ホーム野生生物ニュースワシントン条約・法律ニュース>メロの対策 ワシントン条約の保護が欠如したまま何年も経過

野生生物ニュース

メロの対策 ワシントン条約の保護が欠如したまま何年も経過

2016年09月25日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
ライギョダマシ © Stuart Hanchet, NIWA, New Zealand

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年9月25日】

 漁業管理機関は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の事務局に対し、多くの締約国が取引規制に協力せず、その国の水域においてマジェランアイナメおよびライギョダマシを漁獲する違法船舶に許可さえ出していることを報告した。

 違法漁獲は、南極の海洋生物資源の保存に関する委員会(CCAMLR)によって規制されている深海で漁獲されるマジェランアイナメおよびライギョダマシの両方を危険にさらしている。

 今回、CCAMLRは、同委員会の漁獲証明制度の利用に非協力的な21の非加盟国と、違法船舶に許可を発出した11の国を名指しした。前者の非協力的な国々と違法船舶に許可を発行した一カ国を除くすべての国々がワシントン条約の締約国である。

 2002年にメロ類の両方がワシントン条約に掲載提案されたが、締約国がCCAMLRの規制を遵守することを誓約したために、提案は撤回された。

 それからほぼ15年が経ち、CCAMLRは、ワシントン条約の多くの締約国からの協力が欠如しているという深刻な状況を説明した。

 「メロの違法取引をなくすために、ワシントン条約の下で取り交わされたCCAMLRと協力するという約束が反故にされたのは、国際的に不名誉なことである」と、トラフィックのシニア・プログラム・オフィサーであるマーカス・バーグナー(Markus Burgener)は述べた。

 トラフィックは2002年に、取引されるメロの少なくとも半分以上が違法に漁獲されたものであると報告した。その後、違法漁獲の水準は大幅に低下したが、違法漁獲は現在もこれらの種の保全にとって大きな脅威である。

 特に懸念されることは、一般に、違法船舶が深海の底刺し網を利用することである。底刺し網は、サメやエイなど過剰漁獲の影響を特に受けやすい種に深刻な脅威となることから、CCAMLR水域では2004年から使用が禁止されている。巨大な網はしばしば100kmを超える長さであり、海面から1.5km以上の深さまで下される。

 「南アフリカとその近隣諸国を含む多くの国は、メロの違法漁獲および違法取引の削減に向けて辛抱強く取り組んできた。これらの国によるプラスの効果にもかかわらず、CCAMLRの報告書で特定された国による不履行には失望を禁じえず、メロの合法で持続可能な取引の側面において悩みの種であり続けている」と、WWF南アフリカのHead of Environmental ProgrammesであるTheressa Frantzは述べた。

 今日の会議では、メロを漁獲、取引しているすべてのワシントン条約締約国に対し、CCAMLRの規定に沿って行動することを促す決定案について、ニュージーランドとEUが賛同を示した。決定案には、第18回締約国会議において、CCAMLRの施行の改善に関する勧告を提供することも含まれる。

 「我々は、メロを2002年にワシントン条約に掲載していれば、違法取引および取引を止めるためにより効果的な取り組みを促すことができたのでは、と疑っている。そのため、トラフィックは、25日の会議において、将来的にメロをワシントン条約に掲載することのメリットについて検討するよう締約国に呼び掛けたのである」と、バーグナーは述べた。

メロは一般的にマジェランアイナメとして売られている。
ワシントン条約に提出された報告書

 CCAMLR非加盟国で、メロの違法漁獲に従事している可能性のある違法漁船に許可を出していると報告されたのは、カンボジア、赤道ギニア、ホンジュラス、イラン、北朝鮮、モーリタニア、ナイジェリア、パナマ、シエラレオネ、タンザニア、トーゴである。北朝鮮を除くすべての国がワシントン条約の締約国である。

 CCAMLR非加盟国で、CCAMLRの漁獲証明制度に協力していない国として挙げられたのは、アンティグア・バーブーダ、ブルネイ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ共和国、エクアドル、ジャマイカ、ケニア、マレーシア、メキシコ、モロッコ、ナイジェリア、フィリピン、シンガポール、セントクリストファー・ネーヴィス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、タイ、トリニダード・トバゴ、UAE、ベトナムである。これらのすべての国がワシントン条約の締約国である。

 CCAMLRは日本を含む25のメンバー国で構成されている。アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、チリ、中国、EU、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、韓国、ナミビア、ニュージーランド、ノルウェイ、ポーランド、ロシア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、ウクライナ、英国、米国、ウルグアイ。

2016年09月25日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170313_Africa_Twix_2.jpg

中央アフリカ、違法な野生生物取引と闘う協力体制を強化(AFRICA-TWIX)

2017年05月12日

2017年4月コンゴ共和国のキンテレ(Kintélé)で、中央アフリカ諸国間の野生生物取引に係わる情報交換プラットフォーム「AFRICA-TWIX」のワークショップが開かれ、法執行官や国際NGOの代表50名以上が参加した。2日間のワークショップではトラフィックも講演を行い、野生生物の違法取引と闘うためには国境を超えた協力関係を確保することが重要であることを示した。
このワークショップ開催事前の3月には、施行1年目を迎えたAFRICA-TWIXの運用を評価する会議が開催されており、中央アフリカの法執行当局間の協力促進に大きな進展があることが示され、資金提供や参加国の追加などが確認された。

©TRAFFIC

20170406ⅰ.Experts agree to enhanced international DNA testing.jpg

専門家、サイの国際的なDNA検査を強化することに合意(南アフリカ共和国)

2017年04月06日

2017年4月5日、南アフリカ共和国の裁判所が、犀角(サイの角)の国内取引が可能となる判断を下した。2015年以来、裁判所に異議を申し立てていた政府の訴えが最終的に却下されたことにより、2009年以来設置されていた国内取引のモラトリアムが無効となった。今後、南アフリカ国内での犀角の取引が可能となるため、更なる注力が必要となる。トラフィックでは、調査や科学捜査へのサポートを継続していく。

© Dr Cindy Harper

170227Black-rhinos-Martin-Harvey-WWF-Canon-820.jpg

南アフリカ、サイ密猟数二年連続で減るも危機的状況は続く

2017年03月01日

南アフリカは、2016年に国内で違法に殺されたサイの個体数が1,054頭であったとの公式データを発表した。2014年には1,215頭、翌年には1,175頭に減少を見せ、そこからさらに若干減少したことを意味しているが、依然としてその数は許容できないほど高い。

© Martin Harvey / WWF-Canon

170224.jpg

マダガスカルの木材伐採、制御不能 新たな調査で明らかに

2017年02月14日

トラフィックが新たに発表した報告書によって、マダガスカルの希少な木材資源が、近年実質的に管理不能な状態にあったことが示された。マダガスカルには、ローズウッドやエボニーといった木材種の固有種が多数生育し、その魅力的な色調と優れた耐久性を理由に、特にアジアで家具や調度品として大きな需要がある。

© Julien Noel Rakotoarisoa / MEEF

関連出版物

201704hk-ivory-report-closing_strategy-1.jpg

Closing Strategy:Ending Ivory Trade in Hong Kong

発行: TRAFFIC【2017年4月】 著者: Lau, W., Xu, L., Guan, J. and Xiao, Y【英語】48PP

161128_CITES_Implementation_in_Thailand-1.jpg

CITES Implementation in Thailand:A review of the Legal Regime Governing the Trade in Great Apes and Gibbons and Other Cites-listed Species

発行:TRAFFIC, Malaysia【2016年11月】 著者:Patricia Moore, Chanokporn Prompinchompoo and Claire A. Beastall【英語】35pp

pagetop