ホーム野生生物ニュース動物ニュース>南アフリカ、サイ密猟数二年連続で減るも危機的状況は続く

野生生物ニュース

南アフリカ、サイ密猟数二年連続で減るも危機的状況は続く

2017年03月01日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
クロサイ:アフリカの中でも
絶滅の危機に瀕している2種のうちの1種
© Martin Harvey / WWF-Canon

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルク発 2017年2月27日】

 南アフリカは、2016年に国内で違法に殺されたサイの個体数が1,054頭であったとの公式データを発表した。2014年には1,215頭、翌年には1,175頭に減少を見せ、そこからさらに若干減少したことを意味しているが、依然としてその数は許容できないほど高い。

 「密猟の傾向は確かに良い方向に向かっていると言えるが、毎日3頭ものサイが密猟され続けているという事実を考えると、危機的状況が続いているとしか言いようがない」と、トラフィックのサイのプログラムリーダーであるトム・ミリケン(Tom Milliken)は述べた。

 サイの生息国の中には密猟数の公式データがまだ公開されていない国もあるが、非公式のデータから推測すると、他の諸国でも減少傾向にあるようで、特にナミビアでは2015年には94頭であったが2016年には60頭に減っている。

 意味深いことに、アフリカ全土における2016年の密猟数は2015年に記録した1,342頭を下回るとされている。これは南アフリカの減少率が、近隣であるジンバブエとナミビアにおける絶滅が危惧されている2種類のクロサイ密猟数増加傾向を相殺する以上の効果を発揮したことを意味している。

 以前、密猟による個体減少数の最多を記録したクルーガー国立公園でのサイ密猟数は、2016年には662頭であり、2015年の826頭から顕著な減少を見せた。

 「密猟発生が多いと考えられてきたクルーガーで昨年サイの喪失を抑制出来たことは良いことであるが、クワズール・ナタール州(Kwa-Zulu Natal)や他の場所での急増が目立ち、止まらぬ減少に関して内部での汚職の影響を再検討する必要がある」と、ミリケンは述べた。

 Ezemvelo KZN Wildlife(南アフリカの政府機関)の最高責任者であるDavid Mabunda氏によって書かれ、昨年の2月に発行された記事は「...私たちの高官や警察、移民当局の職員や他の法執行機関、また獣医などの専門職の間での汚職の増加。野生生物管理における数々の汚職は、私たちが目標を達成することをより難しいものにしている」と強調している。

 2016年一年を通じて、アフリカの生息諸国においてパトロールや、密猟対策のための法執行組織による努力を強化しようと様々な試みがなされてきたが、密猟者の捜査、逮捕と告発の強化/向上、そして角の主な輸出先となっているアジア、特にベトナムでの需要の抑制に向けた努力はまだ改善点が多い。

 2016年9月に開催されたワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約:CITES)第17回締約国会議では、焦点が犀角(サイの角)の違法取引に深く関与していると思われる2か国として経由地や輸出地として犀角を国外に流す地点となっているモザンビークと最終消費地であるベトナムの2か国に絞られた。それらの国々では刑法の改正を効果的に実施し、国内市場における犀角需要も抑制するため手を打つよう指示された。

 「2016年がアフリカのサイの運命を左右する転換期となるかは歴史が語るであろうが、現段階ではモザンビークとベトナムいずれの国においても密猟を食い止め、消費を抑制するための有効な手が打たれているという証拠はほとんどない」と、ミリケンは述べた。

 ワシントン条約の常設委員会は今年末、これらの問題を解決するため、モザンビークとベトナムによる進捗を評価するため集まることになっている。もしもそれが不十分であると判断されれば、委員会は厳しい取引制裁を荷すであろう。

 「全ての国はこの国際的な問題を解決するために同じ土俵に上がる必要がある。まだまだ成すべきことはあり、現状に満足しているわけにはいかない」と、ミリケンは述べた。

2017年03月01日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
関連キーワード サイ 南アフリカ 密猟

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

17_Briefing_CHI-World_Rhino_Day.jpg

Chi Initiative BRIEFING PAPER World Rhino Day 2017

発行:Chi Initiative【2017年9月】 著者:TRAFFIC【英語】24pp

pagetop