ホーム野生生物ニュース動物ニュース>2015年、南アフリカのサイの密猟わずかに減少
アフリカ全体では最悪の状況

野生生物ニュース

2015年、南アフリカのサイの密猟わずかに減少
アフリカ全体では最悪の状況

2016年01月29日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
2007-2015年サイの密猟数(南アフリカ共和国)

【南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ発 2016年1月21日】

 南アフリカ共和国政府は21日、2015年のサイの違法捕殺数を公表した。1,175頭という数字は、2014年に記録した1,215頭からわずかな減少を示すが、アフリカのサイの密猟数は、大陸全土で合計すると最悪の記録となった。

 「2015年の南アフリカのサイ密猟数はわずかに減少し、これはおそらく当局が現場で何らかの影響をもたらしているのであろうが、とても祝えることでも、現状に満足できるものでもない」と、トラフィックのポリシーダイレクターであるサブリ・ザイン(Sabri Zain)は述べた。「この数字は、許容できないほど高いままで、大陸全体のサイ密猟の危機の規模は広がっている」。

 南アフリカの2015年の減少は、近隣国において密猟数が大幅に上昇したことにより相殺はされない。ジンバブエのサイ密猟数は、昨年「少なくとも50頭」と広く報告されたように、2014年の12頭から上昇した。ナミビアの密猟数も2014年24頭から2015年は80頭と、著しく上昇した。

 トラフィックのデータによると、アフリカ全土のサイ密猟の合計は、2014年1,299頭に達した。南アフリカからの最新の数値は、2015年の大陸全土の合計が、少なくとも1,305頭となることを意味する。

 「アフリカでのサイの密猟数にとって全体としては、2015年はこの数十年間で最悪の年である」と、トラフィックのサイ専門家であるトム・ミリケン(Tom Milliken)は述べた。「密猟の中心地が、近隣国ナミビア、ジンバブエに広がっているが、南アフリカで終息しているわけではない。いくつかの称賛すべき取り組みが成されているにもかかわらず、この非常に暗いトンネルの終わりに光を見てから、まだとても長い道のりにある」。

 4大サイ生息国のうち、唯一ケニアが、2015年のサイ密猟の大幅な低下を報告することが期待されている。

 先週、多くのサイ保全対策が、ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約:CITES)第66回常設委員会の会期中に合意された。

 サイ密猟によって影響をうけるすべての国が、発行された具体的な手順とともに「ワシントン条約サイ執行タスクフォース(CITES Rhinoceros Enforcement Task Force)」によって構築された主要な戦略と措置を実施するよう指示された。
 モザンビーク:強化された保全の法律や規制の採択を含む象牙およびサイの国家行動計画を実施すること
 南アフリカとモザンビーク:サイ密猟における共同行動計画を緊急的に策定すること
 南アフリカとベトナム:犯罪捜査上の協力を強化すること

 ベトナムは、犀角の重要な目的地として、効果的に改善された刑法改正を実施することや、国内市場における犀角の需要削減のための措置を講じることを指示された。

 「世界は、特に最終目的地である取引を誘発する需要国(ベトナムや中国)を視ている。ワシントン条約締約国によって合意された措置の充分な対策を実施し、中国の消費者に供するためのベトナムの越境市場を閉鎖することが緊急的に必要である」と、ミリケンは語る。「そうしなければ、アフリカのサイの将来の見通しは、非常に暗いままである」。

 南アフリカの別の重要な展開は、プレトリアの北ハウテン高等裁判所が、犀角の国内取引禁止解除に関する南アフリカ政府の上訴許可申請を却下したことである。

 2009年2月、政府は犀角の国内取引禁止を課したが、2人のサイの牧場(狩猟場)主の働きかけによって昨年11月に覆された。政府は迅速に上訴許可申請したが、却下された。

 南アフリカ国内に犀角の消費需要はないものの、昨日(1月20日)の判決は、犀角の国内取引の道を開くことになる。トラフィックはこの決定が、アフリカからアジアへの違法な取引経路を再開させる可能性について懸念している。トラフィックは、南アフリカの民間セクターから供給される出所が明らかでない犀角が違法取引へ向かっている証拠と、民間セクターの犀角所持に関する監視の不一致について、かねてから注視している。

 「悪い方に向かえば、最新の高等裁判所の判決は、大きな敗北を喫している南アフリカのサイのすでに非常に複雑な状況に、別の次元の複雑さを追加する」と、ミリケンは述べた。

 9月、南アフリカは、最重要課題のひとつとしてサイの保全が審議される第17回ワシントン条約締約国会議を開催する。

2016年01月29日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

17_Briefing_CHI-World_Rhino_Day.jpg

Chi Initiative BRIEFING PAPER World Rhino Day 2017

発行:Chi Initiative【2017年9月】 著者:TRAFFIC【英語】24pp

pagetop