ホーム野生生物ニュース動物ニュース>タンザニア ゾウの厄災に直面

野生生物ニュース

タンザニア ゾウの厄災に直面

2015年06月05日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
タンザニアのゾウの個体群の最新の推定値を発表する
ラザロ・ニャランドゥ天然資源観光大臣
©TRAFFIC

【タンザニア発 2015年6月】

 タンザニアのLazaro Nyalandu(ラザロ・ニャランドゥ)天然資源観光大臣は、自国のゾウ個体群の最新の推定値を発表した。2009年に10万9,051頭と推定されてから、2014年には4万3,330頭まで急落し、過去10年間で壊滅的な減少を示した。政府の発表は、この減少が象牙目的の密猟によって引き起こされた可能性が高いと結論づけた。

 「政府のデータは、タンザニアが過去10年間に何万ものゾウを失ったことを示している」、「そのような産業的規模での密猟が確認され、これまでに対処されていないことが信じられない」と、トラフィックの代表Steven Broad(スティーブン·ブロード)は述べた。

 このニュースは、莫大な量の象牙の主な出所としてダルエスサラームとザンジバル(タンザニアのインド洋側)の港に、象牙密輸ルートが移っていることを指摘した「ゾウ取引情報システム(ETIS)」の2013年の報告書の中で、トラフィックが示した懸念を裏付ける。

 押収記録からトラフィックがまとめた最新の情報は、2009年以来、少なくとも45t以上の象牙が、タンザニアから、アジアの国際市場に流れていることを示している。これは他のどのアフリカの国からよりも多い。犯罪科学的分析により、ウガンダとケニアでの押収にタンザニアが出所の象牙も含まれていたことが確認された。

 ニャランドゥ大臣によって示された全国のゾウの数の詳細において、いくつか小さな個体群では、個体数が顕著に増加した。特に有名なセレンゲティでは、3,068頭から6,087頭に増えたことが示された。しかし、もっとも多くの人々が訪れる北部の周遊観光地以外では、象の数は、大幅に減少した。

 特に懸念されるのはルアハ/ルングワ動物保護区(Ruaha-Rungwa ecosystem)で、政府のデータによると、2009年に3万4,664頭を数えたのに比べ、2014年には8,272頭であった。驚くべきことに、この減少を説明するための調査中、減少に比べ少数の象の死骸しか発見されず、野生生物当局職員は、この差異を解明するのに途方に暮れた。

 ニャランドゥ大臣は、国の象を保護するための一連の措置を発表した。
 ◆天然資源観光省によって2014年既に雇われた追加の500人に加えて、今年、500人のレンジャー追加募集する
 ◆既存のレンジャーに対するより良い支援をおこなう
 ◆ルアハ/ルングワの主要なゾウの避難(生息)場所でのレンジャーを倍増する
 ◆密猟対策において、隣接するザンビアと緊密に協力する

 タンザニアは、ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約:CITES)から、ゾウの密猟や違法取引に対処するようにと、既に圧力を受けていた。他のアフリカとアジアの国々と共にタンザニアは、その保護と執行の努力を導くために象牙取引の行動計画を構築することを要求された。

 「タンザニア政府が今週発表した措置は歓迎するが、いくつかのゾウの個体群にとっては、あまりにも遅く、ほとんど効果のないものである危険性がある」と、ブロードは述べた。

 「タンザニアは、中心地となっているルアハ/ルングワの象牙を放出し続けており、誰も警報を鳴らせていない。政府は、制御可能な状態にするための緊急かつ厳格な行動をとりながら、なぜこのような状態が許されていたのかをはっきりさせることが絶対に不可欠である」。

2015年06月05日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

160603Ivory-Malaysia.jpg

米国 新たな象牙取引規制を発表

2016年06月03日

象牙の国内取引における新たな規制が、米国魚類野生生物局(USFWS)により確定された。規制は、国内の象牙取引において「ほぼ全面禁止」を実施するために、象牙の商業取引の特定の分野への禁止事項を追加する。

© TRAFFIC

160425SettingSuns.jpg

日本の犀角と象牙の市場縮小に関する考察 報告書発表―その歴史と課題

2016年04月25日

トラフィックは、日本における犀角と象牙の市場縮小に寄与した要因を探り出すため、日本の野生生物取引の歴史に光を当てた新たな報告書を発表した。

150620India-dogs.jpg

インド、野生生物保護のための探知犬を倍増

2016年04月14日

インド、ボパールで、野生生物犯罪抑止のスキルを身につけた14頭の探知犬の卒業パレードがおこなわれた。インド国内の野生生物探知犬の頭数は倍となった。探知犬は、トラやヒョウの骨・皮や熊胆などの野生生物製品を嗅ぎ分ける訓練がされており、現地に配属されたあとは他の野生生物の密輸の捜査もおこなう。

© Shaleen Attre / TRAFFIC

151231pangolin1.jpg

違法なセンザンコウ取引 ミャンマーで急増

2016年02月20日

センザンコウの生体、肉、うろこの違法取引がミャンマーのモンラで急増していることが、トラフィック共著の調査報告書によって示された。報告書は、モンラがセンザンコウの主要取引拠点であることも明らかにしている。

関連出版物

16_Setting_Suns.jpg

SETTING SUNS:The Historical Decline of Ivory and Rhino Horn Markets in Japan

発行:トラフィック イーストアジア ジャパン【2016年4月】 著者:北出智美、藤稿亜矢子

16_Trading_Faces.jpg

Trading Faces: A Rapid Assessment on the use of Facebook to Trade Wildlife in Peninsular Malaysia

発行:TRAFFIC, Malaysia【2016年3月】 著者:Kanitha Krishnasamy, Sarah Stoner【英語】44pp

pagetop