ホーム野生生物ニュースワシントン条約・法律ニュース>メロの対策 ワシントン条約の保護が欠如したまま何年も経過

野生生物ニュース

メロの対策 ワシントン条約の保護が欠如したまま何年も経過

2016年09月25日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
ライギョダマシ © Stuart Hanchet, NIWA, New Zealand

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年9月25日】

 漁業管理機関は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の事務局に対し、多くの締約国が取引規制に協力せず、その国の水域においてマジェランアイナメおよびライギョダマシを漁獲する違法船舶に許可さえ出していることを報告した。

 違法漁獲は、南極の海洋生物資源の保存に関する委員会(CCAMLR)によって規制されている深海で漁獲されるマジェランアイナメおよびライギョダマシの両方を危険にさらしている。

 今回、CCAMLRは、同委員会の漁獲証明制度の利用に非協力的な21の非加盟国と、違法船舶に許可を発出した11の国を名指しした。前者の非協力的な国々と違法船舶に許可を発行した一カ国を除くすべての国々がワシントン条約の締約国である。

 2002年にメロ類の両方がワシントン条約に掲載提案されたが、締約国がCCAMLRの規制を遵守することを誓約したために、提案は撤回された。

 それからほぼ15年が経ち、CCAMLRは、ワシントン条約の多くの締約国からの協力が欠如しているという深刻な状況を説明した。

 「メロの違法取引をなくすために、ワシントン条約の下で取り交わされたCCAMLRと協力するという約束が反故にされたのは、国際的に不名誉なことである」と、トラフィックのシニア・プログラム・オフィサーであるマーカス・バーグナー(Markus Burgener)は述べた。

 トラフィックは2002年に、取引されるメロの少なくとも半分以上が違法に漁獲されたものであると報告した。その後、違法漁獲の水準は大幅に低下したが、違法漁獲は現在もこれらの種の保全にとって大きな脅威である。

 特に懸念されることは、一般に、違法船舶が深海の底刺し網を利用することである。底刺し網は、サメやエイなど過剰漁獲の影響を特に受けやすい種に深刻な脅威となることから、CCAMLR水域では2004年から使用が禁止されている。巨大な網はしばしば100kmを超える長さであり、海面から1.5km以上の深さまで下される。

 「南アフリカとその近隣諸国を含む多くの国は、メロの違法漁獲および違法取引の削減に向けて辛抱強く取り組んできた。これらの国によるプラスの効果にもかかわらず、CCAMLRの報告書で特定された国による不履行には失望を禁じえず、メロの合法で持続可能な取引の側面において悩みの種であり続けている」と、WWF南アフリカのHead of Environmental ProgrammesであるTheressa Frantzは述べた。

 今日の会議では、メロを漁獲、取引しているすべてのワシントン条約締約国に対し、CCAMLRの規定に沿って行動することを促す決定案について、ニュージーランドとEUが賛同を示した。決定案には、第18回締約国会議において、CCAMLRの施行の改善に関する勧告を提供することも含まれる。

 「我々は、メロを2002年にワシントン条約に掲載していれば、違法取引および取引を止めるためにより効果的な取り組みを促すことができたのでは、と疑っている。そのため、トラフィックは、25日の会議において、将来的にメロをワシントン条約に掲載することのメリットについて検討するよう締約国に呼び掛けたのである」と、バーグナーは述べた。

メロは一般的にマジェランアイナメとして売られている。
ワシントン条約に提出された報告書

 CCAMLR非加盟国で、メロの違法漁獲に従事している可能性のある違法漁船に許可を出していると報告されたのは、カンボジア、赤道ギニア、ホンジュラス、イラン、北朝鮮、モーリタニア、ナイジェリア、パナマ、シエラレオネ、タンザニア、トーゴである。北朝鮮を除くすべての国がワシントン条約の締約国である。

 CCAMLR非加盟国で、CCAMLRの漁獲証明制度に協力していない国として挙げられたのは、アンティグア・バーブーダ、ブルネイ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ共和国、エクアドル、ジャマイカ、ケニア、マレーシア、メキシコ、モロッコ、ナイジェリア、フィリピン、シンガポール、セントクリストファー・ネーヴィス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、タイ、トリニダード・トバゴ、UAE、ベトナムである。これらのすべての国がワシントン条約の締約国である。

 CCAMLRは日本を含む25のメンバー国で構成されている。アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、チリ、中国、EU、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、韓国、ナミビア、ニュージーランド、ノルウェイ、ポーランド、ロシア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、ウクライナ、英国、米国、ウルグアイ。

2016年09月25日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

20170715c.jpg

香港で史上最大級7.2tの密輸象牙を押収

2017年07月18日

2017年7月4日、香港税関は葵涌(クワイチョン)でコンテナに隠された7.2tの密輸象牙を押収した。年に2万頭を超えるアフリカゾウが密猟されている中で起きた今回の摘発は、過去30年で最大級の規模と見られており、象牙の違法取引をめぐる国際的な組織犯罪の深刻さを物語っている。こうした一連の野生生物の違法取引に問題に対し、各国政府は今、強く連携した取り組みを進めようとしている。合法的な象牙の国内市場を持つ日本にも、この流れに参加する積極的な姿勢と取り組みが強く求められている。

©Keiko Tsunoda

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

201704hk-ivory-report-closing_strategy-1.jpg

Closing Strategy:Ending Ivory Trade in Hong Kong

発行: TRAFFIC【2017年4月】 著者: Lau, W., Xu, L., Guan, J. and Xiao, Y【英語】48PP

pagetop