ホーム野生生物ニュースワシントン条約・法律ニュース>止まらない象牙の違法取引 国際的な圧力の維持の必要性

野生生物ニュース

止まらない象牙の違法取引 国際的な圧力の維持の必要性

2016年09月24日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
押収された象牙 © TRAFFIC

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年9月24日】

新たな分析により、2015年も世界的な象牙取引が衰えることはなく、過去10年の始めに記録された過去最悪の水準であることが明らかになり、取引を指揮する犯罪組織を途絶させるための努力を新たにする必要性が強調された。

今週、ヨハネスブルグで会議を行う「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の締約国のため、ゾウ取引情報システム(ETIS)の分析が更新された。

最も注目される点は、100kg以上の大規模な生牙の貨物の押収が2015年も増加し続けたという動向であり、"大規模な重量クラスのものは、組織犯罪と関連する動きが捕らえられている部分"として、分析では懸念を示している。

「象牙取引はますます組織的犯罪の領域となりつつあり、取引の背後にいる者たちは逮捕されず、効果的な起訴にはつながらないということを示唆している。これらの動きを解体するためには、国際的に協調された執行によって対応することが求められる」と、トラフィックの事務局長であるスティーブン・ブロード(Steven Broad)は述べた。

「押収はそれぞれが無関係の出来事ではないはずである。それらから導き出された情報を集め、取引網全体においてそれに基づいて行動する必要がある」。

ワシントン条約に向けて前もって実施されたETISの分析では、2014年に国際的な象牙取引が減少したことを示す兆候が示唆され、その後の期間もその動向が確認されたのであれば、結果は意義深かったであろう。しかし、2015年およびそれ以前の新たなデータの分析により、象牙の流れへの回帰が以前のものよりも高かったことが明らかになった。

「2015年のデータは、今週のワシントン条約の締約国会議による新たな努力が必須であることを強調している。象牙の違法取引を断固として管理下に置くための努力をさらに強める必要がある」と、ブロードは述べた。

新たなデータにより、以前分析された9,899件の押収記録に1,387件が加わった。このうち、1,311件は2015年に発覚した押収であった。押収に関連する他の55件は2013年および2014年に発生したものであり、2008年から2012年のものも19件加わった。

分析はWWFの資金提供によって、ETISに集められたデータを用いて、トラフィックと独立したコンサルタントの統計学者によって実施された。

2016年09月24日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

160925_Antarctic-Toothfish.jpg

メロの対策 ワシントン条約の保護が欠如したまま何年も経過

2016年09月25日

メロとして流通しているマジェランアイナメとライギョダマシについて、CCAMLRは多くの国が取引規制に協力せず両種を危険にされしていると報告した。ワシントン条約と交わされた誓約が守られていないとの指摘で、第17回ワシントン条約締約国会議に決定案が提出されている。

© Stuart Hanchet, NIWA, New Zealand

160922white-rhino.jpg

【CITES-CoP17】野生生物の取引に関する重要な会議目前:世界サイの日

2016年09月22日

「世界サイの日」の2日後の9月24日、3年半ぶりのワシントン条約締約国会議はじまる。今回は、サイ、アフリカゾウ、センザンコウ、サメやエイなど取引の影響が顕著であり、また日本とも関わりの深い種についての提案が多くなされており、議論の行方が注目される。

© Martin Harvey / WWF-Canon

160809False-Tomato-Frog.jpg

ワシントン条約締約国会議の附属書改正提案に対するトラフィックの見解が完成

2016年09月21日

トラフィックは、第17回ワシントン条約締約国会議に提出されている附属書改正提案について、その掲載基準に該当するかの分析をおこない、それらを考慮の上、提案へのトラフィック独自の賛否を「トラフィックの見解」として発表した。
現在も日本が取引をしているビクーニャ(高級衣料品)、ナイルワニ(皮革)、シナワニトカゲ(ペット)、ユソウボク(オイル)、漁獲があるオナガザメ等が含まれる。 会議に出席する日本政府代表団に対しても、これら見解を紹介し働きかけをおこなっていく。

© R.Isotti, A.Cambone / Homo Ambiens / WWF

16_policy-cover.jpg

野生生物の違法なオンライン取引対策 テクノロジー業界が参入

2016年09月21日

「世界ゾウの日(8月12日)」に、電子商取引とソーシャルメディアの主導的位置を占めている企業が、世界各国で横行している野生生物の違法取引を阻止するための枠組みを採択した。参加企業7社とWWF、トラフィック、IFAWが協力していく。

関連出版物

16_Workshop_Proceedings_NIAP.jpg

Workshop Proceedings:Sub-regioonal Action Planning to Strengthen Regional Collaboration: Support of the Implementation of National Ivory Action Plans (NIAPs) in Central Africa

発行:TRAFFIC, Central Africa【2016年5月】 著者:Sone NIKOKE Christopher, Paulinus NGEH Chiambeng, Nick AHLERS【英語】32pp

16_Setting_Suns.jpg

SETTING SUNS:The Historical Decline of Ivory and Rhino Horn Markets in Japan

発行:トラフィック イーストアジア ジャパン【2016年4月】 著者:北出智美、藤稿亜矢子【英語】96pp

pagetop