ホーム野生生物ニュース動物ニュース>カサネ会議-野生生物犯罪撲滅へ向けた国際的な勢い続く

野生生物ニュース

カサネ会議-野生生物犯罪撲滅へ向けた国際的な勢い続く

2015年03月27日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
象牙の押収捜査-マレーシア税関、2011年12月 ©TRAFFIC

【ボツワナ、カサネ発 2015年3月25日】

 25日カサネ(ボツワナ)に会した首脳や大臣を含む31カ国の政府代表は、世界的な密猟の危機への対策強化の決意を新たにするとともに、かつてない程に急増する違法な野生生物取引に対抗するための重要な施策を新たに採択した。

 この会合の中で参加国政府は、昨年2月に開催された「野生生物の違法取引に関するロンドン会議(London Conference)」以来の進捗状況を報告した。ロンドン会議では、ゾウ、サイ、トラといった象徴的な種の存続のみならず国家安全保障や持続可能な開発までも脅かしている野生生物犯罪と闘うため、41カ国(+EU)が緊急かつ断固たる行動を取ることに合意している。

 昨年の主な成果としては、特にアフリカ地域での法執行活動の強化により象牙の押収件数が上昇したことのほか、いくつかの国々が野生生物に関する国内法の改善に着手していることなどが挙げられた。先月は、アジアのトラ生息国13カ国が、密猟ゼロ政策の枠組みとツールキットの活用を約束した。これらは、密猟を抑制するための青写真として世界中で利用可能なしくみとして重要なものだ。

 「各国政府は、どのようにロンドン宣言の誓約を具体化し、また、任務をやり遂げる決意を強めているかを、ここカサネで表明した」と、トラフィックの代表スティーブン・ブロードは言う。

 カサネ声明は、ロンドン宣言の誓約にもとづいてつくられ、違法な野生生物製品の市場を根絶し、効果的な法的枠組みや野生生物犯罪に対する抑止力、法執行の強化、持続可能な生計の支援を目指している。

 参加国は、マネーロンダリングと野生生物犯罪における資金の流れに焦点を当てた多数の追加施策も採択した。

 「犯罪資金面の対策における誓約は大きなものであり、資金の行方を突き、密売組織を打倒するためのメカニズムとなる革新的なステップである。それは、執行活動をしばしば弱体化させる汚職を一掃するのにも役立つはずである」と、ブロードは言う。

 声明は、関連するコミュニティの参加や、現地の人々による野生生物資源から得られる利益の適切な保持の必要性も訴える。また、参加国は、物流や輸送関係の企業を含む民間セクターとのさらなる連携も合意した。物流・輸送企業は、違法な野生生物の流れを阻止できるユニークな立場にある一方で、多くの場合、意図せず違法な野生生物取引の媒介役となってしまっている。 

 トレードチェーンの消費側においては、違法な野生生物製品の利用者の動機や行動を理解することに注力することが、対策のさらなる推進力になる。

 「野生生物の犯罪者は、長年、非常に小さなリスクで多大な利益を得てきた。ロンドンとこのカサネで合意された誓約は、密売人へのリスクを劇的に増加させると同時に報酬を減少させることによって、こうした環境に変革することができる」と、WWFグローバル種保全プログラムのディレクター、カルロス・ドリューは言う。「カサネ声明は、期待の寄せられている野生生物犯罪に対する国連総会決議の採択に向け、重要な支持をもたらすものでもある。決議は、この問題の緊急性をより一層高め、国際的組織犯罪に対抗する協調した世界的な動きを促すものとなるだろう」 

 強力な国連総会決議は、ロンドンとカサネで得られた誓約の実施をモニターし報告する理想的なメカニズムとなり得る。違法な野生生物取引の削減に向けた国際的な取り組みを長期的に成功に導くためには、不可欠な要素である。

 「ロンドンから1年が経ち、その流れはゆっくりと野生生物犯罪者に不利に動いているが、密猟のレベルは未だに極めて高く、さらなる対策が緊急に必要とされる」と、ドリューは言う。「重要な進展が見られる一方で、各国政府が対策の拡大を継続し、これらの誓約を明確な結果につなげるために協調して取り組まなければ、違法な野生生物取引との闘いに勝つことはないだろう」

カサネ会議参加国:アンゴラ、オーストリア、オーストラリア、バングラデシュ、ベルギー、ボツワナ、カメルーン、カナダ、中国、コロンビア、エチオピア、フランス、ガボン、ドイツ、日本、ケニア、マダガスカル、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、オランダ、南アフリカ共和国、スイス、タンザニア、アラブ首長国連邦、ウガンダ、英国、米国、ベトナム、ザンビア、ジンバブエ


【ロンドン会議(The London Conference)】
英国政府が各国の政府関係者に呼びかけ、違法な野生生物取引を撲滅させ、世界で最も象徴的な種を絶滅の脅威から保護するための対策を話し合う国際的な会議をロンドンで開催した。(2014年2月12日、13日)

◆会議による「ロンドン宣言(London Declaration)」、および
「カサネ声明(Kasane Statement=London declaration on the illegal wildlife trade: review of progress)」

(英国政府のサイト:英語)


2015年03月27日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

170909event.jpg

【セミナー開催のご案内】上野動物園×WWF・トラフィックセミナー
-ペット取引される爬虫類-

2017年08月23日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催します。動物園で飼育されている爬虫類の生態やペット人気の陰で絶滅の危機に瀕している種を守るための取り組みと、日本のペットショップで販売されている爬虫類の取引を巡る課題などを専門家が分かりやくお話しします。

© Michel Terrettaz / WWF

170808elephant.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引、最新報告書発表

2017年08月08日

2017年8月8日、トラフィックは、日本の主要eコマースサイトでの象牙取引を調査した報告書を発表した。調査の結果、オンライン店舗のほか、ネットオークションや個人向けフリマサイトでも活発な取引が行なわれる中、現状の規制に大きな課題があることが明らかになった。今回の調査で、これまで不明瞭だった、特にインターネットを通じた象牙取引の一端が明らかになったことから、日本政府にはあらためて、違法取引を許さない包括的な規制措置を求めていく。

©Martin Harvey / WWF

関連出版物

17_Online_Ivory_Trade_in_Japan_JP.jpg

日本におけるインターネットでの象牙取引 アップデート

発効:トラフィック【2017年8月】 著者:北出智美【日本語】Briefing Paper

17_Briefing_CHI-World_Rhino_Day.jpg

Chi Initiative BRIEFING PAPER World Rhino Day 2017

発行:Chi Initiative【2017年9月】 著者:TRAFFIC【英語】24pp

pagetop