ホームワシントン条約について>ワシントン条約Q&A

ワシントン条約について

ワシントン条約Q&A

よくあるご質問にお答えします。

ワシントン条約の対象かどうか知るにはどうしたらいいの?

ワシントン条約の対象となる動物や植物は、種ごとに附属書とよばれるリストに掲載されています。 本サイトでも提供しているワシントン条約の附属書リスト(PDF)を見て、確認してください。 ワシントン条約は学名で動物や植物を区別しています。必ず日本語や英語での名前ではなく学名で調べるようにしてください。

ワシントン条約の附属書リスト


ワシントン条約の附属書に掲載されているものはすべて取引が禁止されているの?

ワシントン条約の対象となる動植物は、附属書 I、附属書 II、附属書 III に掲載されています。 附属書 I は国際取引が原則的に禁止されており、附属書 II や III は原産国政府の許可書や原産地証明書を ともなった取引が可能です。

ワシントン条約附属書

ペットショップにめずらしい動物が売られていました。これってワシントン条約違反じゃないの?

まず、その動物がワシントン条約の附属書リストで、附属書 I ~III に掲載されているかどうか調べてみてください。 附属書 I に掲載されているものは、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」において 国内取引が原則的に禁止されています。ただし、合法的に入手されたものは、環境省に登録した上で合法的に取引ができます。 登録時に発行される登録票は販売時に添付する義務はなく、販売されている状況から違法性を判断することはできません。 一方、附属書 II、III の販売は、登録をする義務はなく、密輸されたものが紛れていてもわかりません。購入は慎重に。
pagetop