ホーム野生生物ニュース動物ニュース>違法な象牙取引に注がれる世界の目

野生生物ニュース

違法な象牙取引に注がれる世界の目

2013年02月21日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
タイの業者が、アフリカから密輸した象牙を販売するために国内法の抜け穴を悪用している ©Dan Stiles

【2013年2月21日】

 野生生物取引を規制する国際機関は、毎年最大3万頭におよぶアフリカゾウを死傷させている象牙の違法取引に大きく加担している国々に対して、制裁を課すための手続きを開始するべきである。

 WWFとトラフィックは、違法な象牙取引の凶悪な犯罪者に対して、厳しい取引制限につながるような正式な手続きをはじめるため、ワシントン条約(CITES)の会議の下、来月のはじめ、バンコク(タイ)に集まる177ヵ国政府に呼びかけている。 

 無規制の象牙販売を禁止するワシントン条約の規則にもかかわらず、タイ、ナイジェリア、コンゴ民主共和国が、蔓延する国内象牙市場に対する規制に繰り返し失敗している、という証拠がある。条約の規則の下、ワシントン条約加盟国は、木材からワニの皮革まで様々な、条約で網羅されている35,000種について、規則を遵守しない国との取引を止めるように勧告することができる。

 「これらの国は、違法な象牙取引に大きく関与している国として、過去10年間の象牙取引の分析すべてにおいて特定されている」と、トラフィックの事務局長であるスティーブン・ブロードは言う。「蔓延している密猟の危機の原因となっている象牙の需要のために、ワシントン条約加盟国は、国際法の遵守を要求しなければならない」。

 ワシントン条約の会議の開催国であり、世界で最大の無規制の象牙市場のひとつであるタイでは、犯罪者が、国内のゾウからの象牙の販売を許可する、というタイの法律を都合よく利用している。タイ国内の小売店を介して、大量の違法なアフリカゾウ象牙を合法的に見せている。この象牙の多くは、外国人観光客が購入している。

 「タイは、国のすべての象牙販売を禁止することによって、この状況を簡単に修正することができる。そうすることによって、取引の制裁措置の必要性を取り除くことができる」と、WWFのグローバル種保全プログラムのダイレクターであるカルロス・ドリューは言う。「WWFは、象牙取引の即時禁止をタイの首相に請願している。野生のゾウの未来を望むタイ国民と、世界中から約40万人がこの呼びかけに参加している」。

 「象牙取引が制御不能に急増しているため、ゾウは、アフリカで多くの場所から姿を消している。ワシントン条約を締結したすべての国は、この致命的な取引への関与について責任がある加盟国政府を保有していることで、ゾウを保護する責務を負っている」と、ドリューは言う。

 WWFとトラフィックは、合法的な国内象牙市場の執行上の重大な問題を是正するために、中国にも呼びかけている。ワシントン条約は、中国産の製品を改善するように命じるべきであり、意味のある進展がなされない場合、翌年には強力な取引制限を検討するべきである。

 全ての国が、ゾウの密猟に対処するために取り組めるいくつかの対策もある、とWWFとトラフィックは語っている。それは、世界的な象牙の保管在庫を追跡するための仕組みの設立、大口の象牙の押収すべての記録を必須にすること、各国の法執行官による所定の科学的調査と追跡捜査の協力を含む。

 「近年、大規模な象牙の押収から得られる重要な情報が、失われているか、うまく機能していない。それぞれの貨物に誰が関わっているのか、どのような輸送手段が使われたのか、その貨物から恩恵を受けるつもりだった人は誰なのかが、捜索されていないか、もしくはそうした情報がうまく活用されていない」と、ブロードは言う。

 アフリカのサイに関する窮状も、WWFとトラフィックにとって心配の種である。昨年、668という数を記録した南アフリカのサイは、角の利用のために殺された。ベトナムは、犀角において密売人たちをまだ止められずにおり、その主要な消費国として認識されている。

 ベトナムと、犀角の密輸の拠点であるモザンビーク両国は、今後1ヵ月、もしくは将来の活動へ向けて、進展を示すことを、ワシントン条約締約国会議で、強調しなければならない。

2013年02月21日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

17_Briefing_CHI-World_Rhino_Day.jpg

Chi Initiative BRIEFING PAPER World Rhino Day 2017

発行:Chi Initiative【2017年9月】 著者:TRAFFIC【英語】24pp

pagetop