ホーム野生生物ニュースワシントン条約・法律ニュース>ワシントン条約 重要課題を討議

野生生物ニュース

ワシントン条約 重要課題を討議

2016年01月19日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
©CITES secretariat

【スイス、ジュネーブ発、2016年1月11日】

 1月11日~15日、ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約:CITES)が保全ツールとして成功するために、重要となる数多くの課題が議論された。

 条約定例の常設委員会の間、野生由来の種(たとえば、皮革やペットとして取引される爬虫類)を飼育繁殖個体であると偽って使われることを防ぐための提案を含む対策が議論される。

 トラフィックは、トッケイヤモリ、ミミナシオオトカゲ、ニシキヘビおよび、鳥類の不正取引を含め、国際取引において合法だと見せかけるために、野生から捕獲された動物が飼育繁殖のものであると不正に申告されている数多くの事例を強調してきた。

 トレーサビリティもまた、常設委員会において重要な課題として議論される。会合では、関連する国内法・国際的な法制度が、トレードチェーンを通し透明性のある方法で遵守されることを保証する、サメ製品等の野生生物製品の追跡が可能となるような制度を検討することとなる。これによって、例えば持続可能な出所と非持続可能な出所から調達された製品の混在を防ぐ。トラフィックは、この課題に関する分析をまとめたところであり、審議の役立つ情報となる。

 他の重要な課題としては、特定の国の法制度において、ワシントン条約の規定が効果的に施行されるための措置である「ワシントン条約国内法プロジェクト(CITES National Legislation Project)」の再検討の提案がある。多くの国の国内法について、すでに重大なギャップや弱点が明らかになっている。すべての国のワシントン条約法制度が目的にかなったものであり、違法で非持続可能な野生生物取引が蔓延する隠れ蓑を提供するような法的抜け穴を許すことのないよう、より強固な制度を作る努力を、トラフィックは支援していく。

 広がりを続ける密猟と、大型哺乳類製品の違法取引は、今回の会合でも多くの議題の焦点となるであろう。

 ゾウに関してトラフィックは、いくつかの国による「ワシントン条約国内象牙行動計画(CITES National Ivory Action Plans)」の施行について、さらなる進展を期待する。関係国が、違法な象牙取引を抑えるための努力において、重大なギャップや弱点に対処するために、具体的、測定可能で期限に定めのある行動を採るようにするためには、この措置は非常に重要である。

 対象国の中には特にタイのように、称賛に値する前進を見せた国もあるものの、この措置が財政的・技術的なリソース不足のために妨げられているのは明らかである。これらは、計画を効果的に施行するにあたり重大な障害となっており、この会合において国際社会が必要性に応えることを期待する。

 前回のワシントン条約締約国会議(CoP16)からの重要な進展のひとつは、最終目的地の市場にいる消費者の行動の変革を通じて、違法な野生生物製品の需要を削減するための課題にますます注目が払われるようになっていることである。例えば、犀角の需要を削減するために、消費国による効果的な需要削減戦略の作成と施行を求める決定が採択された。サイに限らず数多くの種に重要な影響を及ぼす可能性があるこの重要な課題を、常設委員会会期中、各国が確実に最前線に据えて提案することをトラフィックは強く求める。

2016年01月19日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

201704hk-ivory-report-closing_strategy-1.jpg

Closing Strategy:Ending Ivory Trade in Hong Kong

発行: TRAFFIC【2017年4月】 著者: Lau, W., Xu, L., Guan, J. and Xiao, Y【英語】48PP

pagetop