ホームワシントン条約について>「ワシントン条約附属書」 -取引を制限する野生生物のリスト

ワシントン条約について

「ワシントン条約附属書」 -取引が規制される野生生物のリスト

ワシントン条約では、国際取引の規制の対象となる動植物は附属書とよばれるリストに掲載されます。「附属書」は、絶滅のおそれの度合いに応じて、規制内容の異なる「附属書 I 」「附属書 II 」「附属書 III 」の3つに分かれています。
約5,000種の動物と約29,000種の植物が附属書に掲載され、規制されています。
また附属書に載っている生き物については、生きている状態での取引だけでなく、 その肉や皮や骨などの部分やそこから作られたバッグなどの製品の取引も制限されることになっています。

掲載基準 主な掲載種 規制の内容
附属書I 今すでに絶滅する危険性がある生き物 ジャイアントパンダ、トラ、ゴリラ、オランウータン、シロナガスクジラ、 タンチョウ、ウミガメ科の全種など約1000種の動植物。 商業のための輸出入は禁止される。 学術的な研究のための輸出入などは、輸出国と輸入国の政府が発行する許可書が必要となる。
附属書II 国同士の取り引きを制限しないと、将来、絶滅の危険性が高くなるおそれがある生き物 タテガミオオカミ、カバ、ウミイグアナ、トモエガモ、ケープペンギン、野生のサボテン科の全種、 野生のラン科の全種など、約34,000種の動植物(ただしサボテン科 とラン科の植物は附属書Iのものもある)。 輸出入には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となる。
附属書III その生き物が生息する国が、自国の生き物を守るために、国際的な協力を求めている生き物 ボツワナのアードウルフ、カナダのセイウチ、南アフリカのミダノアワビ、ボリビアのオオバマホガニーなど約300種の動植物。 輸出入する場合には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となる。

附属書に載っている生き物については、生きている状態での取引だけでなく、 その生き物の肉や皮や骨製などの部分やそこから作られるバッグなどの製品の取引も制限されることになっています。

また、どの附属書に、どの生き物を載せるかは、2年ごとに開かれる ワシントン条約締約国会議(条約に加盟している国の政府の代表が集まって話し合う国際会議)で話し合われます。

■ワシントン条約の対象種(附属書)一覧表

種名は必ず学名でご確認ください。
※この一覧表は、経済産業省が作成したものを、経済産業省の許可を得た上で掲載しております。
解釈(2014年6月24日現在) 動物(2015年3月10日現在) 植物(2016年5月9日現在)

pagetop