ホーム野生生物ニュース薬用動植物ニュース>ロシア:チョウセンニンジン(朝鮮人参)が押収される

野生生物ニュース

ロシア:チョウセンニンジン(朝鮮人参)が押収される

2010年07月12日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷
 
100702Ginseng_EStarostinaWWF.jpg 極東ロシアで押収された160個の野生のチョウセンニンジンを調べるトラフィックとWWFの専門家
©E. Starostina / WWF Russia

【2010年7月2日 極東ロシア、ウスリースキー発】
 中国へ行くバスから、野生のチョウセンニンジンの根160個がウスリースキー(Ussuriiskii)税関によって押収された。

 チョウセンニンジン(オタネニンジンともよばれる)Panax ginseng は、ロシアの個体群がワシントン条約附属書 II に掲載され、国際取引が規制されている。

 野生のチョウセンニンジンは毎年、沿海州地域で採取され、アジア太平洋地域に密輸されている。

 6月27日に、ウスリースキー(Ussuriiskii)税関職員が国境サービス担当官と協力し、中国行きのバスに載せられた野生のチョウセンニンジンの根2.5kgが入った2つのポリ袋を発見した。中国国民の運転手は、彼の車にあるチョウセンニンジンの存在について説明できなかった。今度は刑事罰に問われる可能性がある。

 押収されたチョウセンニンジンは識別のために送られ、その手続きに対してはトラフィックやWWFロシアのアムール支部のスタッフが支援している。

 「専門家の推定によれば、ロシアの極東南部で毎年1t以上の野生のチョウセンニンジンが引き抜かれている」と、極東ロシアのトラフィックプログラムのコーディネーター、ナタリア・ペルブシナは言う。

 「採取率は持続可能なものではない。そしてチョウセンニンジンのロシアがレッドデータブックに掲載されているにもかかわらず、タイガ地域では保護されていないままだ。違法取引のチェックだけが国境を越える際におこなわれているが、この種にとっての利益にはほとんどなっていない。」

 WWFロシアのアムール支部の生物多様性保全プログラムのコーディネーターのパベル・フォメンコは言う。「私たちは押収された根が素早く野生に返されるか、またはナーセリーに返還されることを願う。」

 「過去には、お役所仕事的な遅れにより、しばしば押収された禁制品は、たとえその根がまだ生存可能にもかかわらず処分されてしまっていた」と彼は言う。

 
100702snifferdog_NPervushina.jpg 今回の主役:密輸された野生生物製品をみつけるよう訓練をされた探知犬とトレーナー
© N. Pervushina / TRAFFIC

 今週、違法な野生生物取引を探す助けになっているこの地域の税関の探知犬サービスが2周年を迎えた。2008年6月にこのサービスができて以来、多くの違法な野生生物製品の押収事件があった。特別に訓練された犬のおかげて、税関職員によって特にカザンスカヤ(Khasanskaya)、ウラジオストクスカヤ(Vladivostokskaya)、ブラゴベシチェンスカヤ(Blagoveshcenskaya)でこうした押収がおこなわれた。

 押収されたのは、クマの胆嚢、サイガの角、ジャコウジカの麝香嚢、野生のチョウセンニンジン、その他のワシントン条約掲載種などである。

 「ある例では、北朝鮮の男性がジャコウジカの麝香嚢を紙にくるみ、小包にガソリンを振りかけ、それをポリ袋の中に入れ、さらにコンドームに入れていた。しかしそれでも、もっとも嗅覚するどい探知犬の1頭であるグレタを欺くには不十分であった」とナタリア・ペルブシナは言う。

 現在76頭の犬がこのサービスで働いており、26頭が加えて野生生物製品を探知するよう訓練されている。トラフィックもWWFも、探知犬プログラムの設立以来このプログラムを支援している。

2010年07月12日
ソーシャルブックマーク はてなブックマーク yahooブックマーク livedoor del buzzurl
ツイート ツィート
Buzz GoogleBuzz
印刷 印刷

関連ニュース

20170909_event_2.jpg

【セミナー開催報告】ペット取引される爬虫類
-上野動物園×WWF・トラフィクセミナー-

2017年09月25日

2017年9月9日、トラフィックは、上野動物園にて「ペット取引される爬虫類」についてのセミナーを開催しました。生息地の開発や、ペットにするための捕獲、密輸により、絶滅の危機に瀕しているカメやトカゲなどの爬虫類。これらの動物は、密輸される途中で保護されても、多くは生息地に帰ることができません。なぜでしょうか?こうした日本のペットショップで販売される爬虫類の取引の現状と問題について、専門家が解説。参加者の疑問に答えました。

©トラフィック

170830ivory.jpg

国内での象牙取引で違法事例再び
古物商ら12人が書類送検されるも不起訴に

2017年08月30日

2017年8月25日に象牙9本を違法に取引した容疑で、東京都内の古物商と従業員、その顧客ら12人が書類送検されるという事件が報道された。これは、6月20日に同じく18本の象牙を違法に取引した業者が書類送検された事件に続き、2017年で2件目の摘発となる。さらに29日には、不起訴処分となったことが明らかになった。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内で相次ぐ違法な象牙の取引。国内市場管理の問題点があらためて浮き彫りになっている。

©Martin Harvey / WWF

20170715c.jpg

香港で史上最大級7.2tの密輸象牙を押収

2017年07月18日

2017年7月4日、香港税関は葵涌(クワイチョン)でコンテナに隠された7.2tの密輸象牙を押収した。年に2万頭を超えるアフリカゾウが密猟されている中で起きた今回の摘発は、過去30年で最大級の規模と見られており、象牙の違法取引をめぐる国際的な組織犯罪の深刻さを物語っている。こうした一連の野生生物の違法取引に問題に対し、各国政府は今、強く連携した取り組みを進めようとしている。合法的な象牙の国内市場を持つ日本にも、この流れに参加する積極的な姿勢と取り組みが強く求められている。

©Keiko Tsunoda

170622_elephant.jpg

日本国内での象牙取引で違法事例
古物商ら27人が書類送検 

2017年06月22日

2017年6月20日に象牙18本を違法取引した容疑で、都内の古物商と従業員、その顧客ら27人が書類送検されるという大規模な事件が報道された。世界では、ゾウの密猟と象牙の違法取引に歯止めをかけるため関係国が抜本的な対策に着手する中、日本国内の違法取引が意味するところとは何か。国内市場管理の問題点と、トラフィックとWWFジャパンが提言する国内違法象牙ゼロに向けた課題を紐解く。

@Martin Harvey / WWF

関連出版物

15_Hard_to_bear_Malaysia.jpg

Hard to Bear: An Assessment of Trade in Bear Bile and Gall Bladder in Malaysia

発行:TRAFFIC Southeast Asia【2015年6月】 著者:Lee, S.L., Burgess, E.A., Chng, S.C.L.【英語】50pp

14_Traditional_and_Wild-1.jpg

Traditional and Wild: Revitalizing traditions of sustainable wild plant harvesting in Central Europe

発行:TRAFFIC and WWF Hungary【2014年4月発行】 著者:Kristina Rodina, Anastasiya Timoshyna, Andreja Smolej,Darijan Krpan, Elena Zupanc,Éva Németh,Gabriela Ruzickova,Gergő Gáspár, József Szántai,Malgorzta Draganik, Péter Radácsi,Stanislav Novák, Szilárd Szegedi【英語】40pp