、中国代表団は、条約の施行のために中国で実施した最近の取り組みを紹介するための展示を公開した。

 ワシントン条約締約国会議のサイドイベントの中で、国家林業局(SFA)の副局長であり、中国代表団長でもあるLiu Dongsheng氏により、展示が発表された。この展示は、立法機関、組織再編、取引管理、法執行および監視、能力開発、一般市民の参加、中国当局による国際的な協働に関する概要を説明したポスターが特色となっている。

 Liu Dongsheng氏は、「写真展示の目的は、国際社会による中国への理解を高めるとともに、取引規制の強化と持続可能な発展の支援に向けたワシントン条約の施行を後押しすることである」と述べた。

 「ワシントン条約は、資源の保全と持続可能な利用を調整するための重要な仕組みである。すべての締約国が、保全の努力に責任を負い、各国の取り組みと実行を尊重した場合に限り、野生生物の保護のレベルを改善することができる」

 「原産国、中継国、消費国は、供給および消費の両側面から、違法取引網全体と闘うために、効果的な措置を講じ、ともに協力しなければならない。そうすることで、野生生物犯罪を根本的に防止することができる。原産国の人々の生計を改善し、持続的な経済成長を促すことによってのみ、我々は絶滅のおそれのある種の生存のために健全な環境を作り出すことができる」。

 ワシントン条約の事務局長であるジョン・スキャンロン(John Scanlon)氏は、過去6年の任期中に、中国が目覚ましい実績を見せたことを称賛した。代表団に対し「中国は、ワシントン条約の取り組みを真剣に引き受け、違法取引に対処するめの厳粛な措置を講じ、合法で持続可能な取引に向けても取り組んでいる」と語った。

 このサイドイベントは、トラフィックとWWFが、ヨハネスブルグのサントン・コンベンション・センターで共同開催したものであり、ワシントン条約の締約国の代表団や国際機関、メディア等120人以上が出席した。

 「この展示が示すように、中国は近年、野生生物取引の問題への対処において、大きな進歩を遂げた。象牙の国内市場を閉鎖するという意向すら示している」と、トラフィックの事務局長であるスティーブン・ブロード(Steven Broad)は述べた。

 「我々は、中国当局がこの国内の象牙禁止をできる限り早く施行するよう促している。もしこれが効果的に施行された場合には、世界のゾウを保護する努力の中で、重要な突破口となるであろう」。

 アフリカにおけるゾウの密猟は、2011年にピークに達したとみられ、アフリカ大陸全体で、毎年約20,000頭のゾウが違法に捕殺され続けている。これは、主にアジア、特に中国での象牙需要に応えるためのものである。

 トラフィックは、中国において、政府当局と幅広い課題に取り組んでおり、効果的な法執行を通じた野生生物の違法取引を防ぐこと、消費者行動の変革の努力を通じて市場需要を抑制することを目的としている。消費者行動の変革の取り組みについては、展示でも反映されている。

 世界的に、WWFとトラフィックは、野生生物の取引網のすべての要所を対象とすることにより、密猟危機と闘うための世界的な緊急の取り組みを協働して支援している。

2016年09月26日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

20170715c.jpg

香港で史上最大級7.2tの密輸象牙を押収

2017年07月18日

2017年7月4日、香港税関は葵涌(クワイチョン)でコンテナに隠された7.2tの密輸象牙を押収した。年に2万頭を超えるアフリカゾウが密猟されている中で起きた今回の摘発は、過去30年で最大級の規模と見られており、象牙の違法取引をめぐる国際的な組織犯罪の深刻さを物語っている。こうした一連の野生生物の違法取引に問題に対し、各国政府は今、強く連携した取り組みを進めようとしている。合法的な象牙の国内市場を持つ日本にも、この流れに参加する積極的な姿勢と取り組みが強く求められている。

©Keiko Tsunoda

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

201704hk-ivory-report-closing_strategy-1.jpg

Closing Strategy:Ending Ivory Trade in Hong Kong

発行: TRAFFIC【2017年4月】 著者: Lau, W., Xu, L., Guan, J. and Xiao, Y【英語】48PP

pagetop