ホーム野生生物ニュースワシントン条約・法律ニュース>「ルーツをたどれ!ワイルドライフ」開催報告書が完成

野生生物ニュース

「ルーツをたどれ!ワイルドライフ」開催報告書が完成

2010年05月14日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
100514sympo_report.jpg

【トラフィックイーストアジアジャパン発 2010年5月14日】

 トラフィックイーストアジアジャパンが2009年11月に開催した2日間にわたるセミナーおよびシンポジウム「ルーツをたどれ!ワイルドライフ」の報告書が完成した。

 この2日間のセミナーおよびシンポジウムでは、輸入される野生生物の国内取引に焦点をあて、日本国内での野生動植物の取引を管理している法律である「種の保存法*」について、改めてその改正の必要があることが確認された。会場で集められたアンケートの結果から、その参加者の多くが、今後の法律の改善が必要であると感じていることがわかった。

 報告書には、米国、東南アジア、日本の専門家や政府関係者による発表の内容、会場からの意見、アンケート結果などが掲載されている。

 トラフィックイーストアジアジャパンは、種の保存法に関わる立法関係者などにこの報告書を配布し、立法関係者等が法改正に向けた課題を再認識するための一助となることを期待している。

入手方法などについて詳細はこちら

 

2010年05月14日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

160603Ivory-Malaysia.jpg

米国 新たな象牙取引規制を発表

2016年06月03日

象牙の国内取引における新たな規制が、米国魚類野生生物局(USFWS)により確定された。規制は、国内の象牙取引において「ほぼ全面禁止」を実施するために、象牙の商業取引の特定の分野への禁止事項を追加する。

© TRAFFIC

160425SettingSuns.jpg

日本の犀角と象牙の市場縮小に関する考察 報告書発表―その歴史と課題

2016年04月25日

トラフィックは、日本における犀角と象牙の市場縮小に寄与した要因を探り出すため、日本の野生生物取引の歴史に光を当てた新たな報告書を発表した。

150620India-dogs.jpg

インド、野生生物保護のための探知犬を倍増

2016年04月14日

インド、ボパールで、野生生物犯罪抑止のスキルを身につけた14頭の探知犬の卒業パレードがおこなわれた。インド国内の野生生物探知犬の頭数は倍となった。探知犬は、トラやヒョウの骨・皮や熊胆などの野生生物製品を嗅ぎ分ける訓練がされており、現地に配属されたあとは他の野生生物の密輸の捜査もおこなう。

© Shaleen Attre / TRAFFIC

151231pangolin1.jpg

違法なセンザンコウ取引 ミャンマーで急増

2016年02月20日

センザンコウの生体、肉、うろこの違法取引がミャンマーのモンラで急増していることが、トラフィック共著の調査報告書によって示された。報告書は、モンラがセンザンコウの主要取引拠点であることも明らかにしている。

関連出版物

16_Setting_Suns.jpg

SETTING SUNS:The Historical Decline of Ivory and Rhino Horn Markets in Japan

発行:トラフィック イーストアジア ジャパン【2016年4月】 著者:北出智美、藤稿亜矢子

15_traceability system in the CITES context.jpg

Traceability System in the CITES Context: A review of experiences, best practices and lessons leaned for the traceabiliry of commodities of CITES-listed shark species

発行:TRAFFIC for the CITES Secretariat【2015年12月】 著者:Victoria Mundy, Glenn Sant【英語】90pp

pagetop